Roots

blog / trip

「行きつけの店」。

それが、山口瞳にとっての鉢巻岡田やサンボアのように、
その店に行くためにわざわざ泊まりにいったり、その地にいるときは毎日のように
通ったりする店と定義するなら、私にとってはまだそんなお店ないのかもしれない。

でも、これから「行きつけのお店」をつくっていくとすれば、
大分市にある「方寸」は間違いなくリストの中に入るだろう。
ここ数年に行った飲食店の中で、ここまでに五感を刺激され、
食べることの感動をおぼえたお店はない。

週末、その「方寸」の感動と素敵なBOSS・久垣さんに再会するため、
わざわざ大分へ向かいそして泊まった。

一度方寸の魔法にかかってしまった私にとっては、
お店の人には申し訳ないけど、お客さんがいない方寸が好きだ。
なぜなら、方寸の空間、料理、会話、全てを独り占めできるからだ。
それくらいゆっくりと味わいたいお店なのである。

方寸の料理は、五感で楽しむことが考え抜かれている。
料理の美味しさはもちろんのこと、BOSSが厳選する器と盛りつけ、
色味、意外な食材の組み合わせ、全てに一切の妥協がない。

次はどんな料理が出てくるのかずっとわくわくしている。
一品一品に笑顔が溢れ、会話が生まれる。
かつてスローフードジャパンの石田さんがおっしゃっていたが、
方寸の料理は、「食の喜びを分かち合う」スローフードの目的に
叶ったお店なのだ。

方寸の極上の料理は、豊かな感性を持つBOSSと料理人の久垣さんが
いて生まれる。世界一予約が取れないと騒がれたバルセロナのエルブリは、
半年間営業し、半年間は翌年の新メニューのための研究・開発期間に充てられる
らしいが、エルブリのドキュメンタリー映画を見て、日本版のエルブリは
まさに方寸だと勝手ながらに思っている。

方寸の感性豊かな料理とBOSS、久垣さんに出会うと、ついつい時間を忘れてしまう。
昨夜も気づけば午前様であった。

たったひとつ、「行きつけのお店」と会いにいく人がいれば、
そこは立派な旅先になるんだと私は思っている。
つまり、私にとって方寸=大分市は度々訪れる旅先になったのである。

roots_housun02

ジョージナカシマの家具で彩られたカウンター

roots_housun01

関のイサキの姿造りと関アジ

roots_housun03

えびしんじょうのごまパン

roots_housun04

テリーヌと生ハム、ポテト

roots_housun06

茄子と鰯のミルフィーユ

roots_housun08

無花果の白和え

ゴールデンウィークは、打合せを兼ねて雲仙の小浜温泉へ。
いつもはレンタカーを借りて高速で行くのだが、このときは
バカンス気分に便乗して天草から島鉄フェリーで行くことに。

 

完全なリサーチ不足でした。こんなにも道が混んでいるなんて。
天草に入ってから鬼池港に着くまでに4時間、鬼池港でフェリーに乗る
までなんと3時間。。。周囲の車両ナンバーをみると、関西からの観光客が
多く、この時期はハウステンボス行きの観光客で大混雑しているようだ。

 

でも、待ち時間に出会った天草の暮らしの風景はのどかで気持ちがよく、
フェリーから夕陽もみれたことで疲れも吹き飛んだ。
オフシーズンにこれば、とっても豊かな時間が過ごせそうだ。新たな発見。

roots_天草

roots_天草

roots_天草

小浜温泉には毎年数回訪れている。
STUDIO SHIROTANIの城谷耕生さんに会うために。
小浜温泉を拠点にしながら、世界を相手に仕事する世界的なデザイナーであり、
城谷さんのお人柄、素敵な事務所、新鮮な海産物、豊かな温泉と景観にすっかり惚れ込み、
いまではすっかり小浜ファンだ。

roots_小浜温泉

roots_小浜温泉

roots_小浜温泉

この日の夜は、城谷さんご推薦の海鮮居酒屋で絶品を味わいながら、
とあるプロジェクトのこと、独立のご挨拶、小浜での取り組みについてお話をした。
城谷さんの仕事は、良い意味で境界がなくて、自分のスタンスをしっかり持ちながら、
地域や社会の課題と向き合っている。お会いするたびに、たくさんの刺激をいただく。

 

最近取り組まれているのが、「刈水エコビレッジ構想」。
過疎化が進む小浜温泉の刈水地区の地域資源を、観光的な目線からリデザインして、
活性化を図ろうというのが狙いだ。そのリーディングプロジェクトが、古民家を改築した
ショップ&カフェの「刈水庵」。

 

翌日、小浜温泉の中腹の生活道路を辿っていくと、刈水庵のサインが出てくる。
生活道路は地元の子供たちの遊び場だ。
こんな光景、今ではあまりみなくなったが、ここ刈水地区はゆっくりと変わらない時間が
流れているのである。

roots_小浜温泉

roots_小浜温泉

刈水庵の近くにある古民家では、デザインマーケットが開かれていた。
食器や雑貨、洋服が、建物や敷地の中に並べられていて、若い人たちがやってくる。
写真にあるキューブは、象印のBARセット。昔の象印はとてもデザインに力を入れて、
こんなものをつくっていたみたい。その時代の思想やライフスタイルがわかり、昔の
デザインをみるのは面白い。いまなら果たして売れるだろうか・・・

roots_小浜温泉

roots_小浜温泉

もう少し道を上ると、お目当ての刈水庵に到着。
当時の古民家の佇まいがそのまま残っている。
お金をかけずに建物を生き返らせるには、風と光を通し、そのまま使うのが一番だ。
最小限のリノベーションに留めて再生したと城谷さんに伺った。

roots_小浜温泉

1Fはデザイン小物のショップ、2Fはカフェ。
1Fでは、市場に出ないキズものが売られていて、市販のものより値段が安い。
でも、その違いは素人にはわからない。捨てられるなんてもったいない。
城谷さんのものづくりへの姿勢が感じられる。丼もののボウルを2つ購入。

 

2Fのカフェは、小浜温泉の市街地が一望できるとっておきのスポット。
友達のお家に来るように、近所の人や観光客がぞろぞろとやってくる。
とっても居心地の良い空間。

roots_小浜温泉

roots_小浜温泉

roots_小浜温泉

全国各地に、役割を終えて取り残されている古い建物がある。
「古い建物は、単なる遺産ではなくて、個人の記憶そのものである」
以前唐津でご講演いただいた建築家の藤森照信先生の言葉がいまも心に響いている。

 

建物は、時代を超えて、人の記憶を繋いでいく装置である。
いまの時代に合うように使い方を考え、無理のないやり方で、ひとつでも多くの建物が
息を吹き返せるように。そのヒントを、刈水庵に学ぶことができた。

Copyrights