Roots

blog

ogi_roots_008

須賀神社から望む小城市街地

独立してから、少しずつではあるが、地域活性化や観光、
地域ブランドのお仕事をする機会をいただいている。

その中で、地域づくりをこれからを担う地元の若手の方々
(といっても私より年上ですが…)を対象に、数回のまちづくり勉強会の
機会をいただいたのが佐賀県の小城市。
冒頭の写真は、よく観光ポスターで使われる小城市の代表的な風景。

小城市は何度も通ったことはあるが、お話をいただくまで降り立ったことが
なかった。「羊羹のまち」というイメージは持っていたが、佐賀の小京都とも
言われる風光明媚なまちのイメージはあまりない。そんなまちのことも知らないで
お話するなんてとんでもない。そう思い、小城市役所の方にご案内をいただいて、
まちなかを歩いて散策。

すると、羊羹以外にも、お宝がいっぱい!鉄道旅が好きな私にとって、
まず嬉しいのは小京都をイメージづけるこの駅舎。
いつもヨーロッパを旅した後にがっくりするのが日本の駅前の画一的な風景だが、
小城にはその佇まいがまだ残っている。

ogi_roots_001

佐賀の小京都の玄関口。

小城の市街地は、この駅から山間にある須賀神社までがシンボルロードに
なっていて、まちの構造がとってもシンプルだ。これ、活かさない手はない。
須賀神社までは歩いていくことができて、その道すがらにリノベーションされた
施設や酒造、豊かな川が流れていたりと、歩くにもとっても良いところ。

ogi_roots_002

小柳酒造の歴史的な佇まい

ogi_roots_003

近年改修された旧深川家住宅(外観)

ogi_roots_004

近年改修された旧深川家住宅(内観)

ogi_roots_006

須賀神社前を流れる豊かな河川

そして何より、須賀神社がまちにアクセントを与えている。まちのシンボルだ。
須賀神社を上ると、豊かな自然と美しい景色を望める展望台が用意されている。
展望台でお会いしたおじちゃんは、定年まで大阪で働いた後にUターンで地元の
佐賀に戻ってきたが、小城の豊かな自然や文化に惚れ込んで移り住んできたそうだ。
毎日ここに来て風景を眺めているらしい。こういうおじちゃん、まちにとっては
とっても大切な存在。こういうまちに想いを持った方をお見かけすると、
無性にヒアリングしたくなる。。。その会話の中に、再生へのヒントがきっと
隠されているからだ。

須賀神社からまちへ降りると、そこそこに水路があったり、意外なところに石垣の道
があったりと。まだまだ活用できる地域資源がたくさんあることに気づかされる。
ほったらかして地域にとってはお荷物と思えたものが、これからの時代のまちづくり
においては反って、よそのまちにはつくれないまちのアイコンになっていく。

ogi_roots_009

市街地の随所に見られる水路

ogi_roots_010

隠れた石垣通り。

仕事と趣味の旅行とで、年代の割にはいろんなまちを訪ねている方ではあるが、
まだまだ知らないまちが多いし、ルーツが残っているまちもまだまだ日本にある!
と改めて実感した。
嬉しかったし、私のような「よそ者のおせっかい」がやるべきこと、お手伝い
するまちはまだまだある。高度経済成長で物質的に豊かになった日本は、
その次のステージとして、心豊かな社会の実現に向けたアジアのリーディング
カンパニーにならないといけない。

今朝の西日本新聞の「言葉のあやとり」の中で阿木燿子さんが随筆されて
ほんと同感だったけど、ゆるキャラという発想自体が安易であり、
地域はいつまでその「一過性の事業」に手を染めるんだろうかと嘆いてしまう。
建築家の藤森照信さんが言うように、個人の一生の思い出となる歴史的な建物や
暮らし、芸術文化といったまちの記憶を継承しながら、新たな感性を持ち込み、
まちとしての新陳代謝をいかに実現するかを考えないといけないと私は思う。
そのまちの再生の手がかりとなる資産が、小城市にはたくさん残っている。

勉強会の後に地元の若手の方々とお話ししている限り、その安易な方法ではなく、
30年、50年を見据えたまちづくりを真剣に考え始めているので心配はない。
あとは、その一歩をどう歩みだすか。考えた後は実践しかない。
私にはその一歩を歩みだしていただくきっかけしかつくれないけど、
このまちの佇まいがこの先もずっと残っていく方向へと舵を切ってほしいと
願っています。

2013.10.25 / dairy

d design travel

このところ、仕事が立て込んでいる。
それに加えて、慣れない子育てにあたふたしていて。
でも、子供の笑顔を見るだけで、睡眠不足でも辛くても
なんか乗り切れちゃうんですよね。子供の力ってすごい。

さて、今日は嬉しいニュースを。

友達の相馬君が、ロングライフデザインを提唱するナガオカケンメイさん率いる
D&Depertmentの社長をしている。

「いつかどこかで会おう」なんてあてのない約束をしてたけど、
結局はずっと会えずじまいだった。
それが今年に入って、相馬君からD&Dの福岡出店が決まったと連絡が入り、
ちょくちょく福岡にやってきては、いろんな人を紹介したり、
いろんなところで飲んだり語ったり。

