Roots

blog / trip

柔らかな日差しが入り込み、ACE HOTELで迎える気持ちの良い朝。
少々寝不足ではあるが、滞在時間が限られているからモチベーションは高い。

ホテルの1階のロビーは簡単な朝食や珈琲を楽しむ旅行者でいっぱいだ。
ロビーから繋がっているSTAMPTOWN COFFEEへ。
通勤前に立ち寄る地元民がぞろぞろとやってくる。
ホテルの横にこういったスタンド式のコーヒーショップがあるのは良い。
朝の始まりにはもってこいだ。

STAMPTOWN COFFEEでモーニング。

STAMPTOWN COFFEEでモーニング。

今日の工程をチェック。今日は都市再生の中心エリアとなっているパールディストリクト、
オールドタウン、ウォーターフロントを巡る。ポートランドには路面電車やバスが充実
しているが、天気も良いのでホテルでレンタルサイクルをピックアップしていざまちへ!
ホテル前には自転車置き場が設置されているが、その自転車置き場がとってもシンプルだ。
日本みたく仰々しくしないでもこういったシンプルなデザインだったら、
自転車都市の福岡でも十分に台数を確保できそうな気がする・・・

自転車置き場とカラー舗装

自転車置き場とカラー舗装

最初の目的地は、「POWELL’S BOOKS」。
ポートランドは大手資本に頼らず、独自に文化や店舗を生み出すのが特徴的だ。
その象徴となるのが、ポートランド発の本屋さんである「POWELL’S BOOKS」。
ポートランドにまつわる書籍やZINEの品揃えも豊富で、
地元・観光客のプラットフォームになっているようだ。

ACE HOTELからは2ブロックほどの距離にあり、歩いてもいける。
だが目にした光景に驚く。「ん?工事中?」
立ち入り禁止になっていて、中は工事業者さんでいっぱいだ。
「まさか改装中?」中をじろじろと覗く我々を無視して、工事は淡々と進んでいる。

工事中のPOWELL'S BOOKS

工事中のPOWELL’S BOOKS

幸先が悪すぎる。。。意気消沈し、唖然としたまま前を進む。
さてどうしようか。考える余裕すら奪われていたところに、
またまた「POWELL’S BOOKS」が。

移転後のPOWELL'S BOOKSの外観

移転後のPOWELL’S BOOKSの外観

どうやらすぐ先に移転したみたいで、目撃した工事現場は解体していたのだった。
テンションが再びMAXに。体に悪い、こんな急展開。

「POWELL’S BOOKS」の中に入る。まだ早い時間なので、お客さんもぼちぼち。
テーマ毎にエリアが区切られていて、3階までぎっしりと知的好奇心が詰まっている。
早速、ポートランドのZINEや地図、PHOTO BOOKを探す。
キッズコーナーも充実していて、家族で来ても1日ゆっくり過ごすことができそうだ。
2時間くらいはいただろうか。たくさんの書籍やZINEを買い込んだ。

POWELL'S BOOKSの内観

POWELL’S BOOKSの内観

旅の情報も収集し、準備万端。
自転車に乗って、市街地の玄関口となっているWillamette Riverを目指す。

Willamette River

Willamette River

ポートランドは橋の街と言われていて、Willamette Riverにはたくさんの個性的な
橋が架けられている。最初に目指したBurnside Bridgeは空港から市街地へ向かう
MAXの通り道でもあり、シンボル的な橋となっている。
写真右側の「Portland Oregon」の看板は、この街のランドマーク。

Burnside Bridgeから市街地を望む

Burnside Bridgeから市街地を望む

Burnside Bridgeの橋上で川をのんびり眺めていると、対岸に散策路を発見。
地元民が自転車やランニングをしながら、ウォーターフロントライフを満喫している。

Willamette River沿いに整備された歩行者専用道

Willamette River沿いに整備された歩行者専用道

散策路のデザインはともかくとして、広大な水面にここまで近づくことができたら、
「親水性」という実感は確実に生まれてくる。
子連れのお母さんだって、水辺に抱かれた豊かな生活を楽しみたいんだ。

