|

Roots

blog / local

2021.09.14 / local

まちの灯り。

先週土曜日、誕生日だった息子のバースディケーキを
買いに行った時のお話。

大学時代の後輩のお姉さんが我が社の事務所近くで
スウィーツ屋さんを営んでいるという情報を入手し、
前日に慌ててケーキを注文。

当日お店に伺うと、外には大行列が!
1組1組入店して品物を選んで買うスタイルなので
ちょっと時間がかかりそうだなと、どんな人が買いに
きているのか並んでいる人達をリサーチ。

女性1人、お母さんと娘、カップル、ここまではどこの
スウィーツ屋でもありそうな光景ですが、単独のおじいちゃんが
1人、また1人、また1人と並ぶ。

私の前に並んでいたおじいちゃんとカップルが話すのをこっそり聞くと、
おじいちゃんはどうやら近所に住んでいて、孫達にせがまれて
スウィーツを買いに来たんだとか。
実際、かなりの数を大人買いしていかれました。

ようやく私の番が来て、バースディケーキを準備してもらっている間に
後輩のお姉さんと束の間のお話。

国内外でスウィーツの修行をして来られて、自分のお店を開く場所に
決めたのが福岡。姉妹が福岡に住んでいるのが決め手だったとか。

「毎日こんなに大行列なんですか?」と聞くと、オープン当初から
そうなんだとか。そしてそのお客さんの大半がご近所さん。
ここにお店を開いた時からずっと、近所の人が買いに来て、
可愛がってくれてるんですよって。

ご近所さんで経済が成り立っている、なんとも素晴らしい地域の個店。
まちの灯りのような存在で、自然とお店の周りにコミュニティができている。

コロナ禍による閉塞感漂う今だからこそ、
こういう地域の小さな個店・コミュニティ・経済こそ守っていかないと。
素敵な光景を見ることができました。

(佐藤 直之)

先日、偶然にも訪れた大分県竹田市のラムネ温泉。

ずっと行ってみたかった温泉。
泉質の高さで今や大人気の温泉になっていますが、
私のお目当ては「温泉」というよりもむしろ「建築物」。

自然をモチーフとしたユニークな作品を手がける建築家として
有名な藤森照信さんが設計した温泉で、九州の事例としては
とても有名。

温泉を早々にあがって建築探検(内湯の空間も面白かったですが)。
玄関、中庭、敷地の外、最後に2階といろんな角度から建築を眺めて、
可愛らしいフォルムと角度によって変わる表情の豊かさを体感しました。

近代的な建築はどちらかというと「空間との一体化」の名の下で、
透明感のあるガラスやルーバー、コンクリートを使ったシンプルで
スタイリッシュなものが多いですが、藤森さんの建築はそれとは
対極的なデザインで、「人間としての温かみ」が感じられてとても好きです。

私が唐津のまちづくり会社で働いていた時、
唐津の建築遺産・旧唐津銀行の生誕100周年の事業に関わっていました。
旧唐津銀行の保存委員会に藤森照信さんが関わられていたことを知って、
100周年記念事業の一環として藤森さんの講演会を企画提案しました。

唐津市の職員の方と一緒に東京まで講演依頼に行きましたが、
とても気さくで優しいお方でご快諾いただきました。

その講演会は素晴らしかった。
屈託のない笑顔で建築のこと、歴史のことを語る藤森さんはとても印象的で、
言葉の1つ1つに「建築や街並みに対する愛」を感じました。
そう、藤森さんに人間としての温かみがあるのです。

旧唐津銀行における藤森照信さんの講演

建築って人間性が現れるんだなって、藤森さんの建築物を間近でみて
そう感じました。
そんな建築物やコミュニティが1つ1つ重なって街や地域が作られる。
地域も人間性が出ていた方がうんと面白いと思います。

(佐藤 直之)

先週末は友人家族の帰省に便乗して熊本県山都町へ。

山都町は九州のど真ん中に位置してますが、
私にとってはとても思い出深い地域。

社会人として初めて働いたコンサルタント会社で
入社1年目の私を業務担当に抜擢していただき、
頭から煙が出そうになりながらもプロジェクトを
最初から最後まで完走したのがここ山都町の仕事でした。

