Roots

blog

コロナ禍のキャンプブーム、自然体験ニーズに便乗して、
あちこちにコンテンツ・話題盛り沢山の施設が
続々とオープンしている。

有名メーカーや映えるキャンプ施設、星がついた有名レストラン、
おしゃれなカフェ、ショップ、自然体験スペースと、
これでもかと話題・滞在・消費に繋がるコンテンツが目白押し。
1日いても時間が過ごせる囲い込みの戦略。

遊ぶところがたくさんできて喜ばしいことなのかもしれないけど、
私個人はなぜかこの動きを素直に喜べない。
どこもかしこも「自然」を生業に、商業まみれの一途を辿っている
違和感が拭えない。

自然と一体化しているように見えて、そこには大きな経済活動が発生して、
たくさんの電気や資源を消費している。
なのに一方で「SDGsだ!」と高らかに謳っている。
ものすごいギャップを感じるのは私だけだろうか。

自然はそもそも地球からいただいた贈り物。
次世代に残していくための財産。

誰もが気軽に楽しめるはずの、様々な生態系と共存していくはずの自然
だったはずなのに、いつからか「商売道具」として自然が利用されては
いないかと訝るようになった。

この動き、都市部周辺ではどんどんと加速していくのではないかと思う。
一方で、気候変動が現実のものとなり、海の魚が乱獲で取れなくなったり、
遺伝子組み換えとかもはや自然ではないのに自然と歌う商品ができたり、
地球という生命体と経済行動のバランスがおかしくなってきている。

今日の新聞では、50年後には日本の人口が9000万人を割るという
深刻なニュース。人口は確実に減っていくのに、新たな大型開発、
大きな経済活動は果たして必要なんだろうか・・・

私達のフィールドとしている地方はまだその大きな波には直面していない
けど、いずれはやってくる問題。
地方においてももちろん経済活動は大切だけど、そこに根付く自然や文化の
環境があってこその話であり、いかに「環境」と「経済」の無理のない
バランスを生み出していくかが、これからの地方にとって大切だと思う。

先日訪れた福岡のパタゴニアショップ。
服は何度か購入したことがあり、創業者のイヴォンさんが個人の財産を
気候変動を改善する活動に寄附するというニュースは知っていた。
スタッフの方とお話をする中でパタゴニアとしての地域での取り組みを
色々と教えてもらったり、農業にも取り組んでいることを知った。

パタゴニアの歴史が詰まった書籍を購入してじっくり読んで、
いかに環境に負荷をかけずに経済活動を続けるのか、
大量消費ではなく一生ものとして消費を減らし長く着続けられる
服を作っていこうという哲学に感動した。

時を同じくして訪れた大分湯布院の熊谷牧場キャンプ場。
ご両親の牧場の財産を受け継いで、リタイアした後にキャンプ場をオープン。
1日1組限定で、由布岳をゆっくりと眺められるゆったりとしたスペース。
経済ばかりに走って所狭しと区画を整備するのではなく、
自分たちのペースでゆっくり迎えたい、利用者にはこの自然と風景を
ゆっくりと味わってもらいたいという、自然を尊重した姿勢に
とても感銘を受けた。

私たちも地方でまちづくりを支援する中で、
ともすれば大型開発や自然のバランスを壊すような経済活動を
誘発することにもなりかねない。

そうならないように、地方の根っこをしっかりと見つめて、
地元の方々と対話し、祖先が残してくれた大切な環境を継承していける
ような取り組みを応援していきたいと思います。

自戒を込めて。

(佐藤 直之)

地域づくりのお仕事をするにあたっては、
まずその土地の歴史や文化を調べることが大切。

特に、地域づくりや観光振興の方向性を左右する
計画づくりや複数年にわたって取り組むプロジェクト
では、ここをきちんと理解していないと頓珍漢な提案に
なってしまう。

その歴史や文化の生き字引とも言える地域の人達から
その土地の歴史や文化の話を聞くことは、
この仕事の何よりの財産。

古代からの歴史や戦国時代の遺構・根付いた文化、
明治以降の近代化の歴史や近代化遺産、能楽、焼き物、
自然や文化的景観、水産業や食文化など、地域独自の
歴史や文化を発見するたびに、
「日本人として自分のルーツをまだまだ知らない」
ことを痛感します。。。

