Roots

blog / project

ogi_roots_008

須賀神社から望む小城市街地

独立してから、少しずつではあるが、地域活性化や観光、
地域ブランドのお仕事をする機会をいただいている。

その中で、地域づくりをこれからを担う地元の若手の方々
(といっても私より年上ですが…)を対象に、数回のまちづくり勉強会の
機会をいただいたのが佐賀県の小城市。
冒頭の写真は、よく観光ポスターで使われる小城市の代表的な風景。

小城市は何度も通ったことはあるが、お話をいただくまで降り立ったことが
なかった。「羊羹のまち」というイメージは持っていたが、佐賀の小京都とも
言われる風光明媚なまちのイメージはあまりない。そんなまちのことも知らないで
お話するなんてとんでもない。そう思い、小城市役所の方にご案内をいただいて、
まちなかを歩いて散策。

すると、羊羹以外にも、お宝がいっぱい!鉄道旅が好きな私にとって、
まず嬉しいのは小京都をイメージづけるこの駅舎。
いつもヨーロッパを旅した後にがっくりするのが日本の駅前の画一的な風景だが、
小城にはその佇まいがまだ残っている。

ogi_roots_001

佐賀の小京都の玄関口。

小城の市街地は、この駅から山間にある須賀神社までがシンボルロードに
なっていて、まちの構造がとってもシンプルだ。これ、活かさない手はない。
須賀神社までは歩いていくことができて、その道すがらにリノベーションされた
施設や酒造、豊かな川が流れていたりと、歩くにもとっても良いところ。

ogi_roots_002

小柳酒造の歴史的な佇まい

ogi_roots_003

近年改修された旧深川家住宅(外観)

ogi_roots_004

近年改修された旧深川家住宅(内観)

ogi_roots_006

須賀神社前を流れる豊かな河川

そして何より、須賀神社がまちにアクセントを与えている。まちのシンボルだ。
須賀神社を上ると、豊かな自然と美しい景色を望める展望台が用意されている。
展望台でお会いしたおじちゃんは、定年まで大阪で働いた後にUターンで地元の
佐賀に戻ってきたが、小城の豊かな自然や文化に惚れ込んで移り住んできたそうだ。
毎日ここに来て風景を眺めているらしい。こういうおじちゃん、まちにとっては
とっても大切な存在。こういうまちに想いを持った方をお見かけすると、
無性にヒアリングしたくなる。。。その会話の中に、再生へのヒントがきっと
隠されているからだ。

須賀神社からまちへ降りると、そこそこに水路があったり、意外なところに石垣の道
があったりと。まだまだ活用できる地域資源がたくさんあることに気づかされる。
ほったらかして地域にとってはお荷物と思えたものが、これからの時代のまちづくり
においては反って、よそのまちにはつくれないまちのアイコンになっていく。

ogi_roots_009

市街地の随所に見られる水路

ogi_roots_010

隠れた石垣通り。

仕事と趣味の旅行とで、年代の割にはいろんなまちを訪ねている方ではあるが、
まだまだ知らないまちが多いし、ルーツが残っているまちもまだまだ日本にある!
と改めて実感した。
嬉しかったし、私のような「よそ者のおせっかい」がやるべきこと、お手伝い
するまちはまだまだある。高度経済成長で物質的に豊かになった日本は、
その次のステージとして、心豊かな社会の実現に向けたアジアのリーディング
カンパニーにならないといけない。

今朝の西日本新聞の「言葉のあやとり」の中で阿木燿子さんが随筆されて
ほんと同感だったけど、ゆるキャラという発想自体が安易であり、
地域はいつまでその「一過性の事業」に手を染めるんだろうかと嘆いてしまう。
建築家の藤森照信さんが言うように、個人の一生の思い出となる歴史的な建物や
暮らし、芸術文化といったまちの記憶を継承しながら、新たな感性を持ち込み、
まちとしての新陳代謝をいかに実現するかを考えないといけないと私は思う。
そのまちの再生の手がかりとなる資産が、小城市にはたくさん残っている。

勉強会の後に地元の若手の方々とお話ししている限り、その安易な方法ではなく、
30年、50年を見据えたまちづくりを真剣に考え始めているので心配はない。
あとは、その一歩をどう歩みだすか。考えた後は実践しかない。
私にはその一歩を歩みだしていただくきっかけしかつくれないけど、
このまちの佇まいがこの先もずっと残っていく方向へと舵を切ってほしいと
願っています。

唐津の情報誌Roastの表紙を飾ったのは、唐津の海。

そう、唐津は海のまち。唐津焼の文化、石炭産業、豊臣秀吉の朝鮮出兵、
ジャックマイヨールと、唐津を彩る豊かな歴史物語は、海がルーツなのです。
海を通じて貿易が盛んになり、海の恩恵を受けて発展した。
唐津は世界に開かれたまち。

そんな世界に開かれた唐津を初めて実感したのは、
2009年に開催されたレーザーラジアルヨット世界選手権大会。
私は、内閣府の採択を受けて取り組んだ「海辺の魅力を活かした観光振興プロジェクト」
の事務局長として、「海のまち、唐津」としての魅力を活かした観光集客や
外国人選手や観光客の観光サポート、おもてなしのお手伝いをしていました。

