Roots

works

Karatsu Symposium ( 2013 )

  • 唐津の観光とデザインを考えるシンポジウム/
  • 佐賀県唐津市/
  • 戦略立案、事業プロデュース・渉外・監修/いきいき唐津(株)
roots_唐津の観光とデザインを考えるシンポジウム001

唐津の観光とデザインを考えるシンポジウム_ポスター

roots_唐津の観光とデザインを考えるシンポジウム002

唐津の観光とデザインを考えるシンポジウム_基調講演

roots_唐津の観光とデザインを考えるシンポジウム003

唐津の観光とデザインを考えるシンポジウム_基調講演

roots_唐津の観光とデザインを考えるシンポジウム004

唐津の観光とデザインを考えるシンポジウム_パネルディスカッション

観光=その土地にしかない光を観ること。観光をそう定義すれば、唐津の暮らしや生業によって形成された風景もその土地にしかない光となる。また、その土地で出会ったパッケージや建物、フリーペーパーなどのデザインは、その土地の特色や旅情をさらに引き立ててくれる。団体旅行から個人旅行へと観光ニーズがシフトする中で、唐津の豊かな風景とデザインを掛け合わせることで、これからの新しい観光のあり方を考えられないか。唐津観光の未来について市民や旅行者と一緒に考える機会として、「唐津の観光とデザインを考えるシンポジウム」を企画した。
ゲストにお招きしたのは、唐津と同じく地方都市に身を置き、豊かな風景や文化を活かしたローカルデザイン、観光に取り組むお二人。長野県小布施市の枡一市村酒造場取締役のセーラ・マリ・カミングス氏と、「ニッポンの風景をつくりなおせ」を執筆しデザインの力で日本の農村・漁村の風景を再生する梅原真氏である。お二方には、半日唐津の風景や文化、人に触れていただいたうえで、基調講演をいただいた。その後、九州大学の樋口准教授と呼子のイカ料理を提供する上場商工会の古賀会長を交え、唐津の観光のあり方についてパネルディスカッションを行った。
シンポジウムを通じて、多くの来場者とともに、唐津の豊かさと進むべき唐津観光の方向性について共有することができた。

works

Mikawachi Tourism Planning
三川内エリア受入拠点整備基本構想計画策定 . 2016

Tawaragaura Peninsula Tourism Monitor
俵ヶ浦半島観光モニターツアー定性調査 . 2016

Takaharu PR MAP
高原町PRマップ制作 . 2016

Emukae Town Planning
江迎まちづくり計画策定 . 2016

Tawaragaura Peninsula Revitalization Project
俵ヶ浦半島活性化プロジェクト . 佐世保市俵ヶ浦半島

Karatsu Town Management
唐津市中心市街地活性化協議会タウンマネージャー . 2012-2016
Copyrights