そうした地域を通しての気づき、それに加えて
子供がお城や歴史に興味を持ち始めたことをきっかけに、
最近では歴史の本を読んだり、焼き物を見に行ったり、
能楽を観に行ったりと、日本を学ぶ時間が増えています。

先日は、大濠能楽堂に能楽を観に行きました。
狂言は大衆文化を題材にして言葉もわかりやすいので
入りやすいですが、これまでなかなか距離があった能も
解説を聞いたり、自分で調べたりする中で少しずつ
理解が深まり、観る楽しさが生まれ始めています。

地域との出会いから、日本のルーツを学ぶ。
学んだことを次に繋げていくことが私達世代に課せられた
使命だし、少なからずルーツとしては、その土地の歴史や
文化を継承していけるようなまちづくりに取り組んでいきたい。

(佐藤 直之)

毎年春恒例のインプットツアーはかれこれ何年目か。
コロナ禍になってから車で日本のローカルを再発見する旅に
出かけるようになり、今回は北京都経由で中国地方へ。

今回の1番のお目当ては、北京都にある伊根の舟屋。
実家の大阪に帰省する度にずっと行きたいと思っていたけど、
遠くて何度も何度も断念してきました。
今回は大阪南港までフェリーに車を乗せて、ようやく実現した旅。

平日で観光客も多くなくてゆっくり見ることができました。
せっかくなので遊覧船に乗ってぐるりと舟屋の街並みを見物。
あくまでも暮らしの場所であり、景観を守ることが第一。
その街の姿勢にとても共感して、伊根に暮らす船長さんのガイドで
伊根の暮らしを垣間見ることができました。
わざわざ足を伸ばして来た甲斐がありました。

ここから先、どういうルートで回ろうかと色々とリサーチして、
この辺りに詳しい友人の情報も頼りにしながら、
次に目指したのが久美浜。

一度オンライン酒蔵見学に参加したことのあった木下酒造の
酒蔵を訪ねたり、映画「湯道」の舞台になった温泉旅館に泊まったり、
和久傳ノ森や森の中の家でのんびりした時間を過ごしたりと、
これまで知らなかった「海の京都」を満喫。

その隣町の兵庫県豊岡市の玄武洞公園は本当に感動しました。
自然が生み出したearthcapeは、もう圧巻です。
ガウディのサクラダファミリアのように、職人さんが岩を削って
丁寧に作り出した造形美と見間違えるほどに、長い長い年月の中で
作り出された自然美は一見の価値ありです。
変に観光地化されていないのも良かったです。

久美浜→豊岡を経由して、次に向かったのが鳥取県八頭の光澤寺。
対馬のプロジェクトで、全国の寺泊のリサーチをしていて、
ずっと気になっていたのが光澤寺です。
観光地ではない、辺鄙な場所にありながら、全国・世界から
泊まりに訪れており、料理や体験のユニークさに興味がありました。

チェックイン後に写経体験をして、夕食はブータン料理、
夕食後は薄暗くなった本堂で住職と語り合う本堂深夜BAR、
朝はお勤めと瞑想体験。
車の運転の疲れからか、本堂深夜BARでは住職とゆっくり語り合う
前に寝てしまったのが残念でした・・・

ただ、これからの時代の仏教のあり方としてとても参考になる部分が
ありましたので、対馬の寺泊実現に向けてしっかりフィードバック
していきたいと思います。

翌日は豪雨の中で鳥取砂丘をチラ見して、岡山方面へ南下。
岡山県はあちこちにユニークな温泉街があります。

般若寺温泉は豪雨の影響があって入れませんでしたが、
そこで紹介してもらった奥津温泉の奥津荘の建築が素晴らしかった。
ここは是非泊まりに再訪したい。

湯原温泉の名物である砂湯は、ダム下の川にある混浴の露天風呂。
朝から地元のおじちゃん達がビールを買い込んで、湯に浸かって交流。
地元のコミュニティスペースと化してました。
長い時で6時間浸かっているんだとか。
どんどん近代化して建物にコミュニティ機能が押し込まれる中で、
自然の中で地元の人達が交流する昔ながらの交流の風景は素敵です。

