Roots

blog / project

昨日、委員長を務める「城内地区・曳山通り 景観まちづくり検討委員会」の
事務局打合せがあり、屋外広告物について話が挙がった。

もちろん景観の統一性を演出するためなら、電飾看板やでかでかと目立つものは避け、
素材や色に統一感をだすことが望ましい。

でも一方で、タイムズスクエアや中州のネオン街のように、屋外広告物がまちのイメージを
つくっていくというケースもある。特に商業地ではそうだろう。

現在景観まちづくりの協定づくりを進めている
唐津市の呉服町商店街でも同じような議論がでた。
商店街を歩くとワクワクする。そのワクワク感は両側に個性あるお店が
しっかりと息づいていることなんではないか。

だからこそお店の個性は大切にしよう。
店舗の看板は、店舗の持っているこだわりや空気を醸し出す
大切なアイコンになる。あくまでも「商店街の楽しさの本質」を考え、
商店街オリジナルのサインを模索中だ。

その方向性を共有するために、私がこれまでに旅や仕事で訪ねた全国・世界のまちの
店舗看板を色々と探しては商店主の方にお見せして、何回も何回もイメージを話し合った。
こうした些細な看板でさえ、まちの個性やイメージを伝える大切なツールになるのだ。
看板だけみても、それぞれのまちに個性があって楽しい。

鞆の浦、広島県

鞆の浦、広島県

柳川市、福岡県

柳川市、福岡県

別府市、大分県

別府市、大分県

日田市、大分県

日田市、大分県

那覇市、沖縄県

那覇市、沖縄県

湯布院、由布市

湯布院、由布市

津屋崎、福岡県

津屋崎、福岡県

大阪市、大阪府

大阪市、大阪府

阿蘇市、熊本県

阿蘇市、熊本県

ポートランド、アメリカ

ポートランド、アメリカ

ポートランド、アメリカ

ポートランド、アメリカ

チビダーレ、イタリア

チビダーレ、イタリア

エジンバラ、スコットランド

エジンバラ、スコットランド

今年度から唐津市の観光戦略をつくるお手伝いをしている。

「唐津は豊富な資源がたくさんある。」
そう言われて久しいが、その魅力がいまいち伝わっていない。
つまりは、なんでもあることを謳っても、消費者には伝わらないのだ。

私も暇があれば旅に出る。常に旅をしたいと思っている。
では、自分がどういう基準で旅先を選んでいるのか?を
考えてみると、惹かれるまちには明確なイメージやコンテンツがある。
そして、食いしん坊なので、ご飯が美味しいことは当然である。

では、唐津はどうか。
食に歴史、文化、自然、唐津焼があるじゃないか。
しかも、それぞれが本物であり、一流である。
選ばれるための「わかりやすさ」が足りなかったんだろう。

戦略のポイントは、ターゲットをイメージして、
明快なイメージを打ち出すストーリー性と
その物語に沿って膨大なコンテンツを「編集」することだと
個人的には思っている。

観光は地域の総合産業である。
だからこそ、多くの人たちの声に耳を傾け、
まちへの誇りを醸成して、「お客さんに選ばれる」ための
戦略と戦術をつくっていかないといけない。

大変な作業だけど、唐津の未来を描く大切な仕事だ。

虹ノ松原

虹ノ松原

唐津焼

唐津焼

旧唐津銀行

旧唐津銀行

唐津の豊かな食文化

唐津の豊かな食文化

見返りの滝

見返りの滝

蕨野の棚田

蕨野の棚田

DSC_0105

DSC_0201

DSC_0211

DSC_0252

DSC_0275

DSC_0209

DSC_0288

DSC_0106

現在、とあるプロジェクトで住宅団地の緑地協定について
調べています。
先日、近所の住宅団地の事例をみるために、
アイランドシティやシーサイド百道等の緑地を見に行ってきました。

普段はそんな目線で見ていなかったので、色々と発見がありました。
全体としてのまとまりや直感的な印象、つまり「圧迫感」とか
「自然な」とか「居心地が良い」とかいう抽象的な言葉で感じていた空間が
具体的にどういう構成要素でつくられているのかが実感できました。

やっぱりディテール大切ですね。
そこにどんな人たちが住んでいて、暮らしをどう楽しんでいるかが、
この緑地を通して伝わってきます。

こうした豊かな住環境が「景観価値」に繋がり、経済効果もでてくる。
殺風景な場所ではなく、緑豊かで潤いのある空間で子育てや暮らしを
したいという人がもっともっと増えてこれば、
きっと日本にはたくさんの魅力的なまちが生まれてくるんだと思います。

yakimon001

yakimon002

yakimon003

yakimon004

yakimon005

yakimon006

yakimon007

yakimon008

yakimon009

ゴールデンウィークに突入していますね。

私は過去に渋滞で痛い目にあったので、近年のゴールデンウィークは
旅行にも里帰りもせず、仕事しながらたまに近場に出かけるくらいに
しています。また数年前からは唐津のやきもん祭りがスタートしたので、
仕事で何日かは唐津に出かけるようになりました。

歴史あるクラシックな建物で唐津焼の展示があったり、
唐津焼のぐい呑みでワインや日本酒が飲める角打ちがあったり、
様々な料理人と唐津焼作家がコラボした食事会があったり・・・

毎年企画が増えて内容もバージョンアップしています。
単なる器のワゴンセールではない、唐津らしい魅力がでてきています。

お時間ある方は是非唐津へお出かけください。
やきもん祭りは5月5日までです。

今日は大切なプレゼンの日でした。

私にとってはこれまで関わりのなかった業界の
戦略をつくる仕事でしたが、先方にも納得して
喜んで頂いてほっとしています。

昨年の暮れにいただいたお話で、
小倉の屋台で飲んだり現地行って空気感じたり。
企画をあげるまで少し時間がかかりましたが、
その分、戦略の本質をシンプルに見定めることができて、
自分としても納得のいく内容となりました。

これからこの企画をもとに、いろんな人達を巻き込みながら
プロジェクトの仕込みに入ります。
私自身考えているうちにとても愛着のあるプロジェクトになりました
ので、これからも尽力して参ります。

上手くいきますように。
具体的に動くことになれば、みなさまにお伝えいたします。

entotsu

Copyrights