Roots

blog / project

唐津やきもん祭り2017のポスターが完成しました。
デザインはテツシンデザインオフィス、撮影はオーバーホールの大塚さん。

今年のテーマは「お菓子と唐津焼」。
唐津は隠れたスウィーツ処で、代々受け継がれる伝統銘菓、茶菓子、
地元に愛される和菓子、洋菓子まで、バラエティーに富んだ
菓子文化が定着しています。

イベントでは、お菓子と唐津焼の展示をはじめ、
実際に唐津焼でお菓子が食べられるカフェも限定オープンする予定です。
それ以外にも、定番のまちなか展示即売や毎年好評の唐津焼角打ちBAR、
中里家の展示などなど、イベント盛りだくさんです。

もう5年関わらせていただいてますが、若手陶芸家が全面的に企画に関わり、
スタッフのチームワークも年々良くなっていて、
唐津焼活性化の起爆剤にもなっています。

まちづくりはひとづくり。
少しずつですが確実に良い方向に進んでいます。

週末は大分の民間企業さんからご依頼のあった、
駅前空間のリニューアルプランの企画書づくり。

オーナーさんはとってもピュアな人で、才能とセンスがあって、
何よりも計画に対する「はっきりとしたビジョン」があります。

ビジョンが明確だから、そのストーリーに沿って、
シンプルに企画書を作ることができました。

オーナーさんに気に入ってもらえると良いですが。
動き出したらとっても面白いプロジェクトになりそうです。

今年で14回目を迎える佐世保市俵ヶ浦半島の
菜の花ウォーク。

今回は新たな取組みとして、野崎町の「ごちそうトレイル」を
加えた新コース約7.5kmを歩きます。
また、昨年秋に開催して好評だった「俵ヶ浦半島おいしいもの食堂」も
オープンし、地元の新鮮な農産物・加工品の販売、飲食提供を行います。

九十九島の絶景に包まれた半島の風を是非感じてみてください。

唐津焼陶芸家・村山健太郎さんと福岡市の人気酒販店・住吉酒販による
「食と器ラボ」を昨日開催し、大盛況で終えることができました。

全4回の「唐津焼・食と器ラボ」はこれで一区切りとなりますが、
継続開催のお声もたくさんいただきましたので、
5月のゴールデンウィークに開催予定の唐津やきもん祭りまでは
月1回程度延長して開催するよう検討しています。

また、今後の空き店舗活用や恒常的な唐津焼のブランディング事業
については、組織体やアプローチも含めて、
関係者とゆっくり熟成させていきたいと思います。

2月11日、「唐津・食と器ラボ」が開催。
最終回を飾るのは、唐津焼の人気若手作家・村山健太郎さんと
福岡の人気酒屋・住吉酒販。なんとも贅沢なコラボです。

住吉酒販さんがなんとも素敵な映像を作ってくださいました。

住吉酒販さんが厳選した珍味と地酒を、健太郎さんの器で楽しむ。
そして、九州全域でご活躍の福岡のフードコーディネーター・李 奈美さんも
急遽参戦して美味なおでん、おつまみも!
唐津は呉服町商店街の一番館前の空き店舗が会場です。

この実験的な取り組みは一旦終了しますが、その先の展開についても
有志と色々画策中です。お楽しみに。

Copyrights