最後の目的地は岡山市。
昨年春の旅で偶然に立ち寄った岡山市のグルメのレベルの高さに
感動して、今回も最後の地に選びました。

友人から紹介してもらったインドカレー屋さん、小料理屋は
素晴らしかった。近くにあれば通いたいくらいの素敵なお店でした。

岡山城と後楽園にも立ち寄り。
我が家の祖先の家紋を調べると、岡山城を築城した宇喜田家の家紋で
あることがわかり、そのルーツを辿って来ました。

烏城と呼ばれるこのお城は、宇喜田家、小早川家、池田家と3家に
わたって守られて来ましたが、展示がとても見応えがあり、
その歴史を色々と知ることができて良かった。

3家の中で宇喜田家は残虐な行為を繰り返した武将とあまり良い評価を
受けていませんが、毛利家と織田家の間で揺れ動いた戦国時代の中で、
生き残っていくにはやむを得ない部分もあったのだと思います。
展示にもそう書いてました(祖先をあまり悪く言われるのは嫌ですもんね・・・)。
宇喜田家の家臣の中に、佐藤さんが何名かいましたが、果たして
自分のルーツとなる祖先はどの人だろうかと。両親にも聞いてみよう。

松本城、姫路城、熊本城、名護屋城そして岡山城と、
この1年で結構お城見ていますが、それぞれにお城の作り方や
石垣の違いがあって面白いですね。

豪雨のために鳥取の大山でキャンプできなかったことが残念ですが、
今回のインプットツアーも充実した内容になりました。

しっかりインプット・充電したので、これから本格的に新年度のスタート!

天橋立

伊根の舟屋の街並み

伊根の舟屋の街並み

玄武洞公園

玄武洞公園

和久傳ノ森

安藤忠雄設計の森の中の家

光澤寺

写経体験

本堂深夜BAR

奥津荘

湯原温泉 砂湯

岡山城

旭川から見た岡山城

岡山後楽園

山椒とわさび

新年度が始まりました。

Rootsを起業してから丸10年が経ちました。
まだまだ先輩方に比べればひよっこの分際ですが、
小さい会社を続けている中でいろんなことがありました。

悔しいこと、喧嘩したこと、裏切られたこと多々ありましたが(笑)、
それ以上に私達のことを見つけてくれて、ご縁をいただいて、
信頼していただいて、少ないながらも長くお付き合いする密な出会い
をいただけたことが本当に嬉しく、だからこそなんとか10年間
やってこれたのかなと思います。

次なる10年をどう歩んでいくか。
がむしゃらにまちづくりの経験を積んできたこれまでの10年を通して、
Rootsとして取り組んでいきたいテーマや方向性が朧げではありますが
見えてきています。

私自身40代半ばに差し掛かり、次の10年で50代に突入することを
考えると、Rootsとしての専門性を深掘りする10年にして参ります。

・体制を少し変えて、外部のパートナーや協力企業との連携を密にしながら、
 「パートナーズ」としての提案力・実行力を強固にしていきます。

・昨年度、土をテーマに唐津の旅行商品を造成したプロジェクトメンバーと
 一緒に、ブランディングをテーマにした会社を唐津市に作ります。

・これまで深いご縁をいただいている地域をフィールドに、
 自治体や地域・事業者の皆さんと一緒になって、
 大切な歴史・自然資源の再生・ブランディングに注力します。

・50代(あと5年)を目標に、旅をテーマに
 Rootsとして大切にしたいことを具体化する事業(もしくは場所)を
 カタチにしていきます。

・アフターコロナだからこそ、より一層ローカルと世界がリアルに繋がる
 グローカルな視点を持って生きていきます。
 
今の時点で決まっていること、妄想です。

今日からは毎年恒例のインプットツアーへ行ってきます。
ずっと行きたかった京都府の伊根町を最初の目的地に、
友人に薦めてもらった久美浜、ずっと行きたかった鳥取の宿坊、
美食の街・岡山へと、愛車に乗っての旅へ。

新年度もどうぞよろしくお願いいたします。

(佐藤 直之)

Copyrights