Roots

blog / thinking

私の仕事の大半は九州の地域のお仕事なので、
東京に出張することは年に数回。
そのうえ、上京しても打合せや現場がほとんどなので、
ゆっくり観光なんて時間はほとんどとれない。

でも、時間があったら寄ろうと決めているお店がいくつかある。
その中の1つが、蔵前にある文房具屋さん「カキモリ」だ。
先日の出張では半日ほど時間がつくれたので運良く寄ることができた。

企画の仕事をしているので、ノートやペンはいわば商売道具。
これまであらゆるものを試しては、自分に合ったもの、合わないものを
試行錯誤している。

このカキモリは、他の文房具屋さんとは一線を画す。
ノートの表紙・裏表紙、中の紙、留め具、全てを細分化し、
それぞれ好きな素材・色を選ぶことで、世界に1つだけのノートがつくれるのだ。
しかも、箔押までできるから、プレゼントにも大変喜ばれる。

とにかく楽しい。ワクワクする。没頭してしまう。
目の付け所が面白いし、物が溢れて過ぎてしまっているからこそ、
お店としての付加価値が際立っているように思う。
その場でつくってくれるし、「自分だけのもの」という消費者の心をつかみ、
一気にファンが増えていく。

この日もついつい買いすぎてしまった。
決して安くはない。高い。
でも、店内には若いカップルや女性でごった返しているのだ。
決して価格だけが若い人を惹き付けるのではないことを
このお店は証明してくれる。

お店に飾っているポスターもセンスが良いし、
お店独自で蔵前エリアのマップもつくってる。
買ったお客さんはそのマップを手に取って街に繰り出すから、
まちとの相乗効果も生まれている。

東京の友人に話したら、「蔵前ってどこや」と言われた。
東京の中でもローカルなのだ。
でも、そのお店をめがけて人がわざわざやって来る。

この商品を切り取るセンスと付加価値のつくり方は、
地方の商店街にとって大切なヒントが隠されている。

ちなみに、カキモリでつくったノートは大切にしすぎて、
まだ仕事では使えてないんですが。。。

kakimori

planning_ad

同姓同名の佐藤尚之さんの著書「明日のプランニング」読了。
まさしく「目から鱗」でした。

仕事柄、地域の資源を掘り起こし、磨き上げ、発信し、集客するという
一連のサイクルに関わっていて、冊子やホームページ作ったり、
広告宣伝したりするんですが、ある程度の反響はあっても、
どうも「実感がないなぁ」としっくりこないことが多くて。。。

さとなおさんがしつこく書いていた「情報“砂一”時代」は、
はっとさせられる現実です。そうなんだよな、もう情報が溢れすぎてしまって、
見られる確率なんてほとんどない。人目に触れても、関心がなければ無視される。

その現実をきちんと受け止めた上で、
マスベースとファンベースにきちんと分けてプランニングする重要性は
ぐっと心を掴まれました。

こんなに情報に溢れる時代だからこそ、身近にいる「ファン」を大切にする。
そのファン達から「生きた言葉」で伝わっていく。
そうすれば、時代に流されない、きちんとした価値を提供できる。
商売の原点であり、地方の本質的なことだと私は感じました。

現在お手伝いしている商店街や酒蔵のお仕事の「根っこ」を気づかせてくれました。
特に最後の「ファンベース」のプランニングのあり方は、是非とも商店街や
酒蔵の人たちにも読んでほしいし、共有したいなと思ってます。

さとなおさん、ありがとうございます。

私を育ててくれた街、唐津。

関わってかれこれ8年目。
いま様々な地域のまちづくりに関わらせていただき、
専門的なアドバイスができているのも、
唐津という1つの街で地域にどっぷり浸かり、
現場からの事業提案・実践をさせてもらっているからだ。

毎年お仕事を頂けるだけ本当に幸せなこと。
8年も関わっていたら、唐津の中でも様々な現場に出会い、
人付き合いも増えてきて、いまじゃどの街よりも知り合いがいる。
近所の子供や後輩のように可愛がってくれる。
だから、自分にとってはかけがえのない街なのである。

今年は中心市街地の活性化だけでなく、観光戦略や歴史まちづくり、
景観まちづくり、唐津焼プロジェクト、文化遺産の再生と、
多種多様なプロジェクトが同時並行で動いている。

「唐津は良いものがあるけど、PR下手だ」と言われて久しい。
でも、今年の街の空気はどうも違う。
地域の方々のエネルギーが変わってきてるし、1つになろうという
意識も徐々に芽生えている。

いま、集落の再生をテーマにしたドラマ「ナポレオンの村」が
人気を集めているが、ドラマとは言えど、地方の現状と活性化するための
ポイントをよく捉えているなぁと楽しく拝見している。

でも、地方の現実はそうではないし、スーパースターは要らないと私は
常々思っている。スーパースターがいなくなったら、街は終わってしまうから。
そうではなく、様々な分野・年代で、その街に住んで、想いを持って、自己実現できる
仲間と機運がある街が、私にとっては素敵な街だと思う。

