Roots

blog / local

今週はブランディング業務の集中週間。
ポスター、チラシ、カタログの入稿やら、パンフレットのラフづくりやら、
撮影の段取り・ロケハンやらが一気に重なって、スタッフ総出でバタバタと。

明日明後日は九州大学の出身学科のパンフレット撮影・取材ですが、
雨男の私が行くとなるとやはり天気が悪くなります(涙)
明日は室内撮影なので問題ありませんが、日曜日の天気が微妙です。

さて、先週末の報告を。
知り合いからのご相談で、大分県九重町にワーケーションのモニター体験を
してきました。コロナ禍で観光が大打撃を受ける中(観光客がそもそも来ない)、
全国各地でワーケーションに注目が集まり、導入する自治体が増えています。

そもそもワーケーションとは、働きながらバカンスをする、もしくはバカンスする
旅先に滞在してゆっくり集中して仕事をすることを指します。
私の勝手なバランスとしては、仕事50、バカンス50。いや、仕事70、バカンス30か?
企業でも導入する動きが増えていますし、旅館の1室を企業と契約してワークルームに
する動きも出てきています。

弊社のようなプランニングやプロデュース、ブランディングがメインの仕事だと、
ノートパソコンとwifi環境さえあれば、どこでも資料が作れるし、メール送れるし、
関係者と調整できるし、オンライン会議もできる。

前々から2地域居住にはとても関心があり、九州の地方の地域づくりに関わる立場と
しては、自然豊かな地方の環境に身を置いてワーケーションできる場所をずっと
探しているし、そういう体験を重ねたいと思っていました。

今回のお誘いはとてもありがたく、ワーケーションを導入する、地域で提案していく立場
としても、貴重な学びの場となりました。

九重町はやまなみハイウェイに代表される山々の圧倒的・開放的な美しい景観と
そこかしこに湧き出る温泉の豊富さが相まって、最高のワーケーション環境。
冬のスキーリゾートや薪割りを体験しつつ、温泉旅館にパソコンを持ち込んでしっかりと仕事しました。

自ら体験することで、こういう機能があったら良い、こんな環境があれば良い、
地域としてこんな条件が整っていたらワーケーションとして魅力的、
色々な発想が生まれてきます。

今年は是非ともワーケーションなるもう一つの拠点が欲しい。
弊社が関わる地域づくりの中でそれが実現できたら最高だろうな。
ワーケーションのプロジェクトをどこかの地域で実践してみたいな。

良い物件情報そしてプロジェクト構想がありましたらよろしくお願いします。

(佐藤 直之)

週末は久しぶりに八女へ。

伝統的建造物郡保存地区の福島地区をぶらり散策。
旧八女郡役所が酒屋にリニューアルしていたり、
行列のできる蕎麦屋ができていたり、
少しずつ町の新陳代謝がおこっている。

八女の福島地区には大学生の時にワークショップで
お邪魔して、当時市役所の職員だった北島さんは
今ではすっかり福島地区再生のキーマンになっている。

それ以来、北島さんとは数年に1回くらいやりとりして、
唐津で街並み・建築再生のNPO法人「からつヘリテージ機構」を
立ち上げた時にも、八女での取り組みを話しに来ていただいた。

数年前には、佐賀市在住のカメラマン藤本さんの計らいで、
伝統工芸の再生を担う八女の地域商社「うなぎの寝床」の
白水さんを紹介してもらい、色々とお話しすることができた。

そして久しぶりに訪れた「うなぎの寝床」は、1号店がもんぺの
専門店として、2号店が近くの古民家をリノベーションした
セレクトショップとして生まれ変わっていた。
クラフトツーリズムやUNAラボラトリーというものづくりの
文化や風景を再構築する新たな展開もしているし、
白水さんやるなぁー。

1人の街に対する想いが街を動かし、人を呼び、新たな想いを
運んでくる。地域の大切な資源を活用して新たな命を吹き込む
兆しというか、土壌を作っていくのが、まさにルーツとしての
背骨になる部分だよなぁと、八女の街を歩きながら
しみじみと再認識したのでした。

(佐藤 直之)

連休は鹿児島の大隅半島をライド。

初の宿泊、本格的なサイクルツーリズムの実践ということもあり、
準備はいつもより念入りに。

ずっと行ってみたかったのが、鹿屋市の「ユクサおおすみ海の学校」。
ここを目的地に設定して、コースを設定。

1日目の夜は鹿児島港に近い鹿児島のホテルに宿泊。
翌日早くに港へ行って桜島フェリーで桜島に上陸。
船の中はロードバイクのライダーでいっぱい。
荷物が少ないことを考えると地元ライダーでしょうか。

