Roots

blog / project

先日は今年度最後の馬渡島へ。

島留学や馬渡島の今後の活性化について、
島在住の女性達と意見交換会を開催しました。

普段はおとなしいと聞いていましたが、
いざ始まると、みなさん自分のご意見をしっかり
持っていて、前向きな議論が飛び交いました!

やっぱり答えは現場にありますね。
お話を聞くだけで、いろんなアイデアが浮かんでくるし、
私なりに馬渡島の大きなコンセプト=軸が見つかった気がしました。

今後の事業につながっていくように、
みなさんの意見をきちんと可視化していこう!

3月もあっという間に1週間が経過。
今年は例年以上に花粉症がひどくて、
目がシパシパする中で年度末納品に向けた
準備を進めております。

日中は企画書や報告書を作成し、
夕方から地域の会議へと出かけていく。
そんな日々が続いております。

納品は終わりではなくあくまでも次へのステップ。
本当は報告書作成は誰かに任せて、来年度にどうつなげていくかの
作戦づくりに注力したいです(涙)

東そのぎ木場みのりの会の定例ミーティング

唐津OME講座最終回の様子

昨日は2年ぶりに佐世保市三川内地区の皿山へ。
前回の業務の時に少しは三川内焼のことを勉強したつもりだけど、
まだまだ知らないことがたくさん。

根付にコアなファンがいることや、三川内焼の歴史のことなど、
まだまだ奥が深いですね。

年度末までの限られた中でどこまでできるかわからないけど、
少しでも次に繋がるような提案ができれば。

昨年の4月から今年1月まで、月1回ペースで
がっつりと議論してきた官民連携による
大村市新幹線まちづくりアクションプラン。

ようやく素案が完成して委員長から市長へと提出されました。
新聞記事は本日の長崎新聞さんの記事で、大村市の担当者から
送っていただきました。

正式な完成は3月末となる予定ですが、全体の青写真がほぼ
できあがったことになります。

来年度からはいよいよカタチにしていくフェーズへ。
もっとたくさんの市民の方々、想いのある仲間を巻き込んで、
陸と空のハブシティ大村として迎え入れる土壌ができますように。

昨夜は佐世保市柚木地域のまちづくりワークショップ最終回。
地域の皆さんの関心が高かった「農業」「食」そして柚木の
台所となる「よかもん市」をキーワードに、
来年度以降具体的にどういった取組みをしていくか話し合いました。

「何を?」「誰に?」「どうやって?」
少し難しいテーマにはなりましたが、ある程度イメージしながら
取組みを進めていかないと机上の空論になってしまいます。

あとは仲間を集めて、できることからやっていく。
柚木地域は連帯感があって仲が良いので(私が見る限りは)、
これからの取組みに期待大ですね。
引き続きお手伝いできればと思っています。

Copyrights