Roots

blog

chausse

昔から靴がとっても好き。

私の行きつけの洋服屋さんで、
私の体格、好みを熟知するスタッフTさんから
「佐藤さん絶対に気に入るから!」とオススメしてもらったのが
Chausserという日本ブランドの革靴。

革靴といえば、イタリア、イギリス、アメリカと
海外に憧れのブランドがあるもんだから、あまり期待していなかった
んですが、そのモンキーブーツを見た瞬間に完全に心を奪われて。。。
すぐさま購入して、お気に入りの一足として大活躍。

以来、すっかりchausserのファンになり、
色違いのモンキーブーツをかみさんにプレゼントしてもらった。
そして1年ほど前に再びお店を訪れると、Chausserの新作が。
欲しいと思っていたUチップの黒革靴。。。
エンボスレザーにクラシックなシルエット、ON・OFF両方行ける!

これは欲しい!とTさんにサイズを確認してもらうと、なんとサイズがない。
聞くと、これから発注をかけて約1年待ち。。。
基本せっかちな私なので商品を待つなんてことはよほどのことがない限りは
しないけど、今回は待つに値する価値があった。

そして先日、ようやく商品が入荷したと連絡が入った。
Chausser3足目。革が自分色にどう変わって行くのか楽しみ。

日本のものづくり、捨てたもんじゃない。
良いものをつくっていくことはもちろん大切だけど、
Tさんのように、その商品の魅力やストーリーを丁寧に
消費者に伝えて行くことがファンづくりには欠かせない。
そのためには、お店は大きくではなく小さくあった方が、
コミュニケーションの質は格段に高まる。

先日Tさんと仕事のことを話していた際の一言。
「洋服を売るだけだったらキオスクのおばちゃんと変わらないですよ。
 僕は、企画もデザインもPRもイベントも、洋服に関することだったら何でもする。」

素敵な人だ。洋服買うなら、またTさんを訪ねようと強く思う。
多少高くても、ネットではなく、Tさんのところで買いたくなる。
Tさん自身、私にとってはその世界への窓口であり、商品の一部なんだ。

日本のものづくりを支える人達、かっこいいなぁ。

karimizuan_01

karimizuan_02

karimizuan_03

karimizuan_04

karimizuan_05

お盆明けの初仕事は、長崎県の小浜温泉へ。

小浜温泉には、尊敬するデザイナー城谷耕生さんがいる。
彼のオフィスSTUDIO SHIROTANIが過疎地再生のデザインとして
取組んでいるのが、「刈水庵」だ。

昨年の5月13日のブログでも紹介しているが、
今回の来訪ではさらにバージョンアップしていた。
刈水庵のすぐ横には、ギャラリー兼オフィスの新たな棟ができている。
城谷さんに案内してもらいながら、建物の活かし方、
再生するためのソフトなど、様々なことを教えてもらった。

今回の出張は単なる視察ではなく、
構想段階にあるプロジェクトのコアメンバー会議。
いまはまだ明かせないが、このプロジェクトは私にとっての夢だ。
まだまだ課題は山積しているが、ワクワクする素敵な時間だった。

そこに想いがある限り、その夢はきっと叶うと信じて。
このご縁を繋いでくださった城谷さんに感謝。
さぁ、一歩前へ。

nikkei140809

昨日の日経新聞に憧れの椅子コレクター、永井敬二さんの記事が出ていた。

いまや生活の中に欠かせない椅子。
機能的なことはもちろんのこと、配置する場所や時間、
体に触れることを考え抜いて生まれる美しさやフォルム。

その魅力にとりつかれて、半世紀をかけて彼は1000脚以上の椅子をコレクションした。
それは単なる「収集」という作業に留まらず、その椅子を作り出した作家の感性や生き方を
探し続ける旅とも言える。

彼のコレクションの記念すべき第1号の椅子は、
偶然にも、私が結婚祝いで母からプレゼントされたものと同じである。
永井さんの椅子のセールで購入したワシリーチェアと、
仲良くリビングに置いている。

彼のことを紹介してくれた日経新聞さん、ありがとうございます。
世界から一目置かれる椅子のコレクターが福岡に暮らし、
そして私の仕事で関わっている佐賀県唐津市の出身であることを
少しでも多くの人に知ってもらいたいです。

そして、彼の夢である「本物の魅力を感じられる椅子のサロン」、
いつかきっとできるといいな。

Copyrights