Roots

blog

ここ数年お手伝いさせて頂いている佐世保市の俵ヶ浦半島トレイルプロジェクト。
本日、地元の公民館長さん達と地域を歩き、今年度やることをディスカッション。
地元の方々もやる気になって、いよいよスタートすることになりました!

2013年度に俵ヶ浦町、2014年度に庵浦町、
そして2015年度は野崎町と下船越町を対象にトレイルをつくります。

佐世保には学生時代から継続的に関わらせて頂いてますが、
中でも俵ヶ浦半島はかなりのポテンシャルを持っている地域です。
でも、地元の人達にもあまり知られていない悲しい現実。。。

歴史を辿って行くと、実は佐世保のルーツであることがわかります。
まずは、地元の人達にもっと足下の豊かさを感じてほしい。
その先に、観光や移住という可能性が見えてくるんだと思います。

今日歩いた野崎町は、とにかく景観が素晴らしくて、家族でのーんびりお弁当もって
訪ねたい場所です。地元の人達にとっては当たり前の日常が、訪ねて来る私達にとっては
とてつもなく贅沢な毎日だったりするもんです。

今日は、俵ヶ浦半島の4町の代表の方々もご参加頂き、
トレイルを皮切りに半島の4町が連携して、
30年後の目標に向けて半島全体の活性化を目指そうとする
新たなプロジェクトもスタートすることになりそうです!

毎回俵ヶ浦半島に来ると、
「まだまだ日本には美しく豊かな地域がある」と、
希望を感じさせてくれます。

地域の人達とゆっくり楽しく、
身の丈にあったまちづくりを進めて行きたいと思います。

Exif_JPEG_PICTURE

nozaki02

nozaki03

約半年前から、とあるご縁をいただいて、
福岡県嘉麻市にある寒北斗酒造さんの戦略をつくる
お手伝いをさせていただき、具体的に戦略に沿って事業が展開される
ことが決まりました。
昨日は、県内特約店の若手を交えてプロジェクトのキックオフ会が行われました。

戦略のコンセプトは「30 VISION」
寒北斗は、30年前に「福岡で一番美味いといえる酒をつくろう」と
酒販店や酒蔵、熱烈なファンの想いによって誕生しました。
その「作り手」「売り手」「買い手」が同じ夢を共有してつくられていた
ことが、私にとっては寒北斗の最大の魅力であると感じています。
その誕生当時のストーリーを、これからは次の世代が担い、
若い世代から想いを込め、お酒をつくり、発信していくことで、
寒北斗という揺るぎない「ブランド」ができていく。
次世代を担う彼らが還暦を迎える30年後に、
「福岡で一番美味い」といえる酒をつくろうと想いを込めました。

昨日は、普段交流があるようであまり話をしていなかった
酒蔵のスタッフや特約店の若手がフランクにかつ真剣に
寒北斗の価値やあるべき姿を議論し、未来を感じる場になりました。

今年は誕生30周年の催しも企画されていて、
社会に対して寒北斗の決意表明がなされるでしょう。
私は陰ながらに、戦略を実行に移すためのお手伝いをさせていただきます。

嘉麻市の地域資源、寒北斗の今後にどうぞご期待ください。

kanhokuto01

kanhokuto02

kanhokuto03

先日の九大でのセミナーの時に、名誉教授からの問い。
「現在、いろんな分野で総合的な視野を持ち、横断的に調整するプロデューサーが
 求められている。プロデューサーになるために必要なことはなんでしょうか?」

まだ経験も知識もない若輩者だけど、学生たちへのメッセージということで
その時に思ったことを話したつもりだったけど、なんか自分の中で言いたいことを言えてないなあと
ずっと引っかかっていて、ふと自分なりの答えが先ほど浮かび上がってきた。

◎考えを寝かせる時間をつくる。
この時間を意図的につくっている。私にとってそれは朝のランニングであり、
出張先へのドライブの時間がそれにあたる。
どんな仕事であれ〆切は存在する。その〆切から逆算して、まずは余裕を持って
課題の設定、事業の方向性を考える。ある程度しっくりきたら書き起こしてとりあえず寝かせる。
その間は敢えて机に座って向き合わない。ふとしたときに、軽い気持ちで考えを巡らす。
それがランニングやドライブの時であり、新たな発想が浮かんで来る。

また、客観的な意見を大事にする。仕事で付き合うブレインに、意見を求めてみる。
そうすると、又違った意見が生まれて来る。
そうやって、自分の視点が広がって狭まって、最終的にはしっくりと自分の中に落ちて来る。

振り返る時間、聞く力、これが意外とプロデューサーには大切だと思ってます。

◎自分で体験してみる。
いろんな視点を持って、いろんな専門家の力を最大限に引き出して事業を導くためには、
やはりその分野での現場経験がないとできない。
そういう意味ではたくさんの経験をさせてもらって、たくさんの失敗をした。
その失敗は自分で考えてやったことだからこそ実になって返って来る。
若い時の苦労は買ってでもした方が良いことは年を重ねる毎に身にしみてわかる。

その授業の時には、「アンテナを貼ることが大事」と言ったけど、ちょっと言葉足らずだった。
正確には、「考えを寝かせる時間をつくる」ことで手を動かす時間をできるだけ少なくし、
効率的に仕事をすることが大切な上、地域ごとに課題や状況が異なるいまの時代には、
その多様性に対応するだけの知識、というよりは経験を自分でしていないことには説得力に欠ける。

