Roots

blog / news

2014.01.08 / news

たいせつな本

Asahi140108_roots

取材をするのは好きだけど、取材をされるのはあんまり好きな方ではない。
ただ、このお話を受ける前、唐津のみなとイベントについて取材を受けたときから、
とっても興味深く熱心に話を聞いてくれた朝日新聞の記者、原口さん。
記事にするしないにかかわらず、やっていることに対して興味を持っていただき、
根掘り葉掘り質問攻めをしてくれたことがとっても気持ち良くて嬉しかった。

その方から、「たいせつな本」というお題で取材をさせてほしいと年末に依頼があった。
大切な本・・・高校卒業まで大の本嫌いだった僕にそんな依頼が来るとは。
正直最初は受けるか戸惑ったけど、大好きな記者さんからのご依頼だったし、
これも何かのご縁だなと思い、お引き受けすることに。

大学時代からは結構本を読むようになったので、何にしようかと悩んだ。
でも、せっかくだったらいまの自分の働き方や生き方のきっかけになったものが
良いなーと思って真っ先に浮かんだのが「連戦連敗」でした。
詳細は、プロに書いてもらった記事に譲るとして、大阪生まれの私がデザインとか
建築とかに興味を持ち始めた頃に一番身近な「憧れの人」だったのが安藤さん。
独学で、悔しい想いをたくさん重ねながら、世界の建築家と
肩を並べるまでにのぼりつめた努力の人。

自分が初めて一人旅をしたのも、安藤さんの写真集をみてのことでした。
Tadao Ando_roots

この写真集に掲載されていた直島のコンテンポラリーミュージアムに。
これで建築物や風景を見て回るたびに目覚めはじめ、安藤さんの作品が
多い実家の大阪に帰省する旅に、サントリーミュージアムや光の教会や
住吉の長屋等をみにいってました。

よく彼がいう「建築と闘ってください」ということ。
私が係る地域づくりや観光にとっても、とても本質的なことだと
いまでも感じます。住んでいる人がまちの資源を大切に、
愛着を持ってどうまちを育てて行くか。

おぼろげに感じていた安藤さんからの影響をこうしてはっきりと
整理できた気がします。朝日新聞さん、ありがとうございました!

roots_地域活性化の考え方

このたび、企画・プロデュースの立場から地域活性化を支援するパートナーとして、Rootsを独立開業する運びとなりました。

 

「日本の豊かな風景や文化を残したい」
九州各地の地域づくりの現場に携わる中で、常々感じていたことです。

 

島国ニッポンには、世界に誇れる風景や文化がたくさん根付いています。美しいものに観て触れる、人間の想いや優しさに心通わせる、美味しいものを食べる、大切な人と豊かな時間を過ごす・・・心を揺さぶる感動は、いつの時代も変わらずに時代を超えて生き続けるものであり、地方にはその感動を味わう豊かさが詰まっています。

 

日本の美しきルーツが残る地方から日本を変えていきたい。中長期的な視点から、地域や社会の本質と向き合っていく。地方に根付く風景や建物、文化に新たな価値を生み出すことで、心豊かな故郷を残していく。地方に新たな光を灯すことで、住んでいる人たちに誇りを、訪れる人たちに感動とつながりをつくりたい。

 

時代の先を見失いがちな今だからこそ、「地方の根っこ」をしっかりと見つめ直して、地方から豊かなまちのアイデンティティをつくっていくお手伝いができればと考えています。まだまだ経験も知識も足りない若輩者ですが、真摯に地域や社会と向き合う所存です。どうぞよろしくお願いいたします。

 

2013年5月 Roots 代表 佐藤 直之

Copyrights