桜島をぐるっと半周したら垂水市に入って、錦江湾沿いを南下。
途中、猿ヶ城渓谷まで足を伸ばし、ヘトヘトになった後は鹿屋の
昼食めがけて移動。

にもかかわらず、目当てにしていたうどん屋は臨時休業、
とんかつ竹亭本店は大行列と・・・疲れた体を栄養チャージしてくれる
昼食屋にありつけず、泣く泣くアラヘアムへ。

アラヘアムでは多種多様な植栽や雑貨を見て、
奥のカフェで一休み。酸味のあるコーヒーで休憩。

少し休んだ後に目的地のユクサおおすみへ。
念願の!海辺に面したとても気持ちの良い施設。
学校の佇まいをうまく残しつつ、食堂やショップ、カフェ、自転車屋など
ユニークなお店が出店しています。

その中のお目当てがbean to barの製法でチョコレートを作るkiitosへ。
店主と施設の立ち上げのことや知り合いのこと、色々とお話できて良かった。
チョコレートアイスとクラフトコーラは絶品でした。

自転車に乗るまでこんな甘いものは食べませんでしたが、この途中での糖分が
体の疲れを癒してくれます。心身ともにエネルギーチャージした後は、錦江湾を北上。
自分なりの目標地を定めてライド、途中休憩しようと思いましたが、
なぜか休憩する場所が全くなくて2時間半ぶっ続けで走ることに・・・
気がつけば90マイル(約150キロ)も運転して、ヘトヘトになって国分のホテルへ。

初めての宿泊・ご当地ライドでしたが、ローカルの良さも堪能しつつ、
色々と学び、発見がありました。

これからも九州各地をライドしていきます。

(佐藤 直之)

国道10号から桜島を望む

錦江湾沿いの夕陽は疲れた体を癒すご馳走でした

桜島から北へ向かう錦江湾の風景

荒平天神へ。

kiitosのチョコアイスクリームは絶品でした

学校跡を活用したチョコレート工場kiitosへ。

海辺の学校はとても気持ちよく。

目的地のユクサおおすみ海の学校へ。

アラヘアムのカフェで休憩

行きたかった鹿屋のアラヘアムへ。

垂水の猿ヶ城渓谷へ。坂道が多くてかなり体力消耗。

桜島の溶岩展望所。ライダーもちらほら。

桜島フェリーで桜島へ出発

毎日毎日うだるような暑さ。
コロナ対策はもちろん大切ですが、この炎天下の中で
マスクして熱中症にならないよう最大の注意が必要ですね。

お盆明けからは新たなまちづくりプロジェクトも始まり、
9月・10月にはヒアリング調査やモニター調査などが入ってきて、
コロナで遅れていたプロジェクトもいよいよ本番という感じです。
くれぐれもスタッフ一同、健康には注意してまいります。

そんな炎天下が続く中で、最近の楽しみといえば週末のライド。
お盆に買ったロードバイクに乗って、毎週末練習兼ねてあちこち行くのが
とっても楽しい。

九州1周のサイクルツーリズムの仕事をしているロードバイクの先輩である
友人に便乗して、先々週末は南の那珂川へ、先週末は西の糸島へ連れてって
もらいました。那珂川は過酷な坂道、糸島は往復80キロと、毎回の試練を
乗り越えながら、道中の景色や立ち寄り・休憩スポットを満喫しながら
サイクルツーリズムを楽しんでいます。

自転車だと休憩したり、立ち寄ったり、ご飯食べたりしながら、
休み休み長時間乗れるし、観光の可能性がぐんと広がる気がします。
今週末は一人で東へ?挑戦してみます。

自ら実践しながら、九州の観光の可能性を広げていけるよう
サイクルツーリズムを推進していきます!

