Roots

blog / local

昨日は浮羽の赤司農園へ。

すっかりファンになった「町屋あかりや」さんや
THIS DESIGNの定松さんご夫妻達が運営に参加する、
生産者と地域を食でつなぐイベント。

これまでは福岡市の街中で開催していたみたいですが、
今年は生産者のいる地域=浮羽で初開催!

貸切バスでのんびりと2時間ほどかかって到着。
福岡市内の素敵な飲食店と生産者達が手塩にかけた料理を
8品フルコースで提供してくれて、食のお供にはたくさんのワイン。

桃畑の段々畑でレジャーシートを広げて、景色を見ながらのんびり、
様々な出会いや素敵な音色に恵まれて、居心地の良い時間でした。

こういう時間の過ごし方、地域との出会い方って、とても参考になります。
ここでもあそこでもやってみたいなぁと勝手に妄想しながら。。。
大満足のイベントでした!

唐津市の七つの島で取り組んでいる離島留学の
今後の取組みのヒントを得るために、
先週は地元の皆さんと徳島県美波町伊座利地区へ。

この伊座利地区は、学校が廃校の危機に面したことを
きっかけに住民が立ち上がり、行政に頼らない形で
住民全員が構成メンバーとなる活性化協議会を結成し、
伊座利を体験する1日イベントや漁村留学、アート展、
いざりCafe、宿泊事業、6次産業化など、様々な
事業に取り組んでおられます。

キーパーソンや移住者、校長先生にみっちりとお話も聞けて、
定置網体験や伊座利校の見学もできて、
濃密な2日間となりました。

来月は馬渡島を舞台に地元で勉強会。
きっと馬渡島ならではの解決方法が見つかるはずです。

にしても1月は視察月間でした。
たくさん充電したことをきちんと地域に還元していきます。

昨日今日と佐世保市俵ヶ浦半島における食のブランディング、
地域ビジネスの先進事例を学ぶため、地元の皆さんと
宮崎県高千穂町秋元集落へ。

地域づくりの世界では有名な株式会社高千穂ムラたびの
飯干社長のご案内・レクチャーで、食の商品開発や販路拡大、
地域経営についてみっちりと学びました。

秋元集落はほんと僻地でしたが、そんな中でも田舎ならではの
強みを生かして、失敗からたくさん学んで成長している姿に
地元の皆さんもビンビン反応していました。

今でも自腹でヨーロッパに行って、グリーンツーリズムや
オーガニック、スローフードの現場を見聞きして事業に活かす
姿勢は素晴らしいですね!

この学びをどう生かすか。あとは行動するのみです。

週末は鹿児島へ。

長らくお会いできていなかった広告プランナーの大迫さんと、
新しい事務所で近況報告やこれからのことをお話しできた時間。

現在お手伝いしている教育事業に多大なる気づきと新たな視点を
与えてくれたあすなろ保育園の福重園長との出会い。

そして、私の大好きなアパレルショップZOOLの廽さんご夫婦と
初めてゆっくりお互いのことや考えを語り合えた夜。

とっても充実した鹿児島時間になりました。
こうした個人との繋がりや共鳴をもっと今年は増やしていきたい。
個人として、ルーツとして、まだまだ成長できることが楽しみです。

年の瀬に極寒の京都へ。
先日行った信州よりも寒い京都の冬・・・

でも、さすがは日本を代表する観光地、
道行く人の半分は外国人かというくらい、
アジア、欧米、世界の観光客であふれかえっていました。

いつもお世話になっているNO PLANNINGの村井さんが
学生時代に京都で人力車のバイトをしていたということで、
京都嵐山を案内してもらうことに。
ゆっくり見る嵐山は初めてで、いろんな発見がありました。

夜は京都綾小路にある満月の花へ。
久しぶりに再会した料理家の吉村さん、
オーナーの高木さんともゆっくりお話しすることができ、
お酒と食、人をつなぐアイデアを沢山いただきました。

九州と故郷の関西をつなぐ仕事が来年は1つでもできたら
良いなぁと思います。

京都2日目は、デビットアトキンソンさんの本を読んで、
ゆっくり訪ねてみたかった二条城へ。
あいにく改修中で建物の中には入れませんでしたが、
ぐるっと1周ゆっくり見ることができてよかったです。

そして最後は京都で大人気のつけ麺屋さんと錦市場に。
食の京都を堪能して後にしました。

2018年の締めくくりに良いローカル旅となりました。

嵐山の竹林の小径

嵐山には人力車が似合いますね。

嵐山の空を望む

二条城をゆっくり見るのは初めて。

二条城の建物内観を見れなかったのが残念。

京都在住の料理家・吉村さんと。お酒と食のアイデアやこれからを色々話せました。

京都最後の昼食は大人気のつけ麺屋へ。並んだ甲斐がありました。

最後は京都の台所、錦市場へ。相変わらずの活気。

Copyrights