Roots

blog

昨日は唐津市の呉服町商店街において、
在住外国人を招いての体験プログラムモニターツアーを開催。

革細工体験、お茶&抹茶体験、唐津焼と地酒の体験、
店主がOME講座で学んだ英語と独自のジェスチャーで伝えて、
プログラムの内容と説明方法について検証を行いました。

思ったよりもみなさんスムーズに対応できていて、
比較的どのプログラムも評価が高かったですが、
新たな気づきや改善点もたくさんいただきました。

クルーズ船や個人客のインバウンド客が増える中で、
今後どうやって満足度を高めていくか。
新たな挑戦が始まっています。

あっという間に1月が終わります。。。

先日は1日みっちり東彼杵町。
今年度は東彼杵町の新たなお土産づくりを進めており、
商品開発を進めている事業者のもとへ。

ずっと地元で鍛冶屋を営んでいる森かじやさんによる
地元の革職人tatetoとのコラボ商品の開発、
地域に密着したスウィーツ店ことうらさんによる
地元のそのぎ茶を使った新たなスウィーツの開発。

デザインディレクターのアオバト前崎さん、
フードコンサルの小野さんのアドバイスもいただきながら、
とても前向きに良い改善が生まれました。

夜は木場地区の加工直売店「木場のむすび」の定例ミーティングへ。
スタッフみんなで今の現状や課題を受け止めつつ、新たな販路開拓に
向けてできることを1つ1つ出し合いました。

私の仕事は、大きなジャンプを促すことではなく、
小さなステップを重ねるお手伝いをすること。
目に見えるまでには時間がかかりますが、積み重なっていく先に
日常になり、文化になり、地域が醸成されていくと信じて。

森かじやさんとの土産品開発

tatetoさんとの土産品開発

ことうらさんとの土産品開発

木場のむすびの定例ミーティング

唐津市の七つの島で取り組んでいる離島留学の
今後の取組みのヒントを得るために、
先週は地元の皆さんと徳島県美波町伊座利地区へ。

この伊座利地区は、学校が廃校の危機に面したことを
きっかけに住民が立ち上がり、行政に頼らない形で
住民全員が構成メンバーとなる活性化協議会を結成し、
伊座利を体験する1日イベントや漁村留学、アート展、
いざりCafe、宿泊事業、6次産業化など、様々な
事業に取り組んでおられます。

キーパーソンや移住者、校長先生にみっちりとお話も聞けて、
定置網体験や伊座利校の見学もできて、
濃密な2日間となりました。

来月は馬渡島を舞台に地元で勉強会。
きっと馬渡島ならではの解決方法が見つかるはずです。

にしても1月は視察月間でした。
たくさん充電したことをきちんと地域に還元していきます。

昨日は宮崎県高原町の御池魅力向上プロジェクトの作業部会へ。

地元で食や宿泊、健康をテーマに事業に取り組まれている事業者を
メンバーに、高原の観光まちづくりや御池についてそれぞれの想いを
語っていただきました。

みなさん真剣にたくさん考えていただいて、共有するだけで
あっという間の2時間でした。
まずは1人1人の声に耳を傾けることから、全体を描いていければ。
これからどういう青写真を描いていくか、私達の企画力とコーディネート力
が試される番ですね。

写真は御池の魅力向上に向けて、キャンプ地の先進事例として訪ねた
スノーピーク奥日田と波戸岬キャンプ場。
色々とインプットできました。

昨日今日と佐世保市俵ヶ浦半島における食のブランディング、
地域ビジネスの先進事例を学ぶため、地元の皆さんと
宮崎県高千穂町秋元集落へ。

地域づくりの世界では有名な株式会社高千穂ムラたびの
飯干社長のご案内・レクチャーで、食の商品開発や販路拡大、
地域経営についてみっちりと学びました。

秋元集落はほんと僻地でしたが、そんな中でも田舎ならではの
強みを生かして、失敗からたくさん学んで成長している姿に
地元の皆さんもビンビン反応していました。

今でも自腹でヨーロッパに行って、グリーンツーリズムや
オーガニック、スローフードの現場を見聞きして事業に活かす
姿勢は素晴らしいですね!

この学びをどう生かすか。あとは行動するのみです。

Copyrights