Roots

blog

chausse

昔から靴がとっても好き。

私の行きつけの洋服屋さんで、
私の体格、好みを熟知するスタッフTさんから
「佐藤さん絶対に気に入るから!」とオススメしてもらったのが
Chausserという日本ブランドの革靴。

革靴といえば、イタリア、イギリス、アメリカと
海外に憧れのブランドがあるもんだから、あまり期待していなかった
んですが、そのモンキーブーツを見た瞬間に完全に心を奪われて。。。
すぐさま購入して、お気に入りの一足として大活躍。

以来、すっかりchausserのファンになり、
色違いのモンキーブーツをかみさんにプレゼントしてもらった。
そして1年ほど前に再びお店を訪れると、Chausserの新作が。
欲しいと思っていたUチップの黒革靴。。。
エンボスレザーにクラシックなシルエット、ON・OFF両方行ける!

これは欲しい!とTさんにサイズを確認してもらうと、なんとサイズがない。
聞くと、これから発注をかけて約1年待ち。。。
基本せっかちな私なので商品を待つなんてことはよほどのことがない限りは
しないけど、今回は待つに値する価値があった。

そして先日、ようやく商品が入荷したと連絡が入った。
Chausser3足目。革が自分色にどう変わって行くのか楽しみ。

日本のものづくり、捨てたもんじゃない。
良いものをつくっていくことはもちろん大切だけど、
Tさんのように、その商品の魅力やストーリーを丁寧に
消費者に伝えて行くことがファンづくりには欠かせない。
そのためには、お店は大きくではなく小さくあった方が、
コミュニケーションの質は格段に高まる。

先日Tさんと仕事のことを話していた際の一言。
「洋服を売るだけだったらキオスクのおばちゃんと変わらないですよ。
 僕は、企画もデザインもPRもイベントも、洋服に関することだったら何でもする。」

素敵な人だ。洋服買うなら、またTさんを訪ねようと強く思う。
多少高くても、ネットではなく、Tさんのところで買いたくなる。
Tさん自身、私にとってはその世界への窓口であり、商品の一部なんだ。

日本のものづくりを支える人達、かっこいいなぁ。

karimizuan_01

karimizuan_02

karimizuan_03

karimizuan_04

karimizuan_05

お盆明けの初仕事は、長崎県の小浜温泉へ。

小浜温泉には、尊敬するデザイナー城谷耕生さんがいる。
彼のオフィスSTUDIO SHIROTANIが過疎地再生のデザインとして
取組んでいるのが、「刈水庵」だ。

昨年の5月13日のブログでも紹介しているが、
今回の来訪ではさらにバージョンアップしていた。
刈水庵のすぐ横には、ギャラリー兼オフィスの新たな棟ができている。
城谷さんに案内してもらいながら、建物の活かし方、
再生するためのソフトなど、様々なことを教えてもらった。

今回の出張は単なる視察ではなく、
構想段階にあるプロジェクトのコアメンバー会議。
いまはまだ明かせないが、このプロジェクトは私にとっての夢だ。
まだまだ課題は山積しているが、ワクワクする素敵な時間だった。

そこに想いがある限り、その夢はきっと叶うと信じて。
このご縁を繋いでくださった城谷さんに感謝。
さぁ、一歩前へ。

nikkei140809

昨日の日経新聞に憧れの椅子コレクター、永井敬二さんの記事が出ていた。

いまや生活の中に欠かせない椅子。
機能的なことはもちろんのこと、配置する場所や時間、
体に触れることを考え抜いて生まれる美しさやフォルム。

その魅力にとりつかれて、半世紀をかけて彼は1000脚以上の椅子をコレクションした。
それは単なる「収集」という作業に留まらず、その椅子を作り出した作家の感性や生き方を
探し続ける旅とも言える。

