Roots

blog

昨年度1年間、食中酒・寒北斗酒造さんが新たに手がける
食ブランド「寒北斗・蔵の食」の立ち上げ準備を進めてきました。

そしてこの春から、寒北斗の酒粕を使った酒蔵あんぱんと酒粕パウダーが新たに加わり、
蔵の食ブランドの商品を満を持してお披露目・販売することとなりました。

昨日は立ち上げに関わってきたメンバーが一同に集まって、
今後の作戦会議を行いました。

この食ブランドへの挑戦を決めて動き出した寒北斗酒造の杉田社長、広報担当の
寺田さん(寺田さんは撮影者)、酒粕を使った食の戦略づくりと酒蔵あんぱんの
プロデュースを担当したLEE惣菜研究所の李さん、蔵の食のコンセプトづくりと
ツールのクリエイティブ全般を担当したアオバトの前崎さん。

本当に質の高いものが出来上がりました。
さてこれからが本当の意味でのスタートです。

少しずつですが、多くの人達に寒北斗の食に寄り添ったものづくりを知ってほしいです。

(佐藤 直之)

今年度のプロジェクトが緩やかにスタートしています。

昨日は、今年度の俵ヶ浦半島プロジェクトの作戦会議。
チーム俵の部長、サポートチームのメンバーと一緒に
昼から5時間半みっちりと議論しました。

半島の自立化、持続化に向けた最終年度の総仕上げとして、
何が必要か、どうアプローチしていくか喧々諤々。
こうした本気のぶつかり合いが、地道だけど確実に未来を
拓いていくんだと思っています。

ルーツとしても全体的な事業監修・コーディネートを引き続き
させていただきながら、地域づくりを続けていくための、
事業を地域に根付かせるための仕組みづくりをしっかり支援していきます。

夜は懇親会で久しぶりに佐世保に宿泊し、
朝は久しぶりのさせぼ街中ラン。

エネルギーを充電して、本日は快晴の東彼杵町へ!

(佐藤 直之)

年度があけても大忙しだった報告書づくりに
終わりの兆しが見えてきて、ようやく弊社にも春が到来。

新たなスタッフを迎えての春。
今年度はどんな出会いやチャレンジが待っているのかと思うと、
ワクワクする気持ちと不安が入り混じっていますが、
焦っていても仕方ありません。

ルーツとしてのミッションを今一度見つめ直して、
1つ1つのご縁をきちんと育んで、
豊かな日本=地方の根っこを磨いていきたいと思います。

待ちに待った春だから出遅れないようにと花見を1回くらいはしたいと
思っていますが、近所の大濠公園はひと・ひと・ひと・・・
今年は特に外国人観光客が増えていて、花を観賞するというよりは
わざわざ人ごみに混じりに行くようなもんで。。。

こんなときこそ、俵ヶ浦半島に行きたい。
花の森公園の桜はきっと最高なんだろうなぁ。
九十九島の景色をゆっくり見て、のんびり過ごしたい。
展海峰の菜の花といい、1年の中でもこの春が一番気持ち良い季節。

そうそう、俵ヶ浦半島のホームページも心機一転リニューアル。
自然豊かな地方、九十九島の絶景だけではなく、そこに息づく
暮らしや人々をもっと感じてもらえたら嬉しいです。
今年度も引き続きバージョンアップしていきます。
(ホームページはこちら → 俵ヶ浦半島ホームページ

来週からはいよいよ新年度の業務もスタートです。

(佐藤直之)

リニューアルした俵ヶ浦半島ホームページ

花の森公園の桜/photo Koichiro Fujimoto

花の森公園の桜/photo Koichiro Fujimoto

展海峰の菜の花/photo Koichiro Fujimoto

展海峰の菜の花/photo Koichiro Fujimoto

本日からRootsは7年目を迎えます。

個人事業主として丸3年、そして法人化してから丸3年。
あっという間の6年間でしたが、1つ1つのご縁を大切に、
試行錯誤しながら向き合ってきた日々の積み重ねでした。

まちづくりの企画やプロデュースという一見わかりにくい仕事ながらも、
お付き合いが生まれてじっくりと価値観を醸成できた地域もたくさんあり、
また門外漢ながらも弊社に新たなフィールドを拓いてくれたクライアントさんも。
単なる金額や実績という評価ではなく、1つ1つの出会いや対話、ご紹介の中で
育まれたルーツの6年だったと言っても過言ではありません。
本当にありがとうございました。

3年毎に環境が変化しているルーツの7年目。
ルーツを支え共に成長していく新たなパートナーとして、
宮崎 大さんをスタッフに迎えることになりました。

宮崎さんは大学卒業後に佐世保市役所に入庁し、都市計画や景観、まちづくりの分野で
活躍されてきました。また、宮崎さんは大学時代の研究室の後輩であるとともに、
佐世保市で地域活性化が進められている俵ヶ浦半島や江迎地域、柚木地域でも一緒に
汗を流したプロジェクトチームメンバーでもあります。

偶然にも今日は新元号発表の日。
私達ルーツも新たなパートナーとともに、新たな時代に必要とされ続ける会社を目指し、
目先ではなく長期的な戦略と新たな価値づくりから地方のアイデンティティを作っていく
信頼と経験を培っていきます。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

株式会社ルーツ・アンド・パートナーズ
佐藤 直之、佐藤 詠子、宮崎 大

昨日は浮羽の赤司農園へ。

すっかりファンになった「町屋あかりや」さんや
THIS DESIGNの定松さんご夫妻達が運営に参加する、
生産者と地域を食でつなぐイベント。

これまでは福岡市の街中で開催していたみたいですが、
今年は生産者のいる地域=浮羽で初開催!

貸切バスでのんびりと2時間ほどかかって到着。
福岡市内の素敵な飲食店と生産者達が手塩にかけた料理を
8品フルコースで提供してくれて、食のお供にはたくさんのワイン。

桃畑の段々畑でレジャーシートを広げて、景色を見ながらのんびり、
様々な出会いや素敵な音色に恵まれて、居心地の良い時間でした。

こういう時間の過ごし方、地域との出会い方って、とても参考になります。
ここでもあそこでもやってみたいなぁと勝手に妄想しながら。。。
大満足のイベントでした!

Copyrights