Roots

blog

先週打合せで使用した福岡市の旧大名小学校の「FUKUOKA growth Next」。
福岡市での仕事がほとんどなく、福岡に住んでいながら都心部に行くことが
ほとんどない私ですが、ここは前からずっと気になっていた場所でした。

校舎の雰囲気を上手く残しながらも、モダンな色合いとインテリアで
とても居心地が良い仕上がり。
海外の人たちやノマドワーカーがぞろぞろやってきて、
そこらじゅうでなにやらおもしろそうなビジネスの話が湧いている。

廃校活用事例としてとても参考になりましたけど、
何より働き方が昔より完全に変わってきたなぁーと実感しました。

決められたオフィスに朝来て夕方帰る。
時間と空間に縛られるのではなく、
会いたい人、居心地の良さ、目的に応じて時間・空間を自由に使い分ける。
私が最近一緒に仕事をしている人たちも、まさにそんな働き方。
シェアリングエコノミーの時代、まさにそこまでやってきていますね。

働き方が変われば、当然市場やニーズも変わってくるでしょう。
私もかれこれ15年近く地域づくりの仕事に関わってきていますが、
食の6次産業化、人材育成、伝統工芸の海外販路拡大、インバウンド、
移住支援、産直施設の再生など、最近は求められる視点やスキルも
大きく変化してきています。

グローバル化は間違いなくやってきます。
これまでの、日本の、地方のやり方・価値観が通用しなくなるのも時間の問題。
でも、地方オリジナルのやり方・価値観が世界に評価されるのも時間の問題。

不安に思うか、それともチャンスと捉えるか。
地方にとって大チャンスだと弊社は信じて、サポートしていきたい。

昨日は、俵ヶ浦半島未来計画の内容報告とこれから始まる
活性化プロジェクトの意気込み・協力依頼に向けて、
佐世保市の朝長市長を訪問。

チーム俵の顧問となる4町の町内会長・公民館長と
部活の部長となる地元の若手の皆さんと。

滅多に見ることのないスーツ姿でビシッと決めて、
自らの言葉で半島への想い、これからやることについて
市長に語っていたのが印象的でした。

夜には4町若手ネットワーク会議「ぼうじょご」の発足準備総会も
開催され、これから若手をどう巻き込んでいくか、地域の未来を
担っていくのか、熱い議論が交わされました。

これからが楽しみでなりません。

以前より戦略作成・コンサルティングをさせていただいております、
嘉麻市が誇る寒北斗酒造さんの若手チャレンジ「30 VISION」のお酒
第2弾が5月10日よりいよいよ発売開始!

第1弾が「雄町」、そして第2弾が福岡県産米の「壽限無」を使い、
料理と相性抜群の「超辛口」に仕上げました。
1消費者として早く飲めないかなとワクワクしています。

30年後に福岡県の一番星のお酒になるために。
少しずつですが、挑戦しています。

(以下、寒北斗さんからの紹介文)
———————————————————————
「30VISION 壽限無 超辛口」は、「若手蔵人×○○○」の第2弾‼
 熊本酵母ならではの上品でまろやかな香りと福岡県産米・壽限無の
程良い旨みが長期低温発酵させることによって、お互いの良さをを引き立てています。

「壽限無」といえば、“壽限無 壽限無 五劫の摺り切れ 海砂利水魚の水行末
雲来末 風来末 食う寝る所に住む所…”の「落語」を連想させることから、
ラベルは“座布団10枚”をモチーフにデザインしました。

料理との相性が抜群で、これからの暑い季節にピッタリの超辛口!
家族や気の合う仲間達との楽しいひとときに、是非ともお楽しみください。

30VISION 壽限無 超辛口 無濾過生原酒
福岡県産米・壽限無 100%使用、精米歩合65%、
日本酒度+12、熊本酵母、長期低温発酵、要冷蔵
———————————————————————

万博エリアはEXPO CITYやGAMBA大阪の新スタジアムができて、
私が過ごした高校時代からは大きく様変わり。
北摂地域の新たな集客エリアになっていました。

毎回ここにきて思うのですが、この「太陽の塔」は大阪を象徴する風景だなぁと。
「面白いやん」進取気鋭の大阪人の心意気がびしびしと伝わってくる。
私の大好きな大阪建築「梅田スカイビル」も、建築当時は賛否両論あったものの、
いまでは外国人の人気スポットになっているようです。

フンデルトヴァッサーのゴミ処理場といい、大阪はいろんな可能性を迎え入れ、
本音で感性をぶつけあう、個性的・クリエイティブな都市を目指してはどうだろう。
大阪は万博の誘致を目指しているみたいですが、世界に発信する大きなチャンス。

故郷のまちづくり、応援しています(できれば関わりたい(笑))。

ゴールデンウィーク、例年通りの唐津やきもん祭りへ。

やきもん祭りも今年で6回目を迎えました。
今回は唐津焼角打ちBARのボランティアスタッフとして、
直にお客さんと接する立場に。

みなさん全国各地から唐津焼を訪ねてこの時期にいらしていました。
確実にリピーター・ファンは増えています。
ただ、場所によっては賑わい、閑散としているところもあり、
「一体感の演出」という意味では課題もでてきました。

そろそろ、「どう」続けていくか、「なにを」楽しんでもらうか、
プロセスとメッセージ性を強くする時期に来ている気がします。

Copyrights