彼のコレクションの記念すべき第1号の椅子は、
偶然にも、私が結婚祝いで母からプレゼントされたものと同じである。
永井さんの椅子のセールで購入したワシリーチェアと、
仲良くリビングに置いている。

彼のことを紹介してくれた日経新聞さん、ありがとうございます。
世界から一目置かれる椅子のコレクターが福岡に暮らし、
そして私の仕事で関わっている佐賀県唐津市の出身であることを
少しでも多くの人に知ってもらいたいです。

そして、彼の夢である「本物の魅力を感じられる椅子のサロン」、
いつかきっとできるといいな。

今回のポートランド視察ツアー。

これだけ充実した報告ができたのは、
まちの隅々まで見て回りたいと欲張る親2人の
行動を決して邪魔しない「空気を読む力」と、
あちこちで出会った現地の人たちと積極的に交流する
「コミュニケーション力」をいかんなく発揮した
息子の存在に他ならない。

我ながらあっぱれな息子である。
もしかすると、彼がポートランダーになるのも夢ではない。
そのときは、何も言わずに背中を押してあげたい。

完全に親バカですが、ポートランド番外編でした。

portland_番外編

portland_番外編

portland_番外編

portland_番外編

portland_02

portland_番外編

portland_番外編

いよいよ旅も最終日。
既に帰りたくない病が出ている。
その気持ちを表すかのように、生憎の曇り空だ。

これまで意外にスムーズに旅してきたもんだから、
当初の予定は既に達成し、最終日どこに行くかを
前の晩から考えていた。

バスに揺られて郊外の森林公園かワイナリーに行くか、
もしくはまだ行ってないNorth Westを回るか。
いろいろと悩んだ挙げ句に後者のプランに。

いつものごとくStreetcarに乗り、ダウンタウンへと向かう。
2日目に行ったTanner Spring Parkでは、
ガイド付きの自転車ツアーが開催されている。
歩道が広いからできるんだろう。
自転車好きとしては、とっても参加したいツアーだ。

自転車ツアー

自転車ツアー

まずは、お土産を買いに3回目のPOWELL’S BOOKSに立寄り、
そこから歩いてNorth West地区へ。

North West

North West

このNorth West地区には小さいけどユニークなギャラリーがたくさんあると
情報をゲットしていたので、今日はART DAYだとワクワクしていたけど、
なんと日曜日は閉まっているという幸の薄さ・・・
(いつも調べずにあてずっぽに行ってしまう癖があるので直さないと)

せめて美術学校だけでもと言うことで、
PNCA(Pacific Northwest College of Art)へ。

PNCA

PNCA

世界中からユニークな人材を集め、ポートランドから世界に向けて
クリエイティブな人材育成を進めている。
その最先端のART大学が一般の方にも広く開放されているんだから、
ポートランダーがうらやましすぎる。
大学はやっぱりまちなかにあって、いろんな感性が交流する場所であって欲しい。
近所の我が母校が解体されて、つくづくそう感じる今日この頃。

その大学の近くには、
倉庫街をリノベーションした何やら面白そうな場所が。

倉庫街をリノベーション

倉庫街をリノベーション

ALBERTAで出会ったカフェBARISTAがテナントで入居している。
欧米の方は本当に外が好き。テラス席が一番の特等席。
そういう風景を見て、私はいつもなんとなくお店に吸い寄せられる。
テラスに人がいる風景は、実はお店の宣伝になっている(と私はいつも思っている)。

その隣には、ポートランド生まれの靴ブランドKEENのショップが。

ポートランドで生まれた靴ブランドKEEN

ポートランドで生まれた靴ブランドKEEN

この建物は廃材を活用したりと、環境に配慮した企業イメージを
象徴する場所であり、出店する建物と場所にしっかりとこだわるのがポートランドスタイル。
このこだわりぶりが、愛してやまないファンを増やすんだと思う。
最後の最後まで買うかどうか悩んだけど、息子の靴のみ購入。
(そしていつも買わなかったことを後悔するパターン)