その中で最も印象的だったのが、「Laser Cafe」と言われるレースを終えた選手や観光客
に食事を提供するカフェ。偶然、日本レーザークラス協会やハーバーの方に声をかけられ、
カフェの責任者をやることに。リクエストは、「食事を通じた地域のおもてなし」。
唐津市内の100人以上の婦人会の女性陣をとりまとめ、商品企画・開発、スケジュール
管理、在庫管理、仕入れ、広報、パーティの企画等を担当。

メインのお客さんは、世界47カ国の20代〜30代の外国人選手。
ヨーロッパやアメリカ、アジアと、食文化の異なる選手たちをいかに満足させながら、
日本の食文化も同時に楽しんでいただくのか。毎日台所は戦場でした。
20代の若者がご年配の女性を采配するのは大変でしたが(笑)、
まるで海外にいるような2週間は本当に刺激的でした。

唐津のおもてなしは世界中から賛辞をいただきました。
あれだけ短期間に、ものすごい人数が集まり、地域が一体となっておもてなしをしたのは、
後にも先にもあのときだけだと思います。

あれから4年。再び“世界と繋がる”機会として、
ヨットの世界大会を唐津に誘致するプレゼンのサポートをさせていただいています。
もうカフェの社長はしないでしょうけど(笑)、誘致が成功した暁には、
世界の観光客に唐津の良さを発信・交流するお手伝いができれば嬉しいです。

唐津には、ヨットという「世界に繋がる」きっかけがある。
世界が認める、優れた海の環境と観光ポテンシャルがある。
つまり、唐津は「世界の唐津」なのである。

グローバル社会の中でローカルの存在を考える時代。

roots_yacht00

roast vol.2の表紙は「唐津の海」

roots_yacht01

マリンスポーツが盛んな唐津の海

roots_yacht03

レーザーラジアルヨット世界選手権大会の会場風景

roots_yacht04

世界のセーラーから、唐津はcastle-bayと呼ばれている。

roots_yacht05

地元と選手を繋ぐ役目を果たしたLaser Cafe

roots_yacht06

外国にいる錯覚に陥った世界選手権時のヨットハーバー

学生時代からお付き合いがあって、大好きな街の1つ佐世保。
先日、佐世保の方のご案内で、俵ケ浦と高後崎を散策。

佐世保には、「坂の上の雲」でも登場するように、
旧軍の財産が数多く残っています。
そして、散策ルートの端々に港の風景と九十九島の絶景が
広がっているのです。

パールシーリゾートから歩くと、高後崎までは24km。
高低差はかなりあるけど、自転車好きな人は楽しめますね。
個人的には、トレイル気分で歩いて制覇してみたいですけど。

sasebo_trail_roots01

田崎真珠付近


sasebo_trail_roots02

宮地嶽神社


sasebo_trail_roots03

集落内の生活道路


sasebo_trail_roots04

九十九島の景観


sasebo_trail_roots06

佐世保市街地を見渡す


sasebo_trail_roots08

九十九島の借景


sasebo_trail_roots09

砲台跡


sasebo_trail_roots10

高後崎の突端

唐津の海岸線に広がる島々の風景

唐津の海岸線に広がる島々の風景


時代を重ねた歴史的建造物。

時代を重ねた歴史的建造物。


世界の建築家 辰野金吾を輩出した唐津。

世界の建築家 辰野金吾を輩出した唐津。


唐津焼と豊かな食材。

唐津焼と豊かな食材。

コンパクトなまちの中に、海がある。松原がある。
江戸・明治・大正・昭和と、まちのあちこちに時代の遺産が息づいている。
とびっきりの新鮮な食材と美しき唐津焼で彩られた独自の食文化がある。
唐津くんちと人情味ある商売、心温まる町人文化の生きた風景に出会える。

まちを彩るルーツが今も暮らしの中に溶け込み、
時間をかけて良い感じに燻されている。
噛めば噛むほどに味が出るまち。

それが、佐賀県北東部に位置する人口13万人のまち唐津。

私が地域活性化の現場に携わるチャンスをくれた場所。
息づく景観や文化に感性を養い、かけがえのない素敵な出会いを
たくさんつくってくれたまち。
この分野を生涯の仕事とし、独立の一歩を後押ししてくれた。
私にとって大切なまち。

地域活性化のためには、ダイナミックな戦略とリアルな感動、
コミュニケーション、集客というマクロ・ミクロの両輪が必要だと、
唐津の現場の中で教えてもらった。

まちづくりはみんなのために・・・よく聞かれる言葉だが、
みんなのためにって結局は誰のためでもない気がする。
どういう人たちに来てほしいか、誰に使ってほしいか、
どんな出会いや交流をつくりたいか。そこで生まれる具体的な風景を
描くことが、リアルなコミュニケーションを生み、住んでいる人たちに
誇りを、訪れる人たちに感動をもたらすんではないかと。
それが大きな輪になったとき、まちが変わっていく。

幸いにも、今年度も継続して唐津市中心市街地活性化協議会の
タウンマネージャーをさせていただくことになった。
機会を与えていただいた唐津の皆様に感謝です。

私一人でできることなんて限られています。
唐津を元気にしたい、そう熱意を持っている地域の方々と、
唐津の資源を活用し、企画を進めながら
1つずつカタチにしていくお手伝いができれば。

その小さな積み重ねが、本物の「豊かな唐津」になるんだと。

Copyrights