Roots

blog

先週末は佐世保へ。

トレイルコース作り〜半島未来計画の作成〜プロジェクトの実装
まで含めた俵ヶ浦半島まちづくりの7年間の軌跡をまとめた
電子ブックの完成を受けて、テレビ佐世保さんから取材。
(電子ブックはこちらから見れます → チーム俵ホームページ

久しぶりに俵ヶ浦半島を尋ねましたが、相変わらずの絶景半島。
半島から見える島々の風景に癒されました。

夜は一緒に汗を流した半島のサポートチームメンバーと会食。
それぞれの近況からこれから取り組んでいること、佐世保の未来を
含めて色々と語り合いました。
みんなそれぞれ想いを持って走っている、素晴らしいことですね。

そして週末はみっちりと商業関係者へのヒアリング調査。
お盆明けからスタートした、させぼまち元気協議会さんによる
「まちなか共同販促プロジェクト」を具体化するべく、
各商業者の思いや取り組み、課題や展望についてあれこれと
お話を伺いました。

コロナ禍でECが活況を呈する中で、まちなかにどういう価値を提供し、
地元のお客さんに来てもらうのか。
非常に難しい問いですが、協議会の皆さんと一緒になって答えを
探していきたいと思います。

(佐藤 直之)

これまで経験したことのない
暴風が予想された台風10号、
なんとか九州を通り過ぎて行きました。

当初想定されていた勢力よりも弱まったものの、
屋根が飛んだり、怪我したり、木や自動販売機が倒れたり、
停電があったりと、九州各地で台風の爪痕が残りました。

夏の大雨そして8月末からの立て続けの台風と、
年々自然災害が多発してきています。
「地球が悲鳴を上げている」そう思えてなりません。

地球人として自然環境と共生していくことは宿命です。
今一度立ち止まって、これからの生き方、暮らし方、
地域のあり方を考えていくときだと、
自然災害の危機が迫る度に痛感させられます。

今日はなんだか気持ちがモヤモヤしていたので、
仕事を早々に切り上げてライドへ。

思った以上に過酷な坂道を登り切って油山の展望台へ。
学生時代に行ったきりだから、もうかれこれ20年ぶり?
福岡の街を一望しながら、ゆっくりと深呼吸。

どういう世の中にして行きたいのか?
どんな生き方をすればハッピーなのか?

日中に見た動画の、山口周さんの言葉を思い出しながら、
そんなことをぼやっと考えながらのアフターヌーンライドでした。

(佐藤 直之)

Copyrights