Roots

blog / project

karimizuan_01

karimizuan_02

karimizuan_03

karimizuan_04

karimizuan_05

お盆明けの初仕事は、長崎県の小浜温泉へ。

小浜温泉には、尊敬するデザイナー城谷耕生さんがいる。
彼のオフィスSTUDIO SHIROTANIが過疎地再生のデザインとして
取組んでいるのが、「刈水庵」だ。

昨年の5月13日のブログでも紹介しているが、
今回の来訪ではさらにバージョンアップしていた。
刈水庵のすぐ横には、ギャラリー兼オフィスの新たな棟ができている。
城谷さんに案内してもらいながら、建物の活かし方、
再生するためのソフトなど、様々なことを教えてもらった。

今回の出張は単なる視察ではなく、
構想段階にあるプロジェクトのコアメンバー会議。
いまはまだ明かせないが、このプロジェクトは私にとっての夢だ。
まだまだ課題は山積しているが、ワクワクする素敵な時間だった。

そこに想いがある限り、その夢はきっと叶うと信じて。
このご縁を繋いでくださった城谷さんに感謝。
さぁ、一歩前へ。

zuroku

土木学会創立100周年を記念し、プロジェクトメンバーが想いをかけた
「土木コレクションHANDS+EYES」の特製図録がいよいよ販売開始です。

私も土木学会出身で、大学の恩師からお声をかけていただき、
このプロジェクトに参加させてもらっています。
この図録はプロジェクトの集大成でもあり、
デザイン制作・編集全般をお手伝いさせていただきました。

HANDS89事例、EYES12事例を掲載した全156ページ。
土木の魅力、味わい深い質感を感じてもらうために、
全ページ上質紙・フルカラーでお届けいたします。

通常販売価格は650円(税抜)、全国巡回展にご来場いただいた方々には、
なんとなんと「500円(税込)」で特別にご提供いたします。

失敗が許されない中で、1枚1枚を手書きで描いていた美しい図面を見ると、
土木エンジニア達の構想力、想像力が伝わってきます。
やっぱり先人の情熱や技はすごい。

1人でも多くの方々に、土木の魅力を知っていただき、
土木のこれからを考えていける機会になれば良いなぁ。

怒濤の年度末もいよいよ終盤を迎えます。

独立1年目にして、本当に色々なプロジェクトに関わらせていただきました。
つくづく、人とのご縁が仕事に繋がっているなぁと感じます。

そのプロジェクトの1つ、佐世保の俵ヶ浦町のトレイルサイン&マップづくり。
私の恩師の研究室とともに関わらせていただきました。

熱心な地元の方々と、毎回熱い議論を交わしながら、
地元のお母さん達がいつもつくっていただく美味しいご飯と豊かな風景に癒されながら、
俵ヶ浦町ならではのトレイルコース「歴史遺産トレイル」ができました。

サインは九大チームと地域住民の完全手作り。
マップも地元の人たちのご意見たっぷりの「ここならでは」の道標。
30日にはそのコースのお披露目会があります。
まずは、地元による地元再発見。

私も関わらせていただくまで知りませんでしたが、
ここ俵ヶ浦半島には、俵ヶ浦町以外にもまだまだ魅力的な地域がたくさん。
この地元目線の地域づくりが、他の地域にも広がっていくといいなぁー。

こうした地域との出会いが、私の仕事の最大の幸せです。

sasebotrail001

地元の人たちとの手作りサイン

sasebotrail002

地元の人たちと考えて出来た歴史遺産トレイル

土木コレクションHANDS+EYES

大学は土木学科出身で、地域づくり・観光の世界に足を踏み入れてからは
長らく土木の世界から遠のいていました。

独立すると様々なご縁が生まれるものです。
今年土木学会が創立100周年ということで、これまでの土木が豊かな日本を
築いた功績やこれからあるべき土木の姿を探ってための100周年記念事業が
1年間かけて開催されます。詳細はこちら↓↓↓
土木学会100周年ホームページ

私は大学で景観や土木設計を学んでいたこともあり、
これまで先人達が手間ひまかけてつくってきた土木遺産の数々や
新たなコンセプトでこれからの時代を切り開く土木プロジェクトを
展示、情報発信するプロジェクト「土木コレクションHANDS+EYES」
のお手伝いをさせていただきます。

先人達が手書きで書いたドローイング(図面)は感動もの。
1つ1つ魂込めてつくってたんだなーということが、
圧倒的な図面を前に感じるのです。

年度明けからは具体的なプロジェクトがスタートします。
詳細はそのときにでも。

Discovery-Karatsu-Heritages

Discovery Karatsu Heritagesのポスター

gokan1

唐津五感トリップ(表紙)

唐津五感トリップ(まちあるきツアー)

唐津五感トリップ(まちあるきツアー)

唐津五感トリップ(体験プログラム)

唐津五感トリップ(体験プログラム)

社外スタッフ(タウンマネージャー)として、一緒にお仕事をさせていただいている
唐津のまちづくり会社、いきいき唐津。

唐津のまちなかには、歴史や建物、お祭り、唐津焼、食文化、職人文化と、
時代を越えた地域資源がいまもなお現役。

そんな魅力や唐津の豊かさをもう一度市民や観光客に再発見してもらおうと、
いきいき唐津では「唐津再発見プロジェクト」を2つ展開しています。

1つは、近年倒壊に歯止めがかからない唐津の「歴史的建造物」を
再発見する「Discovery Karatsu Heritages」。
もうひとつは、地元でガイドさんを育成し、
地元目線から唐津の魅力を発信・体験・交流する「五感トリップ」。

2月末から始まります。
1人でも多くの方々が唐津の豊かさを再発見し、
できれば地域住民がこの豊かな財産を守り育てる地域づくりの
「仲間」になっていただければ。

小さな取組みではありますが、この積み重ねがきっと、
後世に繋がっていくと信じて。

Copyrights