Burnside Bridgeの下をくぐって北上すると、Steel Bridgeへ到着。
橋上は自動車やバスが走り、橋下は歩行者専用道になっている。
こんなところにも、都市生活を楽しんでほしいという「生活者」の視点が
取り入れられている。福岡の都市高速の下も、オーシャンビューを楽しみながら
通行する工夫があれば、もっともっと水辺都市としての魅力が生きてくると思うんですが。

Steel Bridgeの下には歩行者専用道が整備されている。

Steel Bridgeの下には歩行者専用道が整備されている。

再び対岸へと渡り、川沿いに整備されたウォーターフロントパークへ。
このウォーターフロントパークは、南北方向に途切れなく整備されていて、
歩行者・自転車はゆっくり川沿いを散策できるほか、芝生で寝そべることもできる。
こういう「お金に価値換算できない」都市の質を高める公共投資が、
都市間競争を勝ち抜くための戦略になるでしょう。学ぶべき部分は多い。

ウォーターフロントパーク

ウォーターフロントパーク

ポートランドは平地なので、自転車にはうってつけの街。
自転車産業が盛んなことも納得がいく。
気がつけば、OLDTOWNまで来ていた。
OLDTOWNに入り、偶然見つけたオイスターバーで昼食をとる。
このオイスターバーも生誕100年以上。
こうした個店の歴史が、まちに彩りをもたらす。

オイスターバーDAN&LOUIS

オイスターバーDAN&LOUIS

気温はゆうに30度を越えているが、日本と違って湿度がなくからっとしている。
全然汗をかかない。昼からのサイクリングのテーマは、公園巡り。
お目当ての公園を目指して、NAITO Parkwayを北上する。

いつの旅もそうであるが、ガイドブックには載っていない見知らぬ地を練り歩くことも
旅の醍醐味の1つだ。Union Station裏の道路沿いには木造倉庫を再利用した施設もあり、
自分だけが発見したようでなんだか嬉しくなる。

空き倉庫の活用

空き倉庫の活用

そういえば、もともと予約しようとしていたホテルはこの辺だったんだ。
自転車や徒歩で街を巡ると、少しずつまちの輪郭が見えてくる。
NW Lovejoy Stにさしかかると、町並みがきれいに整備された再開発エリアに突入する。

歩道がウッドデッキに変わったところで、お目当ての公園「Tanner Spring Parks」
に到着。

Tanner Spring Parks沿いにかかる橋

Tanner Spring Parks沿いにかかる橋

公園の周囲には、再開発のビルやマンションが建ち並ぶ。
その中に、環境共生型の公園ができている。なにか生物でもいるんだろうか。
子供を連れて茂みの中を探検するお父さんの姿も。

Tanner Spring Parksの内部

Tanner Spring Parksの内部

もう少し北上すると、一面芝生で覆われた開放的な公園を発見。
ポートランドは空が青い!広い!寝そべりたくなる。
こんな公園が近所にあったらとつくづく思う。

開放感のあるThe Fields Neighborhood Park

開放感のあるThe Fields Neighborhood Park

公園シリーズの締めくくりは、Jamison Square Park。
Tanner Spring Parkを南下したところにある。

Jamison Square Park

Jamison Square Park

家族連れが水遊びをしているところに遭遇。
こんな姿は世界のどこも同じ。
子育てしやすく、子供の創造性を育む環境が大切だ。

Jamison Square Parkで水遊び

Jamison Square Parkで水遊び

公園からさらに南下すると、歴史的建造物を改修したナチュラルキャピタルセンターが
現れる。このセンターは、単なるリノベーション施設ではなく、環境保護活動に取組む
事務所やショップがテナントとして入居しているのが特徴的だ。

ナチュラルキャピタルセンターの外観

ナチュラルキャピタルセンターの外観

日本でも馴染みの深いPatagoniaも入居している。

ナチュラルキャピタルセンターの内観

ナチュラルキャピタルセンターの内観

建物の玄関には、「DONORS」と記載された看板があった。
建物改修に向けた寄付者だろう。センスが良い。
寄付した人もこれを見れば嬉しいに違いない(と自分だったら思う)。