社長自ら移住して、東京・福岡の2地域居住を始めるというんだから、
ワクワクしない訳がない。デザインセレクトショップでも、リサイクル
ショップでもないんだと思う。目指すものはきっと。
それは作り手の想いだったり、ものづくりから見えてくる人柄だったり、
食べることやそこに暮らすこと、戯れること、人として暮らすことの幸せだったり。
ふつうの日常のなかに、本来の豊かさがきっとある。彼と話していると、
そんなことが垣間みれて、お店になったらどうなるんだといまから楽しみにしている。

10月?のオープンに向けて鋭意準備中とのこと。

ひょんなことから始まった、彼との福岡ライフ。
そんな繋がりの中で寄稿させてもらうことになったd design travel 富山号。

d design travel_001

d design travel 富山号

この雑誌はナガオカケンメイさんが編集長となり、全国47都道府県をデザインの
視点から見つめ直し、新たな観光を提唱している。
結構面白くて、私も大阪・鹿児島・北海道を購入し、旅のお供に愛読している。

依頼されたのが、福岡おすすめスポットのページ。迷わずに糸島市のsumi cafeを。
店長のかずちゃんとはかれこれ15年近くの仲で、付かず離れずにつきあっている。
いつも等身大で、豊かな風景、食、暮らしといつもきちんと向き合っているのが、
お店づくりや人柄から伝わってくる。

d design travel_002

寄稿ページ

キャッチボールを繰り返して寄稿の内容が決まった後、編集者の方に、
「そういえば、佐藤さんってどういう肩書きで紹介したらよろしいですか?」
と質問され、「そうですねー。こんな仕事をしているので私は○○って言ってる
んですけど、なんかわかりにくいかも。一般的には△△の方がわかりやすい
ですよねー」なんて何回かやり取りをした挙げ句、
決まった肩書きが「地域コンサルタント」。

んー。正直しっくり来てませんが、そんなつぎはぎの言葉でしか表現できない
のが、いまの自分なんだと痛感。自分の存在や仕事を一言で伝える場面って、
きっとこれから増えてくるんだろう。
(ちなみに後日、新聞社の方からも同じことを聞かれてしまった・・・)

アンチ肩書きですが、自分のことを知らない人には必要なのかもですね。

隆太窯コンサート01

隆太窯コンサート03

隆太窯コンサート04

先日、念願の隆太窯コンサートへ。

古民家で聴く古楽器の演奏、
そして・・・至福のパーティー。

窯元のお庭で秋の到来を感じながら、
唐津の食と地酒を堪能して、
素敵な出会いが緩やかに輪となって広がっていく。

それはそれはとっても豊かな時間でした。

この空間を演出する中里隆先生と太亀さんに出会うために、
全国からわざわざ唐津へやってくる。

豊かさの源はそこに暮らす人であり、暮らす人が豊かだったら、
きっとそれはまちの魅力にも繋がっていくんだろう。
唐津には、お二方だけに限らず、そんな魅力的な暮らし人がたくさんいる。
それだけで、十分に素敵な町だと思うのです。

そんな人探しの旅を、これからもいろんなまちでしていきたい。

2013.09.10 / dairy

大志を抱け。

9月10日、快晴。
鹿児島の竹内レディースクリニック。
13時47分に元気な男の子が産まれました。

体重は2,236kg、身長46.5cmと小さい子ですが、
手足の指を動かしたり、ぐるぐる回転みたり、目をぱっちりさせて
笑ったり泣いたりと、元気いっぱい。

妻のお腹が大きくなっても、いままで実感というものがなかった。
出産前夜も、「あ、動いたね!」と産まれ来る期待を感じてはいたけど、
自分の人生に誕生するリアリティーとは受け取れない自分がいた。
それが出産当日になって、帝王切開のために妻が手術室に入った途端に、
猛烈な不安に襲われて、そわそわして、どきどきして、
とてもじっとなんかしていられない。

とてつもなく長い30分だった。
「佐藤さん!」助産師さんの声は突然やってきた。
羊水に纏われて、タオルでくるまれた命。
さっきまで妻のお腹にいた空想の世界が、急にリアリティーを帯びて、
自分のもとにやってきた。そう、自分の子なのだ。

目の前の小さな赤ちゃんが、助産師さんから私のもとに手渡される。
あまりの衝撃と感動に言葉を失いながら、生まれたての子供を抱いた。
抱いた感触はやんわり残っているが、重さは正直覚えていない。
産まれてきたのに、今度は、その生命の神秘が理解できない。
自分の子供とはいいながら、現実としてどうも信じられないのである。

健康であることがこんなに有り難かったんだ。
自分や妻を健康に育ててくれた両親に、結婚の時以上に感謝した。
ようやく両親の背中が見えるとこまで生きてきたんだなと、
感慨深い瞬間だった。

その後はまさに親バカ状態で、ベビールームでたくさんの動きや表情を
みせる子供をずーっとずーっとガラス越しにみていました。
飽きないもんだ。まさに奇跡。

小さく産んで、大きく育てる。
自分の意志を、大きな志を持って、自分の夢を叶えてくれる
大人になってほしい。
そんな願いを込めて、「大志(たいし)」と命名しました。