仕事の内容は「公共交通の再生」と今とは少し分野が
違ってますが、山都町の担当者や課長さんがすごく熱心で、
役場によく通って議論していたことを今でも鮮明に覚えています。
先が見えなくなった時、通潤橋の風景が私を癒してくれました。

矢部町、清和村、蘇陽町が合併して山都町になったばかりの
タイミングで、旧3町村のあちこちに現場を見てまわったり、
事業者や住民の方にヒアリングしてまわりました。
(当時のことを語りだすと止まらなくなるのでこの辺で・・・)

そんな山都町に再びこうして来れたことはとても嬉しく、
当時と変わっていないところ、変わったところを感じながら、
山々に囲まれて水が綺麗な山暮らしの魅力を再認識しました。
(何より、山都町という名前が素敵です)

そこから阿蘇まではサイクルツーリズムへ。
旧蘇陽町から高森町へと北上し、阿蘇の山の外周や商店街、
田畑の中をぐるぐると回りながら、最後は大観峯へ。

アップダウンがかなり激しくタイトなコースでしたが、
夏の鮮やかな緑の山々の絶景はここ阿蘇ならでは!
九州が世界に誇る美しい景観ですね。

夏のローカルトリップでした!

(佐藤 直之)

週末はプロポーザル参加のために現場の視察へ。
いやぁー、ポテンシャルがかなり高くて、
ドライブで回りながらワクワクしました!
企画提案、がんばります!

今週はブランディング業務の集中週間。
ポスター、チラシ、カタログの入稿やら、パンフレットのラフづくりやら、
撮影の段取り・ロケハンやらが一気に重なって、スタッフ総出でバタバタと。

明日明後日は九州大学の出身学科のパンフレット撮影・取材ですが、
雨男の私が行くとなるとやはり天気が悪くなります(涙)
明日は室内撮影なので問題ありませんが、日曜日の天気が微妙です。

さて、先週末の報告を。
知り合いからのご相談で、大分県九重町にワーケーションのモニター体験を
してきました。コロナ禍で観光が大打撃を受ける中(観光客がそもそも来ない)、
全国各地でワーケーションに注目が集まり、導入する自治体が増えています。

そもそもワーケーションとは、働きながらバカンスをする、もしくはバカンスする
旅先に滞在してゆっくり集中して仕事をすることを指します。
私の勝手なバランスとしては、仕事50、バカンス50。いや、仕事70、バカンス30か?
企業でも導入する動きが増えていますし、旅館の1室を企業と契約してワークルームに
する動きも出てきています。

弊社のようなプランニングやプロデュース、ブランディングがメインの仕事だと、
ノートパソコンとwifi環境さえあれば、どこでも資料が作れるし、メール送れるし、
関係者と調整できるし、オンライン会議もできる。

前々から2地域居住にはとても関心があり、九州の地方の地域づくりに関わる立場と
しては、自然豊かな地方の環境に身を置いてワーケーションできる場所をずっと
探しているし、そういう体験を重ねたいと思っていました。

今回のお誘いはとてもありがたく、ワーケーションを導入する、地域で提案していく立場
としても、貴重な学びの場となりました。

九重町はやまなみハイウェイに代表される山々の圧倒的・開放的な美しい景観と
そこかしこに湧き出る温泉の豊富さが相まって、最高のワーケーション環境。
冬のスキーリゾートや薪割りを体験しつつ、温泉旅館にパソコンを持ち込んでしっかりと仕事しました。

自ら体験することで、こういう機能があったら良い、こんな環境があれば良い、
地域としてこんな条件が整っていたらワーケーションとして魅力的、
色々な発想が生まれてきます。

今年は是非ともワーケーションなるもう一つの拠点が欲しい。
弊社が関わる地域づくりの中でそれが実現できたら最高だろうな。
ワーケーションのプロジェクトをどこかの地域で実践してみたいな。

良い物件情報そしてプロジェクト構想がありましたらよろしくお願いします。

(佐藤 直之)

Copyrights