だから観光の仕事をしていたら、自腹でいろんな町に旅行に行って、その費用対効果や売れているもの、
人を惹き付けるものをつぶさに観察しておかないと引き出しが増えて行かない。
その「自己投資」がないことには、自分の言葉で説明もできない。

日本酒の仕事であれば、実際の食卓で、どういった料理に合うのか、日本酒だけで成り立つのか、
食中酒に合うのかを肌で感じないことには、その分野の仕事はできない。
焼物の仕事であれば、上に同じく、どのシーンで、どういった使い方が楽しいのか、価値があるのか、
魅力が伝わるのかを、1ユーザーとして体験する。

仕事がどれだけ忙しくても、意図的にそういった「体験する、実感する」時間をつくるということが大切。
私の仕事の最大の魅力は、公私の境がないということだろう。
まちを見て歩くことが好きだから、まちづくりや観光の仕事が生きて来る。
美味しいものを食卓で味わう時間をつくることから、1ユーザーとしての感覚を失わずに提案ができる。

もう一歩踏み込んだ専門的なことはその道のプロフェッショナルに任せれば良い。
私の仕事は、いかにその可能性を、違う視点を、企画段階で作り出すことができるかが本質的なこと。
そのためには、放電する機会がいつ来ても良いように、意図的に充電できるかなんだと思う。

質問してくれた先生に、もう少し考えたことを伝えたい。
四六時中考えることが好きなんでしょうね、この商売は。

Copenhagen,2007

Copenhagen,2007

seminar01

seminar02

先日、大学の恩師にお招き頂き、
母校九州大学の授業「土木と社会セミナー(対象は学部2年生)」で
1コマ講義をさせていただきました。

毎回社会で活躍する土木出身のゲストを招いての授業のようで、
そうそうたる顔ぶれの講師の中で呼んで頂いたのは本当に嬉しかった。

タイトルは「地域活性化の現場と事業プロデュース」。
最初の60分は話、残りの30分は質問タイムということでしたので、
これまで8年関わっている唐津のまちづくりを中心に話をさせていただきました。
(結局は70分以上話してしまいましたが・・・)

私の仕事は全く土木チックではないので果たしてわかってもらえるだろうかと
やる前は少々不安を感じていましたが、意外にも寝ている学生は少なくて、
みんな「ふむふむ」と聞いてくれました。
私が学部2年の頃はこんな真面目ではなかったのに、みんなきちんと「意志」を
持って大学を選び、授業に取組んでいる。感心しました。

質問タイムでは、いろんなご質問を頂きました。
みんな学生なりに日本や地域のあり方に問題意識を持っている。
「僕はこう思うんですけどどう思いますか?」なんて結構鋭い質問もあったり、
最後には、私が在学時代に授業を受けていた名誉教授の方からとーっても鋭い
質問をいただき、自分の仕事を振り返りながら終始楽しい時間を過ごすことができました。

たまたま授業の数日前に、千葉県の学生さんから
「地域活性化の仕事を将来したいので、色々と教えて下さい」とメールを頂き、
この授業のことを紹介したらなんと千葉県から聴講に来てくれました。
その学生さんとは授業の後に色々と話をしましたが、とってもピュアな想いを
持っていて、感心させられました。

聴講した学生さんからの感想文を読むと、
「地域活性化の仕事をしたい」と書いてくれている子が多くて驚きました。

同志がいるっていいですね。
なんかこちらが勇気づけられた日でした。
いつか地方の現場で再会できたら。
楽しみにしています。

昨日、委員長を務める「城内地区・曳山通り 景観まちづくり検討委員会」の
事務局打合せがあり、屋外広告物について話が挙がった。

もちろん景観の統一性を演出するためなら、電飾看板やでかでかと目立つものは避け、
素材や色に統一感をだすことが望ましい。

でも一方で、タイムズスクエアや中州のネオン街のように、屋外広告物がまちのイメージを
つくっていくというケースもある。特に商業地ではそうだろう。

現在景観まちづくりの協定づくりを進めている
唐津市の呉服町商店街でも同じような議論がでた。
商店街を歩くとワクワクする。そのワクワク感は両側に個性あるお店が
しっかりと息づいていることなんではないか。

だからこそお店の個性は大切にしよう。
店舗の看板は、店舗の持っているこだわりや空気を醸し出す
大切なアイコンになる。あくまでも「商店街の楽しさの本質」を考え、
商店街オリジナルのサインを模索中だ。

その方向性を共有するために、私がこれまでに旅や仕事で訪ねた全国・世界のまちの
店舗看板を色々と探しては商店主の方にお見せして、何回も何回もイメージを話し合った。
こうした些細な看板でさえ、まちの個性やイメージを伝える大切なツールになるのだ。
看板だけみても、それぞれのまちに個性があって楽しい。

鞆の浦、広島県

鞆の浦、広島県

柳川市、福岡県

柳川市、福岡県

別府市、大分県

別府市、大分県

日田市、大分県

日田市、大分県

那覇市、沖縄県

那覇市、沖縄県

湯布院、由布市

湯布院、由布市

津屋崎、福岡県

津屋崎、福岡県

大阪市、大阪府

大阪市、大阪府

阿蘇市、熊本県

阿蘇市、熊本県

ポートランド、アメリカ

ポートランド、アメリカ

ポートランド、アメリカ

ポートランド、アメリカ

チビダーレ、イタリア

チビダーレ、イタリア

エジンバラ、スコットランド

エジンバラ、スコットランド

Copyrights