Roots

blog

先日、祖母の米寿のお祝いで、久しぶりに実家の大阪に帰省。

私の実家は、千里ニュータウン。
1960年代から、日本最初の大規模ニュータウン開発として生まれた街だ。
一般的な故郷と呼べるような牧歌的な風景は広がっていないけど、
自分が30数年間生まれ育った街だから、新しい街であろうが
「故郷感」というものはしっかりと根付いている。

そんな私の原風景は、阪急電車の南千里駅。
その当時はなんとも思っていなかったけど、阪急電車の小豆色の車窓と
南千里駅周辺の建物や風景は、「故郷に帰ってきた」といつも実感させてくれた。

ただ、私が社会人になる頃から、南千里駅と実家までの一帯の大規模開発が
行われ、大型商業施設や大規模マンションがどんどんと立ち並び、
慣れ親しんだ風景があっという間に消えていった。

その南千里駅のシンボル的な建物「千里センタービル」が
日本建築界の巨匠 村野藤吾の設計であったことは社会人になってから知った。
リズム感があって、とっても素敵な建物だ(内観はレトロモダンで渋い)。

その村野建築さえも開発の波に飲まれて壊される危機にあると母から聞いたのは何年前だったか。
ネットで調べてみると、大阪大学の建築の先生が一生懸命に保存運動をしているようだったが、
このたび、その甲斐実らずに壊されることが正式に決まったようだ。。。

なんとも悲しい現実。壊すのは簡単だけど、壊れたらその風景は二度と戻ってこないのに。
壊れる前に一目見ようと訪ねてみた。

murano_roots

村野藤吾設計の千里センタービル

プラネタリウムを観に、ミニ四駆を買いに、郵便局でお金を下ろしにいった子供の頃の思い出。
今度帰省したら、楽しかった幼少期の記憶を呼び起こしてくれるきっかけはもうない。
「ここはお父さんが生まれ育った故郷だよ」子供にそう語り継ぐ手がかりも失うことになる。

唯一、高校時代に毎日通学で使っていた南千里駅は、当時のままの姿だった。
この駅舎さえ、いつ壊されてしまうのかと思うと、さらに悲しくなる。

hankyu_roots

私の原風景、阪急南千里駅

桃山台方面の住宅はまだ残っているものの、開発の波は一気に広まるだろう。

senri_roots

千里ニュータウン、桃山台方面

気がつけば、当時新築だった実家も、南千里地区の中では最も古いマンションになった。
時代の移り変わり。免れない現実。。。

建物が壊れるということは、風景を壊すだけではなく、人の記憶さえはぎとってしまう。
村野藤吾の出身地 唐津で、尊敬する建築家 藤森照信先生がそういってたことを思い出す。

自分の故郷のまちづくりに関わりたいと最近強く感じている。
自分のルーツがなくなってしまう前に。

年度末が終わった。
独立して1年、嬉しい悲鳴であったが、今回の年度末は忙しかった・・・

地域活性化や観光の仕事が多いので自ずと年度末は忙しくなる。
年が明けて気持ち新たにというのが一般的だが、
年度末仕事が多い私としては、年度が明けた4月が本当の意味での新年。
そして4月は、Rootsを開業した時期でもある。

独立してから丸1年。
少し充電して、いろんなまちを見て、新たな年度の戦略を!と思っていたが、
現実はそうではなかった。。。
今年の暮れまで続くプロジェクトがいよいよ本格的に動き出し、
年度が明けてからも毎日慌ただしい日々が続いている。
とっても有難いことです。

ただ、忙しさにかまけて、何も充電せずに、戦略を立てずに一年が過ぎるのはいけないと、
自分に発破をかけて、移動中、時間を見つけては本を読み、これからのことをあれこれと
考えるようにしている。

そんな中で出会った1冊。
面白い仕事をしていると前から気になっていた「nendo」。
代表の佐藤オオキさんは年が1つしか変わらないが、
建築・プロダクト・グラフィック・店舗とあらゆるデザインをフィールドに、
世界を舞台に活躍されているデザイン集団だ。

彼らの思考はとっても面白いし共感する。
クライアントの能力や商品力を最大限活かすために「一歩下がる」という姿勢。
とにかくクオリティー高くスピード感を持ってプロジェクトに取組み、
提案するアイデアは目から鱗のものばかり。
視点の移動力、繋がらないものを繋げることで新たな価値を生み出す「他人丼」の考え方。
専門的になりすぎないからこそ、フラットに、新鮮に考えられるんだろうか。

