Roots

blog

週末は佐世保市・俵ヶ浦半島へ。

半島の新たなビジネス創出やプレイヤー発掘のために、
事業パートナーとして地域間交流することになった
神奈川県鎌倉市のカンバセーションズさんと、
不動産事業を始め多角的なビジネスを展開する
エンジョイワークスさんをお招きしての視察&地域交流&打合せ。

とっても夕陽が綺麗だなぁと話していたところ、
すぐに地元の森宗幸彦さんが船を出してくれて、
せっかくだからと中里竜也さんが地元の魚を捌いてくれて。

このおもてなし力、半島の底力を感じました。

先週は観光マップのデザインをお願いする
Perhaps design(ホームページはこちら)の北島さんを
お呼びして、塩田津町並み保存会のコアメンバーの方々と
塩田津伝統的建造物保存地区をまち案内。

久しぶりに歩きましたが、新しい発見がたくさんありました。
一緒に歩く人や時期・時間が変わるだけで、見える風景も変わります。

昨日は、大村商工会議所青年部さんの設立40周年記念事業に
お招きいただき、「まちづくりや地域の魅力づくり」をテーマに
ご講演させていただきました。

会場は市内から老若男女130名もの方が参加され大盛況。
講演の後には、「大村の四季を生かした魅了発信事業を創り出そう」を
テーマにグループディスカッションを開催し、進行と講評のお手伝いを
させていただきました。

森園公園や空港、大村湾の活用、松原のぶどう、農業体験の推進、
景観を生かしたサンセットクルージングなどなど、大村の魅力を
生かしたユニークな取り組みが続々と。

大村の市民パワー、可能性を再発見させていただきました。
こうした積み重ねが、きっと素敵な街を作っていく。

大村商工会議所青年部さん、40周年おめでとうございます。
そしてこうしたご縁を作っていただき、ありがとうございました!

千綿エリアの観光まちづくり企画会議。
千綿エリアの巡り方、過ごし方を提案する
千綿エリア周知イベント(12月1、2日開催)に向けて、
実現可能で魅力的な取り組みがたくさん集まりました!

最近まちづくりのプロデュースをする機会が増えてきていますが、
事業の目的を明確にして、わかりやすく伝えることの重要性を
ひしひしと痛感します。

まだまだ道半ば。プロデュース業のスキルアップに向けて
日々精進していきます。

昨日は地域活性化や組織づくりの仕事に取り組んでこられた
尊敬するまちづくりの有志と約5年ぶりの再会。

お互いの近況報告から始まり、まちづくりとは?仕事とは?
人生とは?テーマは深いところまで至りました。

年齢もほぼ同世代の彼はある決心をして、
これから新たなステージへと歩み出すのだそう。

私も今年で40歳、ここ数年で何かしら心境や環境が
変化する予感がしています。

ただ予感だけで、まだ確たるものがある訳ではありません。
まずは自分なりの軸をきちんと持って、仕事に取り組む。
その中から、予感がリアルな実感へと変わって行くんだと思います。

写真は東彼杵町木場郷から大村湾を望む夕陽

Copyrights