Roots

blog / news

記憶が新鮮なうちに、昨年度の業務実績(Works)を更新しました。
https://roots-is.me/works/

改めて、いろんなプロジェクトがあったなぁと。
走り続けるのではなく、こうして立ち止まって、振り返って、
次につなげることがとても大切だなと最近感じます。
それもこれもコロナの影響が大きいですが・・・

さて、新年度はどんな出会いがあるか。楽しみです。

2013年4月1日に個人事業主「Roots」を開業してから丸7年が経過し、
今日から8年目に突入します。

7年間の中で地域の方々や行政職員、中小企業の経営者、志を同じくする
自営業者やクリエイターなど、実に様々な人達との出会いがありました。
そうした出会いの中で私達はチャンスをいただき、気づかされ、成長し、
また挑戦するという日々を積み重ねてきました。

毎年、年間の目標や事業計画は立ててはいますが、
きっちりその通りになっているわけではなく想定外のことも多々ありました。
それが自営業の面白さでもあり、この先も新しい世界を見たいと思わせる動機になっています。

3人という超少数精鋭の会社ですが、それぞれが自分なりの強みと役割を持って、
様々なパートナーの専門家と連携したプロジェクトチームで事業を進めています。
これからもスタッフ1人1人がもっと成長していくとともに、
パートナーの信頼・幅をもっと強固に地域社会に寄り添ったチームづくりを目指します。

8年目はどんな出会いが待っているんでしょうか。
既に新しいプロジェクトが動き出し、Rootsとしての新たなチャレンジも始まります。
多様な地域社会のニーズに対応すべく、地域や中小企業のリアルな声に耳を傾け、
最適な解決策を可視化していく、私達の仕事はその積み重ねの連続だと思っています。

コロナウイルスの感染拡大で、世界の状況は一変しました。
この状況がいつ収束するか、地域経済・社会が元の状態にいつ戻るのか、全く見通しが立ちません。
どうしようもない歯痒い日々は続きますが、今は我慢の時。
今だからこそできることを考えて、行動していきたいと思います。

これからも変わらぬお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

株式会社ルーツ・アンド・パートナーズ
代表取締役 佐藤直之

ほぼ毎日走っている百道浜の海岸

大好きな街・唐津には、先祖代々受け継がれている文化の薫りが今も色濃く残っています。
お手伝いしている「唐津文化遺産の日プロジェクト」の一環として、
文化都市・唐津の魅力を伝える総集編映像を作りました!

是非一度ご覧いただき、コロナが落ち着いた頃に唐津へお越し下さい!

(佐藤 直之)

あけましておめでとうございます。

今年は登山から1年がスタートしました。
宮崎県高原町の仕事に関わってずっと登ってみたかった
高千穂峰に急遽登ることが決まり、元旦早々高千穂河原へ。

まだ3時前だというのに駐車場は既に満車でびっくり。
少し仮眠をとって4時半から登山開始。
ランニングを日課にしているので体力には自信がありましたが、
同じ歩くのでも水平方向と垂直方向では大きな違いで、
夜の登山ということもあってかなりハードに感じました。

おおよそ2時間で山頂に到着すると、初日の出を待つ登山客で
一帯はびっしり。私たちも腰掛けて待っていると、偶然にも
高原町の役場や観光協会の人達と遭遇!貴重な瞬間を共有できました。

じんわりと水平線が赤く染まるのはとても美しく、
一眼持った人達がその瞬間を逃すまいとスタンバイ。
山の上から日の出を見るのは小学校の時に登った富士山以来。
水平線の中に明るく照らされる光のかけらが見えると、
あとはもうあっという間に陽が昇りました。

帰り道は晴天で、尾根を歩くのがとても気持ちよかった。
カルデラの風景が見れるのもここならでは。
帰りは1時間で下山し、その後は新湯温泉へ。
さすが有名な湯治場とあってか、心配していた筋肉痛は
全く起こらなかったです。

こうして、新鮮な気持ちで1年を迎えることができました!
今年はお手伝いしている地域で、最終仕上げとなる1年や
地域主体による新たなプロジェクトの実働化、新たな局面の展開、
そして新たなフィールドでの実験が始まります。

まずは真摯に地域やクライアントと向き合うことを大切に、
その上で少子高齢化や過疎化、グローバル社会を見据えて
地域がどうあるべきかを考え、可視化し、伴走できるチームを
スタッフと共に作っていきたいと思います。

今年1年もどうぞよろしくお願いいたします。

株式会社ルーツ・アンド・パートナーズ
代表取締役 佐藤直之

あっという間に10月ですね。

Rootsは日々、地域や企業さんの現場を訪ね、
対話しています。

進行しているプロジェクトが慌ただしくなったり、
新しいプロジェクトのご縁をいただいたり、
10月が近づくと来年度の仕事のご相談をいただいたり、
イマとミライを行ったり来たり。
九州各地を行ったり来たりする日々です。

たくさんの情報とタスクに溺れないようにするためには、
日々頭をすっきりと、すぐに切り替えられるスイッチが必要ですね。

独立してから私なりに見つけたスイッチは、日々のランニング。
引っ越しをしてからというもの、ほぼ毎日同じ時間、同じコース、
同じ距離を走るようになりました。
こうして日々の日課になることで、心と体が常に健康な実感があります。

これから春を迎えるまでは繁忙期になりますが、
そういう時だからこそ自分なりのバランスを作っていって、
現場に出る時間をもっと質の良いものにしていきたいです。

(佐藤 直之)

Copyrights