ナチュラルキャピタルセンターの玄関に設置された看板

ナチュラルキャピタルセンターの玄関に設置された看板

一旦荷物をACE HOTELに置いて、今回の旅の視察目的の1つである飲食店巡りへ。
初日の夜の目的地は、South Eastエリアに位置する創作料理の「LE PEGION」だ。
South Eastへは、MAX Light RailとStreetcarを乗り継いでいく。
これがなかなかスムーズにいかない。乗り継いでStreetcarが来るまでに、
30分以上も待った。60万都市ならもう少し本数があっても良い気がするが・・・

MAX Light RailとStreetcarでSouth Eastへ

MAX Light RailとStreetcarでSouth Eastへ

最寄の駅で降りて歩くこと5分。
お目当ての「LE PEGION」はあった。
すでにたくさんのお客さんで賑わっている。

このお店の面白いところは、お店が狭いせいか、
テーブルがロングテーブルになっていて、隣との距離感が非常に近い。
私達の座った席の隣には、地元の常連カップルが既に食事を楽しんでいた。
お客さんがひっきりなしにやってくる。質の高い食事もそうだが、
きっとこの「上質な食事のひととき」がお店にとって大切なんだと思う。
空間やサービス、居心地を含めた「時間」を消費に繋げていく。

LE PIGEON

LE PIGEON

2件目は、歩いて10分ほどの距離にある和食レストラン「BIWA Restaurant」へ。
唐津の人気カフェcaffe Lunaに偶然BIWAのオーナーが訪ねてきたみたいで、
紹介してもらって訪ねた。

テラス席には既に食事を楽しむお客さんでいっぱいだ(この明るさで20時すぎです)。
焼き鳥をメインに、日本食をうまくアレンジした料理を提供している。
ちなみに、焼酎は16$、日本酒にあっては30$。
日本の食文化が紹介されるのはとっても嬉しいことだけど、あまりの値段のギャップに
ちょっと違和感を感じた(もともと焼酎は、庶民的で安いSAKEなんですよ。。。)

BIWA restaurant

BIWA restaurant

2日目は、朝から晩までたっぷりとポートランドの空気を満喫した。

3日目は、近年若者文化で脚光を浴びるNorth Eastへ。

ポートランドへ行く渡米前、
仕事でご迷惑をおかけする方々や知人・友人に旅の連絡する中で、
「なんでポートランドなの?」というお声をたくさんいただきました。

NY、ロス、サンフランシスコ、シカゴ、サンディエゴ、・・・
アメリカには特徴的な街がたくさんあるにもかかわらずに、
耳慣れない街の名前を聞いてそう思ったのでしょう。

私も1年前までは知りませんでした。
前回投稿したように1冊の本との出会いが始まりでした。
古い倉庫を再生し、若いクリエイターや起業家がそこを拠点に
居場所をつくっていく。その動きに感化されるように、
全米から多くの若者が移住してくる。大手の資本に頼らずに、
地元発のコーヒーショップ、本屋、アーティストと、
独自のクリエイティブを発信している。
いまや全米で、若者の力を活かした都市再生のモデルに
なっているのだという。

素直に行ってみたい、観てみたいと思ったのです。
行けるとしたら、盆前しかない。
育休中のかみさんに話をすると、「私も是非行きたい!」とのこと。
かみさんも広告屋の端くれだから、私の話を聞き本を読んで、
心がざわついたんでしょう。
だったら、預けるところもないし、
0歳の息子も連れて行って、世界に触れさせよう。
そんなこんなから急遽、家族3人でのポートランドツアーが決まりました。

豪勢な旅はできないけど、子供がいるので機内の快適性は必要だと
フライトを色々と調べ、初めてJAL国際線に乗ることに。
福岡→成田→サンフランシスコ→ポートランドと2回乗り継いで行きました。

サンフランシスコの空港で入国審査をする際、
目的地をポートランドと伝えると、
「なんでポートランドなんだ?」とあれこれ質問攻めにあって大変でした。
審査官は「君の求めているものは全てサンフランシスコにあるじゃないか」と
自分の住む町を素通りする日本人のことが理解できなかったのでしょう。