アイデアを実現するために、彼らが実践する「耕す」「育てる」「収穫する」
サイクルは、私の仕事にも十分役立つものだった。

「一歩下がる」という姿勢は、地域で仕事をする上でとっても大切なこと。
単なる表層的なお化粧ではなく、社会・企業の問題を解決するプロフェッショナルとして
彼らの仕事はとっても興味深かった。
良い本に出会えたし、モチベーションがあがった。

さぁ、今年度も頑張ろう。

book140404

怒濤の年度末もいよいよ終盤を迎えます。

独立1年目にして、本当に色々なプロジェクトに関わらせていただきました。
つくづく、人とのご縁が仕事に繋がっているなぁと感じます。

そのプロジェクトの1つ、佐世保の俵ヶ浦町のトレイルサイン&マップづくり。
私の恩師の研究室とともに関わらせていただきました。

熱心な地元の方々と、毎回熱い議論を交わしながら、
地元のお母さん達がいつもつくっていただく美味しいご飯と豊かな風景に癒されながら、
俵ヶ浦町ならではのトレイルコース「歴史遺産トレイル」ができました。

サインは九大チームと地域住民の完全手作り。
マップも地元の人たちのご意見たっぷりの「ここならでは」の道標。
30日にはそのコースのお披露目会があります。
まずは、地元による地元再発見。

私も関わらせていただくまで知りませんでしたが、
ここ俵ヶ浦半島には、俵ヶ浦町以外にもまだまだ魅力的な地域がたくさん。
この地元目線の地域づくりが、他の地域にも広がっていくといいなぁー。

こうした地域との出会いが、私の仕事の最大の幸せです。

sasebotrail001

地元の人たちとの手作りサイン

sasebotrail002

地元の人たちと考えて出来た歴史遺産トレイル

土木コレクションHANDS+EYES

大学は土木学科出身で、地域づくり・観光の世界に足を踏み入れてからは
長らく土木の世界から遠のいていました。

独立すると様々なご縁が生まれるものです。
今年土木学会が創立100周年ということで、これまでの土木が豊かな日本を
築いた功績やこれからあるべき土木の姿を探ってための100周年記念事業が
1年間かけて開催されます。詳細はこちら↓↓↓
土木学会100周年ホームページ

私は大学で景観や土木設計を学んでいたこともあり、
これまで先人達が手間ひまかけてつくってきた土木遺産の数々や
新たなコンセプトでこれからの時代を切り開く土木プロジェクトを
展示、情報発信するプロジェクト「土木コレクションHANDS+EYES」
のお手伝いをさせていただきます。

先人達が手書きで書いたドローイング(図面)は感動もの。
1つ1つ魂込めてつくってたんだなーということが、
圧倒的な図面を前に感じるのです。

年度明けからは具体的なプロジェクトがスタートします。
詳細はそのときにでも。

Discovery-Karatsu-Heritages

Discovery Karatsu Heritagesのポスター

gokan1

唐津五感トリップ(表紙)

唐津五感トリップ(まちあるきツアー)

唐津五感トリップ(まちあるきツアー)

唐津五感トリップ(体験プログラム)

唐津五感トリップ(体験プログラム)

社外スタッフ(タウンマネージャー)として、一緒にお仕事をさせていただいている
唐津のまちづくり会社、いきいき唐津。

唐津のまちなかには、歴史や建物、お祭り、唐津焼、食文化、職人文化と、
時代を越えた地域資源がいまもなお現役。

そんな魅力や唐津の豊かさをもう一度市民や観光客に再発見してもらおうと、
いきいき唐津では「唐津再発見プロジェクト」を2つ展開しています。

1つは、近年倒壊に歯止めがかからない唐津の「歴史的建造物」を
再発見する「Discovery Karatsu Heritages」。
もうひとつは、地元でガイドさんを育成し、
地元目線から唐津の魅力を発信・体験・交流する「五感トリップ」。

2月末から始まります。
1人でも多くの方々が唐津の豊かさを再発見し、
できれば地域住民がこの豊かな財産を守り育てる地域づくりの
「仲間」になっていただければ。

小さな取組みではありますが、この積み重ねがきっと、
後世に繋がっていくと信じて。

Copyrights