Roots

blog / local

昨年度、観光振興プランづくりに少し関わらせて
いただいた唐津市肥前町のいろは島にようやく行くことができました。

いやぁ、ここのキャンプ場最高ですね。
景色も良いし海水浴場もプライベート感満載で大満足でした。

改めて肥前町の観光の可能性を感じました。

週末は俵ヶ浦半島・野崎町の「郷土を愛する会」の
バーベキューへ。

もうかれこれ20年以上も続く地元の親睦行事に、
私たちサポートチームもお呼ばれして、
そして移住してきたアメリカ人家族も3組参加。

言葉はそこまで通じていないけど、
どローカルなコミュニティに和気藹々と
終始笑い声が聞こえてくる。

どんな人でも受け入れる器、異文化を知ろうとする好奇心。
それさえあれば、言葉なんて必要ない。

どっさりと釣れたイサキやアジ、イカに日本酒、
そして目の前に美しい風景と楽しいコミュニティがあれば、
もうそれは幸せとしか言いようがない。

そこには、国境を超えたコミュニケーションが成立している。
これがずっと思い描いていた、俵ヶ浦半島の理想の
コミュニケーションのあり方だと地元の人たちに教えてもらった。

最高に豊かな時間。
来年は家族や友人も呼んで参加したい。

昨日は久しぶりに佐世保市俵ヶ浦半島の
「半島キッチン ツッテホッテ」へ。

やっぱりここから見る景観は特別です。

店長の竜也さん、佐世保市の担当者、
そして唐津→佐世保にやってきた仲良しの新聞記者さんと、
展海峰の観光状況や佐世保の可能性、ツッテホッテの食レポと、
気づけばあっという間に時間が過ぎていました。

動いてみて出てくる課題、みんなで話すと見えてくる新たな光。
現場に行って対話するという当たり前の大切さを感じました。

2018.03.10 / local

One Day Karatsu

今日は活性化のお手伝いをしている唐津へ。

見帰りの滝では、自然の景勝地としての魅力作りに取り組む
地元の皆さんが主催する、河津桜まつりへ。
まだ桜は2分3分咲きでしたが、地元の特産品や飲食の出店もあって、
お客さんたちはのんびりと楽しんでいました。

呉服町商店街では、肥前やきもの圏のイベント会場となっている
「わかものやきもの市」へ。
唐津、有田、伊万里など、佐賀県内の焼き物を生かして、
若い女性をターゲットしたピアスや器を販売されていました。
イベントに合わせて、商店街の各店舗も様々な販促に取り組まれていて、
とっても賑わっていました。

そして最後に、本日オープンした唐津の名店・ツルヤ菓子舗の2号店へ。
曽祖父の時代のお店をテーマにしたアンティーク感溢れる店内と
長男・茂樹さんご夫婦の温かな空気に包まれたとっても素敵なお店です。

天候に恵まれ、地域の元気に出会い、
商店街で引いたおみくじも大吉と、
今日はとっても良い1日でした。

見帰りの滝・河津桜まつり

呉服町商店街・わかものやきもの市

本日オープンしたツルヤ菓子舗・2号店

本日は福岡県嘉麻市の寒北斗酒造さんからのご依頼で、
朝の6時半から酒づくりの仕込みを調査・記録させて
いただきました。

もうかれこれお付き合いが生まれて3、4年になりますが、
酒母や麹米、麹菌、元仕込み、温度管理などなど、
詳しいお酒づくりのことを社長や杜氏に根掘り葉掘り聞いたのは
初めてで、貴重な体験でした。

昔ながらの製法、道具、寝泊りの番で丁寧に仕込む
寒北斗酒造のお酒づくり。
これだけ手間暇かかる現場を見ると、飲むお酒の価値がグッと上がりますし、
ますます寒北斗ファンになりますね。

寒北斗ファンを増やす新たなプロジェクトも始動しそうです。
これからの寒北斗酒造に是非ご注目ください。

Copyrights