(佐藤 直之)

那珂川で記念設営

糸島ライドの道のり

那珂川の南畑ダム

那珂川の五ケ山キャンプ場

先週、唐津で久しぶりに友人達と飲んでいて、
前々からやってみたいと思っている2地域居住について
話していたら、「だったらうち全然使って良いですよー!」
って陶芸家の健太郎さんがあまりにあっさりと話すもんだから、
「だったら今週末行きますよ!」って話があれよあれよと
盛り上がり・・・

かみさんに話したらもちろん乗り気で、
もしかしたら酔っぱらった勢いで言って覚えてないんではと
念のため確認してみたら、「もちろん良いですよー」って
翌日健太郎さんからお返事が来ました。

ということで、ずっと憧れを抱いていた2地域居住のチャンスが
いきなり舞い込んできたのであります。

まぁそうは言っても、ただ週末に友人の家に泊まりに行くという
スタートであり、まだ本腰入れて2地域居住が実現したわけではなく、
どんな感じで始めたら良いのかを実験する機会がやってきたという
方が正しいですね。

滞在する舞台は、唐津焼・健太郎窯の工房。
唐津を感じられる滞在先としては、申し分のないところ。

唐津に到着すると、唐津湾が一望できる温泉に直行。
子供がすっかり気に入っている温泉で、十分に癒された後は、
唐津うまかもん市場に行って夜ご飯の食材の調達。
この市場は魚だけでなくお肉も野菜も充実していて、
料理好きなかみさんにとっては大のお気に入り。

夕方に工房に到着すると、健太郎さんは仕事をしていて、
部屋の案内をしてもらった後は子供達とデッキでゆっくりハンモック。
お話ししながらゆっくりと火をおこしつつ、夕食のBBQの準備。
子供は敷地内を走り回って、昆虫探しに夢中。

涼しい風が吹いて、デッキでご飯を食べるには申し分のない天気。
家族でゆっくりご飯食べたら、子供達はまた虫を探したり、遊んだり、
大人はゆっくりとお酒を飲んで寛いだり。。。

あっという間に時間が経過して、あたりは真っ暗。
家族との夕食を済ませた健太郎さんが
工房に戻ってきて、夜遅くまでついつい話し込んでしまいました。

朝起きたら虹の松原までゆっくりジョギングして、
シャワーを浴びた後はデッキでゆっくりコーヒーとモーニング。

ご飯を食べた後はのんびり片付けして、
健太郎さんのご好意で、子供達は工房で器づくり体験。
大人は展示室の器を物色して購入。

福岡から1時間で得られるもう一つの暮らし。
最初にしては出来すぎたくらいに快適で、素敵な週末でした。
何よりもこうした機会を提供してくれた健太郎さんの懐の深さに感謝。

子供の学校や保育園、夫婦の仕事を考えると、いきなり都会から田舎に
移住するには大きな覚悟が必要です。
でも、年を重ねるとあまり商業施設や商業地にはいかなくなり、
週末に福岡にいる必要性を感じなくなっていました。
もっと自然を身近に感じられて、地方の空気や食材、文化を感じられる方が
私達夫婦にとっても、感性が豊かな子供にとっても魅力的。

移住までいかない2地域居住の形って、私達が今求めるライフスタイルであり、
結構ニーズがあるんではないかと勝手に思っています。

また、私達の仕事は地域の仕事が多くて、平日休日問わずに出張することが
多いもんだから、仕事とプライベートを兼ねた拠点が地方に欲しいなぁと、
関わっている地域でアンテナ張って見ているですがこれがまた意中の物件には
なかなか出会わなくて。。。

そして、意中の物件との出会いに加えて、じゃあ平日の管理はどうする?
家賃は?どこまで手を入れる?ということまで視野に入れると、
なかなかすぐには実現できないなぁと、思いはあってもなかなか前に進まない
という状況が続いていました。

今回はたまたま友人のご好意で、仕事場の空いている時間やスペースを
シェアしてくれました。もちろん私たちのことを信頼してくれているという
これまでの付き合いが大きかったですが、
ロケーションは最高だし、管理の手間隙はかからないしと、
私にとっては2地域居住の可能性が大きく広がったような気がします。
(可能性が広がったというのか、気軽さがましたというのか)

もちろん健太郎さんの窯に毎週末寄せてもらうわけにはいかないけど、
私たちなりの2地域居住をこれから具現化していきたいなぁと思ってます。

今回のケースでいくと、別に2地域居住に限らず、3地域、4地域と、
もっと九州全体に幅を広げて複数居住を進められるかもしれません。
せっかくだったら、私達が実験台?となって、ルーツが関わっている地域で
取り入れていくのも面白いなぁと勝手に妄想中。

0か100かではなく、50が70、90になる発想。
ゼロから空き家を改修・管理するのではなく、空いている時間や空間を
シェアするシェアリングエコノミーの実験。

これから模索していきます。

(佐藤 直之)

Copyrights