結構な歩行量。そろそろお昼にしようかと近くのリノベーションレストランへ。

倉庫をリノベーションしたレストラン

倉庫をリノベーションしたレストラン

わずか1週間の滞在だけど、すでに胃が疲れている。
アメリカ料理はもういいかなと思っていたけど、
最後の記念にとボリューム感満点のハンバーガーを注文。

ランチで食べたハンバーガー

ランチで食べたハンバーガー

・・・。
もういい。御馳走さま。

はちきれんばかりのお腹を抱えて、しばしダウンタウンと散策。
行き忘れていたセンスの良いショップ「Alder&Co」へ。

センスの良いショップAlder&Co

センスの良いショップAlder&Co

そして最終日という誘惑に負けて、昼からブリュワリーへ。
昼だというのに満員御礼。昼間から人目をはばからずに堂々と飲めるのが良い。
しかも、これがイベント時ではなく、日常のことだからなお良し。

休日のブリュワリーは、昼から飲むお客さんで賑わう。

休日のブリュワリーは、昼から飲むお客さんで賑わう。

既にほろ酔いである。
あとは、この街の空気に身を委ねて、溶け込むまでに心を開放しよう。
たくさんの余韻を持って日本に帰ろう。

最後の晩餐に向けて、バスに乗ってDIVISION通りへ。

DIVISION通り

DIVISION通り

ここに来たのは言うまでもない。
人気のタイ料理「POKPOK」へ行くためだ。

お客の絶えないPOKPOK

お客の絶えないPOKPOK

遠目から見ても行列がはっきりと見えるくらいに混んでいた。
入口には受付カウンターがあって、そこにひっきりなしに人がやってくる。
受付をすると、
「19時にもう一度来てくれ、それまでは向かいのBARで楽しんでくれ」と。

そう、あまりの人気ぶりに、向かいにはPOKPOKのウェイティングバーとして
繁盛するお店「Whiskey Soda LOUNGE」があるのだ。
多分系列店ではないと思うけど、メニューもウェイティングにふさわしい内容と
なっていて、「これがわかりやすい相乗効果」と実感させてくれる。
お互いにWIN-WINだし、良いことずくしだ。

POKPOKのWaiting BAR

POKPOKのWaiting BAR

19時にPOKPOKに戻ると、それからゆうに1時間は待たされ、
20時頃にようやくお店の中へ(結局は2時間待った)。

POKPOKの内観

POKPOKの内観

ただ、待っただけのことはある。どれも絶品。
行列に並ぶのが嫌いな私でも、ここは待った甲斐があったと納得。
ポートランドを訪れたら是非とも行ってみて欲しい。

こうして私達のポートランドツアーはあっという間に幕を閉じた。

NYとかミラノ、バルセロナとかの大都市と違って、
「これ!」という飛び抜けたものはないけど、若者達が自分たちの
納得のいくやり方・こだわりで商売をし、そこに根をおろし、
ローカルに密着した居心地の良いコミュニティがそこここにあって、
水辺や公園等の公共投資が暮らしの質を押し上げている。

いわば「自己満足度100%」の街なんだ。
気持ちの良い生き方、自分なりのスタイル、開放的でのびやかな空間、
上質な食の時間、かけがえのない家族・仲間・・・
ポートランドはポートランドなんだと、みんなが思っている。
これまでに出会い、会話を交わした人たちから、
そうだろう、いやそうに違いないと確信に変わった。

それがあれば良い。
それがあれば、人生が豊かになる。
それを聞いて、人がまた移り住んでくる。

「帰りたくないな」
帰りの空港で出会い、私にそうつぶやいた修学旅行生は、
何年後かにここに移り住んでいるんだろうか。
このGOOD DESIGNのAKASKA航空の飛行機に乗って。
Exif_JPEG_PICTURE

ポートランド、また来る日まで。
ごきげんよう、さようなら。

Copyrights