Roots

blog

seminar01

seminar02

先日、大学の恩師にお招き頂き、
母校九州大学の授業「土木と社会セミナー(対象は学部2年生)」で
1コマ講義をさせていただきました。

毎回社会で活躍する土木出身のゲストを招いての授業のようで、
そうそうたる顔ぶれの講師の中で呼んで頂いたのは本当に嬉しかった。

タイトルは「地域活性化の現場と事業プロデュース」。
最初の60分は話、残りの30分は質問タイムということでしたので、
これまで8年関わっている唐津のまちづくりを中心に話をさせていただきました。
(結局は70分以上話してしまいましたが・・・)

私の仕事は全く土木チックではないので果たしてわかってもらえるだろうかと
やる前は少々不安を感じていましたが、意外にも寝ている学生は少なくて、
みんな「ふむふむ」と聞いてくれました。
私が学部2年の頃はこんな真面目ではなかったのに、みんなきちんと「意志」を
持って大学を選び、授業に取組んでいる。感心しました。

質問タイムでは、いろんなご質問を頂きました。
みんな学生なりに日本や地域のあり方に問題意識を持っている。
「僕はこう思うんですけどどう思いますか?」なんて結構鋭い質問もあったり、
最後には、私が在学時代に授業を受けていた名誉教授の方からとーっても鋭い
質問をいただき、自分の仕事を振り返りながら終始楽しい時間を過ごすことができました。

たまたま授業の数日前に、千葉県の学生さんから
「地域活性化の仕事を将来したいので、色々と教えて下さい」とメールを頂き、
この授業のことを紹介したらなんと千葉県から聴講に来てくれました。
その学生さんとは授業の後に色々と話をしましたが、とってもピュアな想いを
持っていて、感心させられました。

聴講した学生さんからの感想文を読むと、
「地域活性化の仕事をしたい」と書いてくれている子が多くて驚きました。

同志がいるっていいですね。
なんかこちらが勇気づけられた日でした。
いつか地方の現場で再会できたら。
楽しみにしています。

昨日、委員長を務める「城内地区・曳山通り 景観まちづくり検討委員会」の
事務局打合せがあり、屋外広告物について話が挙がった。

もちろん景観の統一性を演出するためなら、電飾看板やでかでかと目立つものは避け、
素材や色に統一感をだすことが望ましい。

でも一方で、タイムズスクエアや中州のネオン街のように、屋外広告物がまちのイメージを
つくっていくというケースもある。特に商業地ではそうだろう。

現在景観まちづくりの協定づくりを進めている
唐津市の呉服町商店街でも同じような議論がでた。
商店街を歩くとワクワクする。そのワクワク感は両側に個性あるお店が
しっかりと息づいていることなんではないか。

だからこそお店の個性は大切にしよう。
店舗の看板は、店舗の持っているこだわりや空気を醸し出す
大切なアイコンになる。あくまでも「商店街の楽しさの本質」を考え、
商店街オリジナルのサインを模索中だ。

その方向性を共有するために、私がこれまでに旅や仕事で訪ねた全国・世界のまちの
店舗看板を色々と探しては商店主の方にお見せして、何回も何回もイメージを話し合った。
こうした些細な看板でさえ、まちの個性やイメージを伝える大切なツールになるのだ。
看板だけみても、それぞれのまちに個性があって楽しい。

鞆の浦、広島県

鞆の浦、広島県

柳川市、福岡県

柳川市、福岡県

別府市、大分県

別府市、大分県

日田市、大分県

日田市、大分県

那覇市、沖縄県

那覇市、沖縄県

湯布院、由布市

湯布院、由布市

津屋崎、福岡県

津屋崎、福岡県

大阪市、大阪府

大阪市、大阪府

阿蘇市、熊本県

阿蘇市、熊本県

ポートランド、アメリカ

ポートランド、アメリカ

ポートランド、アメリカ

ポートランド、アメリカ

チビダーレ、イタリア

チビダーレ、イタリア

エジンバラ、スコットランド

エジンバラ、スコットランド

今年から健康のために週2〜3回走っている。

でも、もともと「走る」だけは苦痛だった。
同じ公園を何周も走っても、風景が変わらず飽きてくる。

で、あっち行ったりこっち行ったりしながら、
ランニングルートを開拓して行った。

いま定着しているのは、
商店街→福岡タワー→海岸線→川→都市高速道路→港→公園
というルート。福岡の特徴的な景観をみれるから、
個人的には気に入っている。

前のブログに書いたけど、走ることは街を知ることに繋がる。
時間帯や滞在する人によって、同じ風景も違って見えてくる。
私的には、まちの現状調査(仕事)と健康アップ(痩せる)で
ランニングは一石二鳥なのだ。

あと、走ると脳が活性化して色々とアイデアが湧いてくる。
何か企画書を書く仕事があると、ほとんどのアイデアや構成は
走っている時に決まっている。
最近では朝の早い時間に走るので、その日のスケジュールや段取りが
整理できて効率的に仕事が始められる。
気づけば、夜更かしもあまりしなくなり、朝型人間になっている。

一石三鳥、一石四鳥のランニング。
できればずっと続けて行きたいし、各まちまちで特徴を生かした
ランニングコースを開発してみたい。

fukuoka01

fukuoka02

fukuoka03

fukuoka04

fukuoka05

renewal design01

renewal design02

これまで唐津焼ブランディングの一環としてお手伝いしている
唐津焼マップややきもん祭りポスター等のPRツールが、
「地域の魅力を引き出す!リニューアルデザイン」に掲載されました。

全国の魅力的なブランディングが紹介される中、
微力ながら携わった事例が取り上げられるのはとっても嬉しいです。
いつもとは違ったターゲットに、唐津焼のこと、地域のことを
知って頂くきっかけになりますし、Rootsの仕事がカタチに残ることも
非常に光栄に思います。

紹介されたのも、積み重ねがあってのこと。
立ち上げの時から、こうしたブランディングの機会を与えていただいた
唐津の地元の方々に感謝です。

これからも、地域での積み重ねを大切に。

昨年、ご縁があって唐津市で受講していた
「日本伝統文化コーディネーター」に合格し、
見事上級資格を取得することができました。

狂言や歌舞伎、能、三味線など、
近くて遠かった日本文化の世界を知り、
日本人としての誇りが芽生えると同時に、
この文化を途絶えさせてはいけないと痛感しました。

幸い、唐津のルーツである唐津焼の文化継承には
従事させていただいてますが、今後は
日本伝統文化の継承にご尽力する
一般社団法人日本伝統芸術国際交流協会さん(ホームページはこちら)の
取り組みに参加し、広く伝統文化の発展・継承に関わらせていただきます。

日本のルーツ再生、とても意義深い取り組みになることを
期待しています。

150522

Copyrights