|

Roots

blog

tihousyometsu

元岩手県知事の増田さんが書いた「地方消滅」を読んだ。

なんとなくは意識していたけど、ここまで具体的な数字で
人口減少の推移を見るとぞっとしてしまう。

既に人口減少の急激な波を受けている地域も少なくない。
そして、若者は仕事を求めて東京に集中し、仕事のキャリアアップや
機会を求めていくにつれて女性の結婚率は下がり、少子化に拍車がかかる。
東京だけに人口が一極集中し、東京に超高齢化社会が到来する。
増田さんのいう、「極点社会」のイメージだ。

私も結婚して子供が生まれてから、女性の子育てや働く環境にようやく
目がいくようになったが、その環境は決して充実したものとは言えない。
預けて働くにしても希望に叶った託児所は整備されていないし、

送り迎えのアクセスや働きやすい環境もまだ整っていない。
まちづくりにもっと子育て世代の声を反映しない限り、
具体的に目に見えた形で出生率は上昇しないだろう。

九州の地方都市でまちづくりの将来像を考える機会がたくさんあるが、
最近では、「若者」「コミュニティ」についての真剣な住民の声が
よく聞こえてくる。

いまの子供達だけではなく、これから生まれてくる子供達の未来も
考えていかなくてはいけない時代になった。
目先のことだけではなく、10年いや30年、50年先のビジョンを
しっかりと見据えなければ、将来を託された若者達のまちは残っていない。
現在まちづくりに関わる人達には、その責任が託されている。

徹底的に子育てしやすいまちを創る。
地方に働き口がなくても、地方の都市部に通えるベットタウンとしての
環境づくりを徹底する。
神山町のように、環境とITを売りにして東京の起業家を引っ張ってくる。
それぞれのまちで、規模や資源、立地に見合った戦略があって良い。
都市と地方の人口交流を活発にし、九州という単位で人口流出に歯止めを
かける広域的な考え方も面白いと思う。

この本は、まちづくりに関わる人達が前提条件として理解しておくべき
大切なデータをまとめてくれている。

「地方創生」は、政権が変わろうが変わらまいが、
いますぐに取り組まなければならない課題だ。

身の引き締まる思い。
もっと考えよう、もっと行動しよう。

2014gj-s_aichiA4_omote.ai

2014gj-s_aichiA4_omote.ai

今回、とあるご縁で愛知県名古屋市で講演する機会をいただきました。
お話を頂いたときは、嬉しさ半分、恥ずかしさ半分といった気持ちでしたが、
こうして自分が取り組んできたことを見ず知らずの方々にお話しさせて頂くことは、
これからの自分の仕事のあり方を見返す貴重な場にもなる。

前向きに受けさせて頂くことにしました。
いろんな立場・分野の方々がもっと地域で活躍できるように。
少しでも参考になればと考えています。

いまからとても楽しみにしています。

ホームページはこちら →→→ Good Job!セミナー愛知

西日本新聞(2014年11月1日)

西日本新聞(2014年11月1日)

佐賀新聞(2014年11月2日)

佐賀新聞(2014年11月2日)

先日、西日本新聞と佐賀新聞の取材を受け、大きくご紹介いただいた。
曳山通り・城内地区の景観検討委員会の委員長として、
開催直前となる唐津くんちと町並みのあり方について意見を求められたのだ。

唐津くんちは、唐津が誇るお祭りだ。
でも、単なる一過性のお祭りではなく、唐津の町の歴史や文化、おもてなしが凝縮された、
まちの大切なルーツだ。唐津のまちづくりに携わり、知れば知るほどに、唐津くんちは
まちとは切っても切れない関係にあることがわかってくる。

委員長という大役を任されてから、くんちの関係者や地域住民の生の声を
お伺いできる貴重な機会をいただいている。

くんちの関係者からは、昔からの町割が残る狭い路地・下屋すれすれに山が通るのが
くんちの醍醐味であり、近年建物が壊れ道路が拡張する現状を危惧する声が多い。
もともとは各町の生業の繁盛を願うお祭りで、神様がまちまちを巡るのだから、
そこに生業や暮らしがないといけないし、その象徴となるのが曳山通りの景観なのだ。
くんちの話を聞くと、唐津の歴史がわかり、唐津っ子の生き様がわかる。

今年のくんちは、いつもとは違う想いで見ていた。
曳き子の多くは地元に住んでいないと言われているが、
それでもまちには世代を越えて祭りを繋いでいる地域住民がいる。

くんちのコミュニティがあれば、唐津もまだまだ大丈夫だ。
微力ながら、その暮らしを繋いでいけるお手伝いができればと思う。

総塗替が行われた大石町の鳳凰丸

総塗替が行われた大石町の鳳凰丸

140周年を迎えた京町の珠取獅子と町家

140周年を迎えた京町の珠取獅子と町家

下屋から見る曳山

下屋から見る曳山

dobokore_osaka

今年度当初からお手伝いをさせていただいている
土木学会創立100周年記念事業の「土木コレクションHANDS+EYES」。

全国巡回展もいよいよ終盤戦。
次回開催されるのは、JR大阪駅。
そう、独立して以来初の故郷でのお仕事です。

独立し、子供が生まれてから、
自然と故郷愛が強くなって、
いつか仕事ができたらと願っていました。

今回はポスターやクリアファイル、会場パネルのデザイン、
会場レイアウトの企画に携わらせて頂いています。

期間中には、会場設営と運営にも。
初めての故郷でのお仕事楽しみです。

関西にお住まいの方は是非ともお越し下さい。
土木も良い仕事してるんだ、と一人でも多くの人に
メッセージが伝わりますように。

「やっぱり企画は手書きに限る」

パソコンでデータをつくるのは、
あくまでも考えや伝える内容が整理できたものを
「清書」するため。

時間がなくてパソコンからつくり始めることも
たまにはあるけど、ないならないで手書きの資料を
そのまま出した方が考えの経緯がわかって良いなぁと。

昨晩の打合せでつくづくそう感じたのでした。
忙しいときこその「原点回帰」、大事ですね。

2012年4月に訪れたイサムノグチ設計のモエレ沼公園(札幌)

2012年4月に訪れたイサムノグチ設計のモエレ沼公園(札幌)

Copyrights