Roots

blog / local

2018.03.10 / local

One Day Karatsu

今日は活性化のお手伝いをしている唐津へ。

見帰りの滝では、自然の景勝地としての魅力作りに取り組む
地元の皆さんが主催する、河津桜まつりへ。
まだ桜は2分3分咲きでしたが、地元の特産品や飲食の出店もあって、
お客さんたちはのんびりと楽しんでいました。

呉服町商店街では、肥前やきもの圏のイベント会場となっている
「わかものやきもの市」へ。
唐津、有田、伊万里など、佐賀県内の焼き物を生かして、
若い女性をターゲットしたピアスや器を販売されていました。
イベントに合わせて、商店街の各店舗も様々な販促に取り組まれていて、
とっても賑わっていました。

そして最後に、本日オープンした唐津の名店・ツルヤ菓子舗の2号店へ。
曽祖父の時代のお店をテーマにしたアンティーク感溢れる店内と
長男・茂樹さんご夫婦の温かな空気に包まれたとっても素敵なお店です。

天候に恵まれ、地域の元気に出会い、
商店街で引いたおみくじも大吉と、
今日はとっても良い1日でした。

見帰りの滝・河津桜まつり

呉服町商店街・わかものやきもの市

本日オープンしたツルヤ菓子舗・2号店

本日は福岡県嘉麻市の寒北斗酒造さんからのご依頼で、
朝の6時半から酒づくりの仕込みを調査・記録させて
いただきました。

もうかれこれお付き合いが生まれて3、4年になりますが、
酒母や麹米、麹菌、元仕込み、温度管理などなど、
詳しいお酒づくりのことを社長や杜氏に根掘り葉掘り聞いたのは
初めてで、貴重な体験でした。

昔ながらの製法、道具、寝泊りの番で丁寧に仕込む
寒北斗酒造のお酒づくり。
これだけ手間暇かかる現場を見ると、飲むお酒の価値がグッと上がりますし、
ますます寒北斗ファンになりますね。

寒北斗ファンを増やす新たなプロジェクトも始動しそうです。
これからの寒北斗酒造に是非ご注目ください。

3泊4日の廃校活用&ローカルビジネスの視察ツアー。

百聞は一見にしかず。
実際に現地に行って、担当者の生の声を聞いて、たくさんの発見と気づきがありました。
偶然にも、西粟倉村で上勝町の「葉っぱビジネス」のお話が聞けたのはラッキーでした。

雑誌やメディアで受け取る情報は一部分にしかすぎず、その根底に流れている考え方や
現場の空気感、本当は抱えている課題はやっぱり行ってみないとわかりません。

頭から煙が出るくらいにたくさん充電したことを、
単なる知識として吸収するのではなく、俵ヶ浦半島の未来を切り拓くための肉付けに
していきたいと思います。

気がつけば、もう師走。
残り1ヶ月、ラストスパートします!

ハレとケ珈琲(徳島県三好市)

ハレとケ珈琲のオリジナル焙煎(徳島県三好市)

ハレとケデザイン舎・簡易宿泊(徳島県三好市)

フードハブプロジェクトの拠点・かま屋(徳島県神山町)

かま屋のビュッフェランチ(徳島県神山町)

かま屋の壁には、今日の食材が木札に描かれている(徳島県神山町)

かまパン&ストア(徳島県神山町)

かまパン&ストアの内観(徳島県神山町)

サテライトオフィス(徳島県神山町)

川のほとりに立つ宿泊施設(徳島県神山町)

旧粟石小学校の入居テナントの看板(岡山県西粟倉村)

旧粟石小学校に入居するフレル食堂(岡山県西粟倉村)

2017.10.14 / local

生業の風景

昨日はヒアリングの合間に、東彼杵町の主産業である
お茶の風景を巡りました。

高低差があったり、遠くに見える景色が違ったり、
この土地の風土から育まれた生業の多様性を知る
きっかけになりました。

お土産には、「お茶のこばやし」さんでお茶を。

お盆はホームページの打合せのため故郷・大阪へ。

時間を見つけて、大阪各地の商業・文化施設を回ってきました。

雑誌でみて一度は行きたかった、枚方T-SITE。
いまや全国各地で商業施設や図書館を展開する
カルチャーコンビニエンスクラブの
創業者が地元・枚方につくった商業施設。

枚方T-SITE外観

枚方T-SITE内観

ひときわ眼を引くその施設は枚方駅に直結していて、
蔦屋書店のほかに定番のスターバックスや
各種ショップ・飲食施設が入っていました。

特に目新しさというのは感じませんでしたが、
地域の人達で賑わっていて、暮らしに沿った
商業施設という感じでした。

続いて向かったのは、阪急百貨店。
さすがに全国一の売上げを誇る商業施設だけあって、
ものすごい人出でした。

催事場では鉄道のジオラマ展が開催されていて、
お盆休みとあって家族連れで大賑わい。
さすがの企画力ですね。

阪急百貨店梅田本店の催事

そして最後は水の都・大阪の象徴となる中之島へ。
川沿いには個性的なビルが立ち並んでいて、
太陽の塔と同じく、私にとっては「大阪らしい」といえる
風景なのです。

水の都・大阪の中之島の風景

大都市の商業施設になかなか立ち寄る機会がないので、
いろんな意味で参考になり、そして私の携わっている
「地方らしさ」や「地方にしかできないこと」の大切さを
強く感じた時間でした。

Copyrights