Roots

blog / local

2017.10.14 / local

生業の風景

昨日はヒアリングの合間に、東彼杵町の主産業である
お茶の風景を巡りました。

高低差があったり、遠くに見える景色が違ったり、
この土地の風土から育まれた生業の多様性を知る
きっかけになりました。

お土産には、「お茶のこばやし」さんでお茶を。

お盆はホームページの打合せのため故郷・大阪へ。

時間を見つけて、大阪各地の商業・文化施設を回ってきました。

雑誌でみて一度は行きたかった、枚方T-SITE。
いまや全国各地で商業施設や図書館を展開する
カルチャーコンビニエンスクラブの
創業者が地元・枚方につくった商業施設。

枚方T-SITE外観

枚方T-SITE内観

ひときわ眼を引くその施設は枚方駅に直結していて、
蔦屋書店のほかに定番のスターバックスや
各種ショップ・飲食施設が入っていました。

特に目新しさというのは感じませんでしたが、
地域の人達で賑わっていて、暮らしに沿った
商業施設という感じでした。

続いて向かったのは、阪急百貨店。
さすがに全国一の売上げを誇る商業施設だけあって、
ものすごい人出でした。

催事場では鉄道のジオラマ展が開催されていて、
お盆休みとあって家族連れで大賑わい。
さすがの企画力ですね。

阪急百貨店梅田本店の催事

そして最後は水の都・大阪の象徴となる中之島へ。
川沿いには個性的なビルが立ち並んでいて、
太陽の塔と同じく、私にとっては「大阪らしい」といえる
風景なのです。

水の都・大阪の中之島の風景

大都市の商業施設になかなか立ち寄る機会がないので、
いろんな意味で参考になり、そして私の携わっている
「地方らしさ」や「地方にしかできないこと」の大切さを
強く感じた時間でした。

週末は宮崎県高原町へ。
役場での打合せとプロモーション用冊子の取材・撮影に
向けたロケハンを兼ねて、1泊2日で御池キャンプ場に
宿泊しました。

が、、、台風が前乗りしたのか、高原町だけなぜか雨雨雨。
全くロケハンになりませんでした・・・

鹿児島に移動したら、今度は台風5号がやってきて停滞。
私が行くとこ雨ばかりで、ほんと嫌になります(涙)。

記録的な大雨になるところも出ているようで、
今回の台風で被害が広がらないことを祈るばかりです。

写真は、雨が止んだときに視察のために訪れた霧島アートの森。
クリエイターの中島信也さんと森本千絵さんの「森の中」展。

夏が似合う街。

焼物や食、お祭りに彩られた文化薫る秋も大好きだけど、
夏の唐津はやっぱり素晴らしい。

七夕の金曜日は、佐賀県嬉野市のNPO塩田津町並み保存会の方にお招きいただき、
空き店舗・町並み活用や観光客誘客・PRに関する取り組みについて
お話しをさせていただきました。

伝統的建造物群保存地区に指定される塩田津の町並みは、
その建物の保存具合、豪華さはもちろんのこと、路地や歴史もあって
とても魅力的です。ただ、そのインフラをどう活用していくかのソフトの
視点が足りないと私が唐津市中心市街地で取り組む内容を参考に、
空き店舗の活用方法や町のコンセプト、後継者育成などなど、
活発な意見交換がなされました。

あとはどう生かすか、覚悟を決めるか、ですね。

Copyrights