Roots

blog

俵ヶ浦半島のリアル・旬な情報をお届けする「俵ヶ浦半島TIMES」。
先日6号が発行されました。

6号の特集は「俵ヶ浦半島トレイル」。
これまで3年間で地元の方々と考え、汗をかいて作った
4町のトレイルコースをどどーんと中面で紹介しています。

今回からは地元向けの情報にとどまらず、俵ヶ浦半島に
来てもらうための情報も盛り込み、地域外へと発信していきます。
中面に掲載するトレイルの立寄ポイントやビューポイントは、
佐賀市在住のカメラマン・藤本幸一郎さんに素敵に撮影していただきました。

ぜひとも手にとってご覧いただき、秋風の気持ち良い半島を
歩きにお越しください。

本日は寒北斗酒造さんの「第1回 酒・食・器の会」が
飯塚市の笑心真家さんで開催。

寒北斗さんのお酒、秀山窯さんの器、
寒北斗さんの酒粕を使った多様な料理。

いろんな発見・交流・つながりが生まれた時間でした。
地道に着実に、寒北斗さんの未来を拓きます。

今日まで3日間、宮崎県高原町の移住定住冊子の
取材と撮影でした。

台風接近で一時は延期かと危ぶまれましたが、
結局は台風一過で撮影には最高の天気に恵まれました。

絶景の朝景、夕景、大自然、神々のパワー、食文化、炭酸泉と、
高原の魅力を存分に味わいながら、その中に身を置いて暮らす
移住者の声に耳を傾け、「移住っていいな!」って自分達の
暮らしを少し見つめ直す機会にもなりました。

さて、これからライティング、デザインしての総仕上げ。
どんな冊子になるか楽しみです。

現在、佐世保市俵ヶ浦半島では、地元の素材を活かした
新たなご当地名物づくりに挑戦中。

先日開催した試食会には、半島内から料理の腕に定評のある
お母さんたちが集まって、コロッケを5種類ほど試作。

その場で調味料を足したり、新たな隠し味を入れたり、
試行錯誤しながら生まれたコロッケは発見あり、課題ありの
収穫ある場となりました。

今回の反省を踏まえてさらにバージョンアップし、
10月15日の展海峰コスモスウォークにて試作品のお披露目。
楽しみです。

先週の金曜日は東彼杵町へ。

午前中はソリッソリッソで打合せ。
これから千綿地区を活性化していくため、
現在の世代間の交流や関係性、キーパーソンについて
お話ししたり、東彼杵町の知られざる特産品素材などを
伺ったりと、非常に密度の濃い楽しい時間でした。

打合せ終了後には千綿地区をリサーチ。
これまで何度も来て定休日だった天然酵母パンの「ちわたや」、
千綿駅にある「千綿食堂」にようやく行くことができました!
どちらのお店もとても美味でした。

ソリッソリッソやちわたや、千綿食堂で働く人たちとお話ししていると、
みんなほのぼのと温かいし、決して無理せず、自分のペースで自分らしく
働いているのが印象的でした。

自分のライフスタイルを大切にできる街、とても素敵です。
まさに世界が憧れているアメリカのポートランドのよう。

地元の人たちが有機的につながり、活躍できる場があって、
SNSを存分に活用してまた外部の人たちとつながっていく。
これからの地方での暮らし方・働き方・紡ぎ方かもしれない。

自分自身も地方との距離感、暮らし方を意識しながら、
東彼杵町にとって身の丈にあった一歩先を歩み出せるように
尽力していきたいと思います。

Copyrights