確かに。私達もサンフランシスコに立ち寄るかどうかをかなり悩みました。
これまでの旅は、綿密に計画を立てて、行きたいまち・観たいところを精力的に
回ることが多かったのですが、今回は0歳の息子がいる旅なので、
いつもの半分くらいのペースでゆっくり見て回る計画づくりを考え、
ポートランド1都市に絞ることにしたのです。

サンフランシスコは、坂の街、みなとまち、美食の街として有名ですよね。
次回の渡米では必ず行ってみたいまちです。
トランジットで見えた束の間の風景は奇麗でした。
(結果的に子供は泣くこともほとんどなく、予想以上にスムーズに回ること
 ができ、サンフランシスコも行けたんではと少々後悔の念もありますが・・・)

サンフランシスコ国際空港からの景色

サンフランシスコ国際空港からの景色

サンフランシスコから2時間ほどでポートランドへ到着です。
この時期は昼の時間がとても長く、フライトの20時30分でも上の写真の明るさです。

ポートランド国際空港、通称PDXに到着したのが22時30分前。
滞在期間中の前半戦に宿泊するまちなかエリア(パールディストリクト)のACE HOTELを
目指します。空港からまちなかへはMAX LIGHTTRAILという路面電車が走っていて、
ストリートカー(路面電車)、バスにも使える1週間PASSを購入して乗車。
このPASSが本当に大活躍でした!行かれた際には必ず購入されることをオススメします。

空港と市街地を繋ぐポートランド版路面電車、MAX LIGHTTRAIL

空港と市街地を繋ぐポートランド版路面電車、MAX LIGHTTRAIL

路面電車に揺られること40分、最寄りの駅に到着。
そこから歩いて10分のところに、「ACE HOTEL」はあるのです。
このホテルに泊まることも、旅の大きな目的の1つでした。
インテリアや家具のデザインにこだわり、地元アーティストが手がける
部屋は1部屋ずつ違うというこだわりよう。
ポートランド発祥でいまや全米に展開し始める人気のブティックホテル。

ホテルのロビーの風景はあまりにも有名で、
MACを広げたり、STAMPTOWN COFFEEのコーヒーを飲んだり、会話したりと、
世界中の旅行者のたまり場・交流空間になっているのです。
その両端には、地元で大人気のレストラン「CLYDE COMMON」と
コーヒーショップ「STAMPTOWN COFFEE」が入っていて、
地元・観光客が分け隔てなくわいわいと楽しんでいます。
このACE HOTELの1階全体がまちのリビング、そんな印象です。

チェックインしたのが、夜の23時30分。
CLYDE COMMONにラストオーダーぎりぎりに滑り込んで
地元のクラフトビールで旅の疲れを癒し、
念願のACE HOTELの空間に思う存分に身を委ね、
2日目からの旅に思いを馳せながら就寝しました。
(子供の時差ぼけでほとんど寝れませんでしたが・・・)

いよいよ本格的な旅が始まります。

ACE HOTELの内観。壁面は地元のアーティストが手がけた。

ACE HOTELの内観。壁面は地元のアーティストが手がけた。

ACE HOTELの内観。1部屋ずつデザインが違うのも、人気な理由の1つだ。

ACE HOTELの内観。1部屋ずつデザインが違うのも、人気な理由の1つだ。

ACE HOTELのロビー。

ACE HOTELのロビー。

ACE HOTEL外観。1FにはCLYDE COMMONやSTAMPTOWN COFFEEなどの人気店が入居。

ACE HOTEL外観。1FにはCLYDE COMMONやSTAMPTOWN COFFEEなどの人気店が入居。

ACE HOTELの看板。

ACE HOTELの看板。

portland

1年ほど前、D&Department FUKUOKAで何気なく購入した
書籍「Green Neighborhood」を読んでから、
ずっとずっと気になっている街がある。
アメリカ西海岸に位置するPortland。

全米で若者が住みたい街No.1、美食の街、環境や人に優しい街・・・
若者クリエイターの移住・起業が進み、魅力的な飲食店やアトリエ、
水辺、公園がつくられ、まちなかではファーマーズマーケットや
ファーストサーズディー(アートイベント)などのイベントが定期的に開催され、
暮らしている若者がいきいきしているという。

