Roots

works

Tawaragaura Heritage Trail ( 平成25年度 )

  • 俵ヶ浦町歴史遺産トレイルプロジェクト/
  • 長崎県佐世保市/
  • ワークショップ開催支援、トレイルのコンセプト立案、マップのクリエイティブディレクション
sasebotrail_010

小首砲台跡

sasebotrail_002

ゆったりした時間が流れる俵ヶ浦町

sasebotrail_001

丸出山観測所展望台から見える九十九島の絶景

sasebotrail_007

畑の緑、海のブルーによる絶妙なコントラスト

sasebotrail_009

海岸線の風景。遠くには針生無線塔が見える。

sasebotrail_003

地元の方々と手作りで制作した案内サイン

地元の子供や米軍さん、自衛隊の方々もボランティアで参加したサイン設置

地元の子供や米軍さん、自衛隊の方々もボランティアで参加したサイン設置

トレイルマップ表紙

トレイルマップ表紙

ロングトレイルコース

ロングトレイルコース

歴史遺産トレイルコース

歴史遺産トレイルコース

長崎県佐世保市には豊かな歴史遺産、自然資源がある。
軍港としての歴史に加え、九十九島の絶景の自然を有するエリア、
それが佐世保市中心地から30分ほどに立地する俵ヶ浦半島だ。

 

俵ヶ浦半島の先端に位置する俵ヶ浦町。
真珠養殖で栄えた亀の子島や時間・四季で表情を変える九十九島の風景、
海の恵みを象徴する新鮮な九十九島牡蠣、そして丸出山観測所や野首砲台跡を
はじめとする軍事遺産の数々。

 

佐世保バーガーやアメリカン、元気な商店街として有名な佐世保の中では
まだあまり知られていない豊かな地域である。
この俵ヶ浦町において、密かに人気を博していたトレッキングをきっかけに、
地元住民と一緒にまちの未来を考えようと動き出したのがこのプロジェクト。

 

佐世保観光コンベンション協会が発注元、九州大学景観研究室がワークショップ
の運営とサインづくり、そしてRootsがトレイルのコンセプトやマップづくりを
支援するというチームで進めて行った。

 

まずは地元のまち自慢から始めると、地元の方々から活発な意見が
飛び出した。住んでいる地元に、誇りに思う資源や場所があることは
とっても大切なことだ。熱心な地元の方々のおかげで、プロジェクトは
とっても盛り上がり、俵ヶ浦町トレイルのキーワードを「歴史遺産」に
決定した。

 

佐世保のルーツとも言える港の歴史を伝える遺産が往時のまま残っている
のはとても貴重であり、地元の方々もその財産を活かして行きたいと
願っている。その歴史遺産へのルートはまだ完全に整備されていないが、
近い将来、地元の方々の手で、きっとトレイル整備は進んで行くだろう。

 

サインもマップも全て、地元の方々の想いが詰まった手作りだ。
お弁当を持って、ゆっくりと、佐世保のルーツを楽しんで欲しい。
俵ヶ浦は、豊かな町だ。

 

CL/(公財)佐世保観光コンベンション協会、九州大学景観研究室
CD/Roots 佐藤 直之
AD/NO PLANNING株式会社 岡部信義
D/深澤デザイン 深沢博之、深沢里子、NO PLANNING株式会社 田代理沙
コーディネーター/富田 柚香子

works

Higashisonogi Tourism Revitalization
東彼杵町観光まちづくりプロジェクト . 2017年度〜

Tawaragaura Peninsula Revitalization Project
俵ヶ浦半島活性化プロジェクト . 2017年度〜

Karatsu Commercial Revitalization
唐津市商業活性化プロデュース . 2017

Tawaragaura Closed-school Revitalization
俵ヶ浦半島廃校利活用計画 . 2017

Karatsu Cultural Promotion
唐津文化遺産の日プロジェクト . 2017年度〜

Takaharu life Promotion
高原町移住支援パンフレット . 2017
Copyrights