Roots

blog / news

4月より新たなスタッフを迎え入れたこともあって、
このたび弊社は事務所所在地を福岡市中央区→福岡市早良区へと
移転いたしました(すぐ近所への移動ですが・・・)

スタッフが2名から3名へとパワーアップしたことで、
これまで以上に手厚く地域づくりを伴走するとともに、
戦略づくり・プロデュース・ブランディングの視点から
さらなる事業強化を図っていきたいと考えています。

今後とも変わらぬお付き合い、ご指導・ご鞭撻のほど、
どうぞよろしくお願いいたします。

令和元年8月吉日
佐藤 直之、佐藤 詠子、宮崎 大

事務所をシェアさせてもらっている広告企画会社NO PLANNINGさんが
手がけているドライブマガジンROUTEのお仕事で、九州の中で景色の良い
地方・エリアをご紹介するお手伝いをさせていただきました。
(なんと、うちの息子もモデルとして活躍!)

ご紹介させていただいたのは、佐世保市と東彼杵町。
九十九島と茶畑。同じ長崎県の中でも全く違った風土と景観を持つ
2つのエリアを訪ね、その土地ならではの景観や食、文化をご紹介する
素敵な冊子になっています。是非手に取ってご覧くださいませ。

そして今年度も、茶畑が広がる、小商いが次々と生まれる東彼杵町の
観光まちづくりプロジェクトがいよいよスタートします!

(佐藤 直之)

昨年度から霧島国立公園の御池キャンプ村を核とした
魅力向上推進計画づくりのお手伝いをしていた宮崎県高原町。

今年度募集されたモニターツアー実施に関わるプロポーザル業務、
無事に採択となりました!エスティ環境設計研究所の皆さんとともに、
御池キャンプ村そして高原観光の魅力検証・商品化、
地元の事業者さん達の自走化に向けた取組みを進めて参ります!

今年度はキャンプや登山とアウトドア三昧になりそうな予感。
消費者目線で自ら実践して楽しむことが大切ですね!

(佐藤 直之)

Photo by Kei Yamada

昨日は東彼杵町へ。

長崎県集落維持対策推進事業アドバイザーとして
東彼杵町木場地区の視察研修会に参加。

東そのぎ木場みのりの会さんのこれまでの取組みや
木場のむすびの誕生ストーリーを説明した後で、
長崎県内の集落担当者と様々なディスカッションを行いました。

みのりの会さんの近況や課題、長崎県内での集落支援の取り組みを
お伺いし、そして熱心な集落担当者と対話する中で、
弊社の地域づくりに対する向き合い方や役割を改めて気づかされました。

(佐藤 直之)

弊社のオフィスがある地元・福岡県の経済誌、
「ふくおか経済6月号」に掲載していただきました。

「福岡の経営者に聞く」というコーナーで、
私以外の方はやり手の経営者ばかりみたいで
なんだか恐縮してしまいます。

福岡に拠点を置きながらも、どちらかというと
長崎・佐賀県を中心に他県の仕事が多いので、
果たしてお役に立てたのだろうかと心配です。

でも、新入社員の女性スタッフさんに丁寧に取材して
いただき、こうしたご縁をいただけたことに感謝です。
これを機に、福岡県内のご縁が広がっていくと良いですね。

(佐藤 直之)

Copyrights