Roots

blog

一昨日は佐賀県地域づくり人材育成塾「リージョンサガ」の第1講で、
私は講座のファシリテーターを務めさせていただきました。

「地域づくりの主役は地域のみなさん」
受講者1人1人に自分の想いやスキルがあり、
地域づくりに対する動機があるはずです。

第1講のオープニングは、地域住民の1人として地域づくりに関わり、
現在はソリッソリッソをはじめとして千綿地区の活性化に尽力する
Re+PROJECTの代表である森一峻さんの講演からスタートしました。

いやぁ、森さんが最初で本当に良かった。
森さんの地域づくりの動機や行動力、実績にみなさんとても共感して、
質問が沢山飛び交い、ワークショップでは時間が足りなくなるほどに
盛り上がりました。

こうした1人1人の想いの集積が、地域を変えていく。
私も沢山得るものがありました。

俵ヶ浦半島のリアル・旬な情報をお届けする「俵ヶ浦半島TIMES」。
先日6号が発行されました。

6号の特集は「俵ヶ浦半島トレイル」。
これまで3年間で地元の方々と考え、汗をかいて作った
4町のトレイルコースをどどーんと中面で紹介しています。

今回からは地元向けの情報にとどまらず、俵ヶ浦半島に
来てもらうための情報も盛り込み、地域外へと発信していきます。
中面に掲載するトレイルの立寄ポイントやビューポイントは、
佐賀市在住のカメラマン・藤本幸一郎さんに素敵に撮影していただきました。

ぜひとも手にとってご覧いただき、秋風の気持ち良い半島を
歩きにお越しください。

本日は寒北斗酒造さんの「第1回 酒・食・器の会」が
飯塚市の笑心真家さんで開催。

寒北斗さんのお酒、秀山窯さんの器、
寒北斗さんの酒粕を使った多様な料理。

いろんな発見・交流・つながりが生まれた時間でした。
地道に着実に、寒北斗さんの未来を拓きます。

今日まで3日間、宮崎県高原町の移住定住冊子の
取材と撮影でした。

台風接近で一時は延期かと危ぶまれましたが、
結局は台風一過で撮影には最高の天気に恵まれました。

絶景の朝景、夕景、大自然、神々のパワー、食文化、炭酸泉と、
高原の魅力を存分に味わいながら、その中に身を置いて暮らす
移住者の声に耳を傾け、「移住っていいな!」って自分達の
暮らしを少し見つめ直す機会にもなりました。

さて、これからライティング、デザインしての総仕上げ。
どんな冊子になるか楽しみです。

現在、佐世保市俵ヶ浦半島では、地元の素材を活かした
新たなご当地名物づくりに挑戦中。

先日開催した試食会には、半島内から料理の腕に定評のある
お母さんたちが集まって、コロッケを5種類ほど試作。

その場で調味料を足したり、新たな隠し味を入れたり、
試行錯誤しながら生まれたコロッケは発見あり、課題ありの
収穫ある場となりました。

今回の反省を踏まえてさらにバージョンアップし、
10月15日の展海峰コスモスウォークにて試作品のお披露目。
楽しみです。

Copyrights