Roots

blog

怒濤の年度末もいよいよ終盤を迎えます。

独立1年目にして、本当に色々なプロジェクトに関わらせていただきました。
つくづく、人とのご縁が仕事に繋がっているなぁと感じます。

そのプロジェクトの1つ、佐世保の俵ヶ浦町のトレイルサイン&マップづくり。
私の恩師の研究室とともに関わらせていただきました。

熱心な地元の方々と、毎回熱い議論を交わしながら、
地元のお母さん達がいつもつくっていただく美味しいご飯と豊かな風景に癒されながら、
俵ヶ浦町ならではのトレイルコース「歴史遺産トレイル」ができました。

サインは九大チームと地域住民の完全手作り。
マップも地元の人たちのご意見たっぷりの「ここならでは」の道標。
30日にはそのコースのお披露目会があります。
まずは、地元による地元再発見。

私も関わらせていただくまで知りませんでしたが、
ここ俵ヶ浦半島には、俵ヶ浦町以外にもまだまだ魅力的な地域がたくさん。
この地元目線の地域づくりが、他の地域にも広がっていくといいなぁー。

こうした地域との出会いが、私の仕事の最大の幸せです。

sasebotrail001

地元の人たちとの手作りサイン

sasebotrail002

地元の人たちと考えて出来た歴史遺産トレイル

土木コレクションHANDS+EYES

大学は土木学科出身で、地域づくり・観光の世界に足を踏み入れてからは
長らく土木の世界から遠のいていました。

独立すると様々なご縁が生まれるものです。
今年土木学会が創立100周年ということで、これまでの土木が豊かな日本を
築いた功績やこれからあるべき土木の姿を探ってための100周年記念事業が
1年間かけて開催されます。詳細はこちら↓↓↓
土木学会100周年ホームページ

私は大学で景観や土木設計を学んでいたこともあり、
これまで先人達が手間ひまかけてつくってきた土木遺産の数々や
新たなコンセプトでこれからの時代を切り開く土木プロジェクトを
展示、情報発信するプロジェクト「土木コレクションHANDS+EYES」
のお手伝いをさせていただきます。

先人達が手書きで書いたドローイング(図面)は感動もの。
1つ1つ魂込めてつくってたんだなーということが、
圧倒的な図面を前に感じるのです。

年度明けからは具体的なプロジェクトがスタートします。
詳細はそのときにでも。

Copyrights