Roots

blog / local

2017.02.02 / local

南由布へ。

minamiyufu01

minamiyufu02

今日はとあるプロジェクトの現地視察で大分は南由布駅へ。

この地でどんな風景を作っていくか。
夢と希望と、強い気持ちを持って前に進めていく
ぶれない「根っこ」が共有できました。

最後は結局ヒトなんですよね。

観光PRマップの打合せ・ロケハンのため宮崎県高原町へ。
初めて訪ねた町でしたが、雄大な霧島山がまちを包み、
多様な自然が息づく美しい村でした。

takaharu06

takaharu07

takaharu08

takaharu10

takaharu11

takaharu12

takaharu01

takaharu02

takaharu03

takaharu04

takaharu05

takaharu09

豊かな食卓とは何かを考える良い機会となりました。

全て美味しかったけど、
ゆむたファームの無農薬の卵とリバーワイルドのハムの
最強コンビによるハムエッグは絶品でした。

ukiha01

ukiha02

ukiha03

ukiha04

ukiha05

ukiha06

ukiha07

ukiha08

ukiha09

ukiha10

sorisso01

sorisso02

sorisso03

年末に近づくにつれて様々な委員会や会議が慌ただしく動き、
当然弊社も出張や資料作りに追われる日々が続く。

今週は少し時間が作れたので、東彼杵町へ再訪。
目的の1つが、前回行けなかったSorriso risoへ行くこと。
残念ながらランチはしていなかったけど、役場の方の計らいで
Sorriso risoの生みの親である東彼杵の若手キーパーソン・
森商店の森一峻さんと1時間ほどお話できることに。

Sorrisoという場所を作る意味、ここで培った拠点性と人材を
町へと広げていく緩やかなシナリオ。
そのアイデアや企画力の素晴らしさは、一貫して
東彼杵(もっと言えば千綿地区)への愛が溢れていること。

いろんな町の仕事をしていると、森さんのような若い人材を探すことが
一番難しいのだけど、東彼杵にはもうその人材がいる。
そして、彼を慕ってユニークな若者がやってきて、人口約8千人の町に
若者のコミュニティが自然とできている。

周辺の集落を少し案内してもらったが、石垣やレトロな建物、歴史物語が
たくさん詰まっている。
もっと地域と密になってまちづくりの輪が広がれば、
きっと東彼杵は素敵な町になるだろう。

Copyrights