Roots

blog / project

昨夜は俵ヶ浦半島活性化プロジェクトの1つである
廃校活用計画づくりのワークショップ。

全国の廃校活用事例を学びつつ、
学校をなぜ活用するかの原点に帰りつつ、
地域としてどう関わっていくか?
グランド・校舎・体育館をどう活用していくか?
運営維持するための財源や人材はどうするか?

老若男女たくさんの人たちが参加して、
みんなでワイワイ話しました。

こうした議論の中から、「ここならでは!」の
アイデアが生まれてくる。
次回のワークショップも楽しみです。

昨年度に引き続き、佐賀県の地域づくり人材育成塾「Region SAGA」
第2シーズンの講師をさせていただくことになりました。
私が担当させていただくのは、第3講のフィールドワークと地域
作りのストーリー作り、第5講の事業計画作成、最終回の事業発表会です。

プログラムの詳細は、以下のタイトルをクリックしてご確認ください。
Region SAGA episode2

地域づくりの講師なんて、人に教えるにはまだまだ経験が足りませんし、
最近改めて地域づくりに正解・マニュアルなんてないことを実感します。
人も違えば、課題も違う。そこに根付く文化や資源、風景も。

基本的にはその地域に入って試行錯誤していくわけですが、
そのもがき方や地域との接し方、糸口の見つけ方は多少なりとも
知恵がついてくるわけです。

私自身も受講者の皆さんと一緒に考えて、成長できたらと思っています。
佐賀県内で地域づくりに取り組みたいと思っていらっしゃる方の
ご参加をお待ちしています。

今年度初めて訪れた宮崎県高原町。

昨年度見た秋冬の高原町も美しかったけど、
田植えが終わり緑と水で彩られた高原町は
みずみずしくてさらに美しかった。

昨日は移住定住に向けたプロモーションの打合せ。
この美しい風景に心動かされ、自分たちの根をはって
意志を持って暮らす人達が増えると良いなぁ。

その佇まいが暮らしの豊かさを物語っている。

土木コレクションのお仕事のご縁があって、
この度「未来の土木コンテスト」パンフレットデザインを
担当させていただきました。

「日本の土木の未来を担う子供達が興味を引くデザインに」
というご依頼から始まったプロジェクト。
具体的なアイデアを話し合った結果、
漫画風のイラストをメインとしたデザインになりました。
小学生のお子さんがいらっしゃるご家庭は、
是非ともご応募してみてください!

◎土木の未来コンテスト パンフレット
CL/公益社団法人 土木学会
CD/株式会社ルーツ・アンド・パートナーズ
AD,D/NO PLANNING株式会社 岡部 信義、田代理沙
I/田原ウーコ

地方の小学校・中学校は、まちの人たちと一緒に体育祭の企画・運営したり、
一緒に汗かいて、遊んで、成長を見守って、たくさんの思い出が詰まった拠り所。

佐世保市の俵ヶ浦半島では、その大切な地域拠点である学校がここ数年で
3校も閉校になりました。
地域の人たちと学校の話をすると、「あー、懐かしい」「こんな遊びしたなぁー」と
思い出いっぱいに語り始めます。

この大切な場所を活用して、地域の活性化のために、地域の子供達のために、
なんとかできないものだろうかと地域が立ち上がり、廃校活用プロジェクトがスタート。

みんなこの風景を見て大きくなった。
これから先の未来に、どんなドラマが待っているんだろうか。

Copyrights