私がお手伝いする街や日本全国の地方都市では、
まちの魅力をつくる担い手である若者の確保に頭を悩ましている。
その日本の大きな課題を克服し活気を呼び戻したPortlandとは
一体どんな街なんだろう。

日に日に気になってくる。「TRUE PORTLAND」という書籍を買ってみたら、
ますます興味が湧いてくる。ポートランドのことをいろんな人に話してみたら、
「自分も気になって行きたいと思っている」とか「とても素敵な街だよ」とか、
さらに好奇心に追い打ちをかけてくる。

もうこの際、行ってこい!!!
ということで、現在進行中の仕事の予定をあれこれと調整し、
7月中旬に1週間Portlandへ。

「この街移住進んでますよ」「若者増えてますよ」って、
書籍で書いていることをいくら伝えても説得力は生まれない。
自分で自腹切って現地に行き、まちの空気を感じ、消費し、暮らす人との
会話を重ねることで、自分の体験としてその街のことを記憶したい。

私の仕事は「百聞は一見に如かず」の世界。
たくさんの知識より、その土地に出向き、会話を交わし、
空気を感じ取ることが何より大切だ。

現地で案内してくれる人も見つかりそうだし、
いまから視察準備でわくわくしている。

仕事関係の皆様には本当にご迷惑おかけします。
現地での体験をしっかりと目に心に刻み、
今後お手伝いする地域づくりのヒントを掴んできます。

独立するとなかなか休む時間もつくれない。
下手すると、一年中放電しっぱなしになってしまう。
だからこそ、こうして“意識的に”時間をつくり、
海外の街を訪れ、視野を広げ、感性を開放し、
いろんなまちの肌感覚を“充電”しておきたい。

先日、高校時代の友人を訪ねて上海に行った。
これまでどうしても足が向かなかった中国だが、
自ら行かずして中国のことを語ることはできない。
良い機会だと思って。

上海の人口は約2,400万人。東京の1.8倍ほどの人口だ。
さぞや人で溢れかえっているのだろうと、少々憂鬱な気持ちを
抱えて降り立った。

期間中に滞在させてもらった高校時代の友人の自宅は、
閑静な高級住宅街であり、景観もサービスも行き届いている。
私のイメージする中国のイメージではないとてもクリーンな印象だ。

一日目の夜は「新天地」という若者・観光客が集まるエリアで
中華を食べて休息。
旅をするときは、あれやこれやと調べては毎日みっちりとプランをつくる
方だが、今回の旅は全て上海在住の友人にお任せ。
気分的にはらくだし、全くの予備知識がない分、どんな場所に連れてって
くれるのかワクワクしていた。

2日目。建築やデザイン、アートが見たいとだけ伝えていたので、
まず連れて行ってくれたのは中心地より少し離れた場所にある「半島1919」。
工場をリノベーションして、アトリエやデザインオフィス、デザインセンターが
集積するエリアだ。基本そのままの外観を活かしているところが良かった。

syanhai_roots01

半島1919

中国語がぺらぺらな友人にお願いして、アトリエにいた若い陶芸家に話しかけ、
どんな作風なのか、この場所の特徴、彼の想い、いろいろと語ってくれた。
とても真面目な感じの作家さんだった。辺りをぐるっと回っていると面白い建物が。
このエリア一帯の拠点となっている芸術設計センターだ。

syanhai_roots02

半島1919 センター

次に訪ねたのは、同じく工場を再生したアートスポット「M50ギャラリー街」。
ここは半島1919よりも凝縮していて、建物の各部屋には陶芸、絵画、現代アート等の
アーティストが制作活動をしていて見れるのが面白い。
英語が通じないので、交流ができないのが少々残念であった。

syanhai_roots03

M50ギャラリー街

次なる目的地へぶらぶらと歩いていると、よく目にしたのがアパートの外に
棒を延ばして洗濯物を干す風景。日本では当たり前だが、上海にはベランダというものが
ほとんどない。となると、こうやって干すしかないんだろう。
ヨーロッパのした街でもよく目にした風景だが、上海ではより生活感がにじみ出ている。

syanhai_roots04

上海の日常の暮らし(その1)