私の役割は、主人公役の唐沢さんになることではない。
自分が街を活性化した中心人物として表に出るというよりは、
「こうしたい」「こんな街にしたい」と地域の人たちの熱い想いを
「見える化」するべく、戦略を立て、企画をつくり、実現化のための
道筋を作るための裏方に徹することなんだと。

歴史に景観に食に文化に・・・他都市がうらやむ資源が既にある。
そこに、住んでいる人たちが本気になる。
これからの唐津をお楽しみに。

karatsuroots

気がつけばもう7月下旬。

7月は公私ともに慌ただしく過ごしています。
上旬に待望の第2子が産まれ、週末には
鹿児島を往復する日々が続いていました。

そして、仕事では企画書・申請書ラッシュの日々。
この7月で8本書いています。
不思議と〆切時期って重なるもんで、先週は活字地獄に陥り、
そんな時に限って出張や打合せが隙間にどんどん入ってきて、
久しぶりに気持ちに余裕のない1週間を過ごしていました。

一人で生業を営んでいると、時間をどう配分するかがとっても
大切だと感じます。そこまで1つのことに悠長に時間をかけれない、
でもきちんと目的を理解して事業を進めて行かないといけません。

常に頭はぐるぐるといろんなことを考えています。
常に不安を感じているからかもしれません。
考えていることが好きなのでこの職業を選び、月に8本書類を
書こうが、なんとか乗り越えられるんだと思います。

その結果がどうなるのかはもちろん気になりますが、
地域やまちづくり団体、企業、店舗さんがやりたいと思うことを、
こういった機会に形にして行くことが私の仕事のスタート。
ご縁をいただき、その想いにいかに花を咲かせるかが
力量を問われるところであり、仕事の醍醐味でもあります。

道標ができたら後は実現に移すのみ。
手段はいくらだってあります。
ということで、今年はあれこれと忙しくなりそうです。

写真は、先日帰省した際に宿泊した、妙見石原荘。
設え、景観、食事、接客ともに素晴らしい旅館でした。

myoken01

myoken02

myoken03

今日は、前職時代から関わらせて頂いている
コンサルタント協会の会合へ。

かなり久しぶりに来たので少々気後れしていたけど、
その不安を吹き飛ばすほど充実した内容だった。

糸島で「農業から世界を変える」という夢を持つ
NPO法人QUILT代表理事の久冨さんがゲストに来て、
自分が糸島で展開しようとする夢を話してくれた。

その話を聞いてとても感銘した。
自分が暮らしたいと思う地域を突き詰めて行くと
地球規模で環境や食の循環を変えて行かないという課題に行き着き、
世界平和と安心安全な社会のためには農業が活性化しないといけないという夢の提案。

話を聞きながら、NYのHIGH LINEのことをまた思い出した。
たった2人の市民の夢から実現したプロジェクト。
アメリカには個人として共感することには支援する文化がある。
でも、様々な利権が取り巻く日本の社会の中では、
いかに自分の理想の社会を描き、実行に移して行くのか・・・

この発想こそが、イノベーションの原点。
マイノリティであっても、その輪が小さくても、
関わる人達の熱が大きければ不可能なことはない。
それは、NYのHIGH LINEをはじめ、世界中で実現していることだから。

コンサルタントの人達とも、その夢の実現策についてかなり議論が白熱した。
リアリティがないと実現しない。でも、夢がないと共感する人さえ生まれないし、
民間サイドの投資も生まれない。結局は、予定調和で終わることが多々ある。

「その夢をいかに実現するか」
地域の人達が感じている本質的な課題を、地域の資源を活用しながら
いかに付加価値を生み出して新たなステージに持って行くか。
それこそが地域づくりに関わる専門家の役割だと私は思います。

がんじがらめの規制から発想してもマイナスなことばっかりで、
新しい価値観やイノベーションなんて生まれるはずがない。
まずは思い描く地域の理想があって、それを実現するためのバリアがあるんだったら、
あらゆる智恵を絞って、仕組みを変えて行く、解釈を変えて行くことこそが
これからの地域活性化には必要なんだと常日頃から感じていることを
久冨さんの話を聞いて再確認できた。

どれだけネット社会が成熟しているからといって、
共感者を全国・世界に増やし、顔の見えない不特定多数から金銭的な支援を得ることは
そんな容易いことではない。地方に人を呼ぶことも同じことだ。

人の心を揺さぶるためには、明快な夢=ビジョンが必要だ。
視察をして成功した「結果」だけを見るのではなく、その背景にあったビジョンと
それを実現した仕組みに目を向けることが大切。
その土壌をいかに地域に根付かせて行けるかが、地域が良くなるかならないかの分かれ目。
あらゆる立場の人達が、その夢の実現に向けて頭をフル回転させて協力することが、
地域活性化の本質なんだと思います。

NYのHIGH LINE.たった2人の市民の夢から実現した軌道敷の公園。

NYのHIGH LINE.たった2人の市民の夢から実現した軌道敷の公園。

Copyrights