Roots

blog / project

最高の秋晴れに恵まれ、10月13日土曜日に直方歳時館で
「秋の味覚を寒北斗と味わう神無月の会」が無事に開催されました。
お客さんにはとても好評で、新酒が出る春にまたやることに!?
こうしたご縁が広がっていくことはとても良いですね。

日本酒講座講師/寒北斗酒造株式会社 代表取締役社長 杉田祐二
食のプロデュース/株式会社LEE惣菜研究所 李 奈美

本日は最高の秋晴れ。
こんな気持ちの良い日はドライブに出かけて
大好きな地方でゆっくりと過ごしたいものですが、
10月は企画書の提案や仕事関係のイベントで毎年
休みなくてんやわんやしています。

そのなかの1つ、月末に唐津で開催される「狂言の世界」。
唐津の文化資源を活用して地域の活性化、次世代への継承につなげようと
3年ほど前から実施している唐津文化遺産の日プロジェクトの一環として、
国指定重要文化財の旧高取邸能舞台でゆっくり贅沢に狂言の世界を
味わっていただきます。

とても貴重な機会ですので、ご興味ある方は是非お申込みください。

佐世保市俵ヶ浦半島で毎年開催される展海峰コスモスウォーク。

15回目となる今回から、実施主体が俵ヶ浦半島開発協議会から
チーム俵へとバトンタッチ。
てんやわんやしながらも、トレイル部を中心に準備が進められています。

秋風に吹かれて九十九島と佐世保湾の絶景、コスモスを楽しみに。
是非佐世保へお越しください!

design/furico 古川 裕子

「筑豊文庫の食卓」直方市で初開催。
上野家と親交の深かった山福さんご一家をはじめ、
たくさんの出会いと発見があった1日でした。

やっぱり「現代の筑豊文庫」が必要です。

先週末は東彼杵町のお土産品となり得る商品の
ブランディング支援のために、
ブランディングディレクターの前崎さん(HPはこちら)と
お手伝いする各事業者さんのもとへ。

地元の素材を中心に甘さ控えめのお菓子づくりを行う焼菓子のコトウラさん、
野鍛冶として、お客さんのニーズに合った包丁や農具・刃物の製造・アフターケアを
行う森かじやさん。

通常行うような大人数のワークショップとは異なり、1対1で話を聞けるので、
その人となり、背景、物語、姿勢や夢をゆっくりじっくり深掘りできる。

丁寧にものづくりしている人は美しいなぁと思います。
鍛冶屋さんという伝統工芸だって、きちんとその価値を伝えることができれば、
長く一生自分の人生に寄り添うロングライフデザインになり得る。

たくさん伺った言葉を胸に、その可能性を広げる提案ができればと思います。

Copyrights