「佐藤 大志」
新たな家族が増えました。
大志が迎える初めての人生、私と妻にとっての新たな人生。

たくさんの感動や経験、失敗をともにしながら、
私自身もまだまだ成長して参ります。

引っ越しに仕事にといろいろ慌ただしかった8月も終わり、
もうすぐそこまで秋がやってきています。

8月は仕事や里帰りでいろんなところに行きました。
唐津や長崎、鹿児島、大阪などなど。

一年ぶりに里帰りした我が故郷大阪は、商業施設開発ラッシュで
活気が生まれる一方、私が親しんだ風景も様変わりしていました。
仕事のほとんどは地方での仕事が多く、豊かな海や里山、歴史的な
町並み、みなと、人情豊かな商店街、離島を日常的にみているせいか、
年を重ねるごとに大型商業施設には関心がなくなっています。

そんな中で、大阪に誕生した大型商業施設「グランフロント大阪」には
どうしても行ってみたかった。
というのも、このグランフロントが整備された大阪北ヤード跡地は、
過去に跡地活用の国際コンペが開催されていて、大学時代にそのコンペに
関わったから。

私が在籍した九州大学の研究室と九州芸術工科大学(現:九州大学)の
建築系の研究室がタッグを組み、どれくらいだろう、3ヶ月くらい
あれやこれやと議論したことを覚えています。

結果的に方向性がまとまらず(?)に提案しなかったものの、
そこで出たアイデアやエスキスは今でも覚えています。
大きなグランドスケープとしての迷路空間、void、ため池・・・
大学の同期チームでは、関西圏の大交通拠点ということで、
「移動するコンテナ」をテーマに、ここを機転に関西各地に人や物資を
運ぶ移動ショップやカフェ、敷地はそのコンテナが配置された
セントラルパークに、という提案。
当時はまだまだ未熟だったということもあって、今思うと(今も未熟ですが)、
完成度の低さを感じますが、発想は結構面白かったんじゃないかと
いまでも思っています。

少しでも思いを馳せた場所だから、実際にどうなったんだろうと
現場をみてみたくなったんです。

以前は空き地だった、梅田のヨドバシカメラの横に
そびえ立つ高層ビル。敷地内に入ると、多くの人だかり。
そこそこにベンチがあって待ち合わせや会話を愉しむ人、
いま流行のフローズンビアガーデンで盛り上がっている人、
JR大阪駅に向かう多くの通勤客の人山、
地下の商業施設に続く親水階段や親水空間。
中をのぞくと、「大阪初出店」の文字が踊るショップや飲食施設の数々、
「知」をテーマにしたナレッジキャピタル。。。

確かに人は多い。阪急や伊勢丹も含めると、大阪梅田は大商業エリアへと
舵を切った。だけども、、、すべてが人工的で気が休まらない。
商業施設前の親水空間で子供が泳いでいる光景を見て、
違和感を感じざるを得なかった。これが大阪の水辺なのか・・・
ナレッジキャピタルは発想的には面白いけど、せっかくなら
気持ち的に豊かな空間で、知識を学ぶ場所にしてほしかった。

梅田で一番好きな屋上庭園(スカイタワー)は、周囲に遮るものがなく
大阪を一望できる。川や港が見えて、つかの間の自然を感じられる場所だ。
そのスカイタワーに隣接する場所なら、逆にグランドレベルで、
つかの間のひとときを過ごせる公園にする発想はなかったものか。
梅田には緑が少ない。ちょっと休憩したいと思う場所がない気がする。
敷地の隅っこにちょっとした緑地空間はあったけど、どちらかというと、
メインの動線からは外れている場所でもったいない。

歩いて消費して、また歩いて・・・おしゃれなカフェはもちろんあるけど、
住んでいる人や働く人たちがふと気を抜きたくなるオープンスペースが
あってもよい。NYでいうセントラルパークのような空間が。
公園の中にお店がある。そんな空間になれば、もっと他の商業空間と
差別化が図れたようにも。間違いなく、私は通うけど。

植樹運動をしている安藤さんだったら、どんなアプローチをしただろう。
少子高齢化や人口減少で、今後都心は超コンパクトシティになっていく
だろうけど、高密度にするからこその息抜きの場が欲しかった。
買い物がどんどんネットに切り替わっていくからこそ、リアルに消費する
場面は、気持ち的にもリラックスして、人の顔が見えてゆっくり会話を
しながら物が選べるコミュニケーション空間になった方が嬉しいけど。

あくまで個人的な感想ですが。
10年以上前に思考した記憶を蘇らせながら、そんなことを考えてた。

グランフロント001

グランフロント大阪外観

グランフロント002

グランフロントからJR大阪駅の眺め

グランフロント003

敷地内にある親水階段

グランフロント004

敷地内にある親水空間

グランフロント006

敷地内にある緑地空間

グランフロント005

敷地内にある親水空間

グランフロント007

ナレッジキャピタルにあるカフェ

グランフロント008

ナレッジキャピタルにある車のショールームカフェ

Copyrights