Roots

blog

今日は新たなプロジェクトの打合せ。

沖縄の株式会社ルーツの今津社長から
ご縁を繋いでいただき、西日本を中心にまちづくり・地域ビジネスの世界で活躍する
株式会社NOTCHさんとご一緒させていただくことに。

テーマは、地域づくり人材育成。
地域づくりの本質を理解し、自走できる事業計画をどう作り、人材を育てていくか。
人材育成の目的・ゴール・プログラムについて、とてもワクワクするブレストが
できました。これまでにありそうでなかった人材育成のプログラムができそうです。

160627

九州の近代化遺産といえば、必ずや登場する豊後森機関庫跡。
玖珠ICへ向かう途中に偶然見つけて、やっとこさ実物を見ることができました。

当時のまま、そのまま残されています。
公園として開放されているのはとても良いことだけど、
展示の方法や列車の活用方法など、もっと使い方があるようにも
感じました・・・(機関庫の建物とかそうそう残ってないですからね)。

幸運にも「ななつ星」「或る列車」の2つの観光列車にも遭遇。
機関庫の展示室はおそらく水戸岡さんがデザインしたであろうと想定され、
水戸岡ワールドにも浸ることができました。

DSC_1187

DSC_1195

DSC_1202

DSC_1217

DSC_1222

唐津東港に寄港した大型客船のにっぽん丸。

みなとまち・唐津ならではの風景。
かつて大陸への玄関口だった港は、
きっとこんな風に人も物も集まる賑やかな場所
だったんだろうな。

もう一度ルーツを見直して、
海からのまちづくりを考える良いきっかけになれば。

にっぽん丸01

にっぽん丸02

にっぽん丸03

にっぽん丸04

にっぽん丸05

にっぽん丸06

seaside

今年度も、唐津のプロジェクトは同時並行で動いています。
唐津に関わり出してはや10年、
こうしたご縁を毎年いただけることに本当に感謝です。

写真は、唐津シーサイドホテルの「ラウンジ・キャッスル」。
オーシャンビューを眺めながらゆっくりとコーヒーやお酒が楽しめる、
私の唐津癒しスポットの1つです。

唐津Roastの2号目で、
広告のお仕事を頂いて撮影場所にも使わせていただきました。

この風景があればそれで良いんです。贅沢な時間なのです。
その豊かさをどうデザインしていくか、唐津の将来はそこにあると
私は感じています。

佐世保市の宿場町・江迎でまちづくりプロジェクトに
関わらせていただくことになりました。

1つ1つがまだバラバラな印象ですが、
地域の方々と未来を描きながら、
どうやってまちを紡いでいくかが鍵になりそうです。

夏頃から住民ワークショップが始まります!

emukae001

emukae002

emukae003

emukae004

emukae005

emukae006

emukae007

emukae008

Copyrights