中心部へと戻って訪れたのが「田子坊」。
古い建物が残っている狭い路地空間一帯がちょっとした観光地になっているスポット。
狭い路地の両側には、お土産屋さんや飲食店がずらっと並び、
アジア・欧米の観光客でごった返している。

syanhai_roots05

田子坊の風景

私はどちらかというと「つくられた」観光スポットにはあまり興味が
惹かれない方で、生活臭漂う場所を好んで訪れる。
旅先で必ずと言っていいほど足を運ぶのが市場だ。
田子坊にも市場があった。
野菜や海産物が並べられ、買い物客もほとんどが地元の人だ。
上海の暮らしを垣間みれる。

syanhai_roots06

田子坊の市場

あとは、田子坊の路地の中で広場になっているところで、
昼間からビールやワインを飲んで友人と話し込んでいた。
夕方からはもう一人友人が合流して上海料理を満喫。
とても充実した1日であった。

翌日は少々二日酔いの残しながら、中心地から1時間ほどのところにあるスポットへ。
任せすぎたせいか、駅名やスポット名をあまり覚えていない・・・
最初に訪れたのは、書家や画家、詩人として活躍した地元のクリエイター李さんの
庭園へ。

syanhai_roots07

書家・画家李さんの庭園

中国の庭園は、日本の庭園よりも垂直性が強い気がした。
描いているのは、李さんの絵にもあった山の風景だろうか。

ここには、田子坊と同じような、よりローカル色の強い買い物ロードがあった。
決して衛生上奇麗とは言えないが、地元観光客がほとんどで、
等身大の上海を象徴する場所である。

syanhai_roots08

上海ローカルの観光地

syanhai_roots09

道ばたで売られていたキムチ

その後、辺りのお寺・庭園を鑑賞し、次なる目的地「19参Ⅲ」へ。
ここはもともと食肉工場だったところを商業文化複合施設として再生。

syanhai_roots10

19参Ⅲ(1933)老場坊 外観

建物は当時のまま活かしていて、牛舎や牛の道がそのまま残っている。
建物だけでも十分見応えのあるところ。
強いて言えば、当時どういった使われ方がしていたのかを写真で展示していると
もっと面白いなーと友人と話していた。

syanhai_roots11

19参Ⅲ(1933)老場坊 内観

屋上からは上海の風景が一望できる。
遠くには、上海の経済成長を象徴する高層マンションが建ち並んでいるが、
足下には古びた建物の等身大の暮らしが根付いている。

syanhai_roots12

19参Ⅲ(1933)老場坊 屋上からの眺め

足下の暮らしの風景をなぞってみる。
いかにも壊れそうなバイクを駆使し、家の前の路上では洗濯や食事、
昼寝、会話、子供達の遊び。みちが暮らしの交流空間なのだ。
かつて日本にもあった、じゃりんこちえの下町の世界。
いつかは高層マンションに暮らしたい、下町に暮らす人はそう夢を
描いているのだろうか。

syanhai_roots13

上海の日常の暮らし(その2)

旅のクライマックスは、上海観光のド定番の川沿いの夜景スポット。
どこにいたのだと言わんばかりの観光客の数。。。
到着すると同時に対岸の建物がライトアップ。
クラシックな建物も並んでいて、中国とは思えない。

syanhai_roots14

ド定番の夜景

最後は、この夜景が見渡せる絶景のBARでしっぽり飲んで上海旅は終了した。
料理が美味しかったことはもちろんのこと、リノベーション事例をたくさん
見れたのは収穫だった。そして何よりも、華やかな上海の一面だけでなく、
贅沢ではない等身大の暮らしを覗き、光と陰ではないが
その対比を目の当たりにしたことが一番印象に残っている。

一部の人たちの上海ではない、みんなの上海だ。

3連休中は東京へ出張。

大都会東京にも、
息づく暮らし、重層された街の匂いを感じとれる
ローカルがしっかりと根付いている。

roots_tokyo01

おばあちゃんの聖地、巣鴨商店街。

roots_tokyo04

吉祥寺駅前の路地裏。

roots_tokyo05

吉祥寺の路地裏には、お店を発見する楽しみがある。

roots_tokyo06

井の頭公園

roots_tokyo07

軒先八百屋

roots_tokyo08

築地場外市場

Copyrights