Roots

blog / project

今年4月よりRootsに入りました、宮崎 大(みやざき ひろし)です。
私からも、取り組んでいるまちづくりのプロジェクトや日々のことなど
こちらで紹介していきたいと思います。
これからどうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、先日は私の前任地でもある佐世保市に。

俵ヶ浦半島にて、これまでのまちづくりの取組みを振り返る
「俵ヶ浦半島活動報告ミーティング」を開催しました。

半島住民の皆さんと議論して策定した俵ヶ浦半島未来計画も3年目。
現在は半島の若手による「一般社団法人チーム俵」を中心に活動していますが、
改めて半島の皆さんに集まっていただき、活動の振り返りや
今後予定しているプロジェクトを報告することに。

報告はチーム俵の各部長を中心に行い、
それぞれの言葉で、半島のまちづくりへの想いを語っていただきました。

そして、住民の皆さんからも改善すべき点や
新たなアイデアを積極的に話していただき、
改めて半島が目指すべき未来を共有できた一日となりました。

ただ、皆さん話したいことはまだまだたくさん。
次回は「夕日が見える時間帯に集まり、
九十九島の風景を眺めながら語り合う会を開催しよう」と盛り上がり、
この日は終了しました。

今年度も様々なプロジェクトが始動。
ひとつずつ結果を出して、次につなげていきたいと思います。

(宮崎 大)

昨年度1年間、食中酒・寒北斗酒造さんが新たに手がける
食ブランド「寒北斗・蔵の食」の立ち上げ準備を進めてきました。

そしてこの春から、寒北斗の酒粕を使った酒蔵あんぱんと酒粕パウダーが新たに加わり、
蔵の食ブランドの商品を満を持してお披露目・販売することとなりました。

昨日は立ち上げに関わってきたメンバーが一同に集まって、
今後の作戦会議を行いました。

この食ブランドへの挑戦を決めて動き出した寒北斗酒造の杉田社長、広報担当の
寺田さん(寺田さんは撮影者)、酒粕を使った食の戦略づくりと酒蔵あんぱんの
プロデュースを担当したLEE惣菜研究所の李さん、蔵の食のコンセプトづくりと
ツールのクリエイティブ全般を担当したアオバトの前崎さん。

本当に質の高いものが出来上がりました。
さてこれからが本当の意味でのスタートです。

少しずつですが、多くの人達に寒北斗の食に寄り添ったものづくりを知ってほしいです。

(佐藤 直之)

今年度のプロジェクトが緩やかにスタートしています。

昨日は、今年度の俵ヶ浦半島プロジェクトの作戦会議。
チーム俵の部長、サポートチームのメンバーと一緒に
昼から5時間半みっちりと議論しました。

半島の自立化、持続化に向けた最終年度の総仕上げとして、
何が必要か、どうアプローチしていくか喧々諤々。
こうした本気のぶつかり合いが、地道だけど確実に未来を
拓いていくんだと思っています。

ルーツとしても全体的な事業監修・コーディネートを引き続き
させていただきながら、地域づくりを続けていくための、
事業を地域に根付かせるための仕組みづくりをしっかり支援していきます。

夜は懇親会で久しぶりに佐世保に宿泊し、
朝は久しぶりのさせぼ街中ラン。

エネルギーを充電して、本日は快晴の東彼杵町へ!

(佐藤 直之)

業務の納品と打合せのために唐津へ。

市役所の知っている方が昇進・異動されていたり、
久しぶりの方に偶然お会いしたり、
来年度に向けてのワクワクする作戦会議をしたり。

福岡からふらっと1時間足らずで来れる唐津は
やっぱり良いところ。
こんな気持ちの良い日はやっぱり虹の松原を通りたくなります。

また来年度はどんな出会いがあるか楽しみです。

あっという間に3月も残り1週間。

年度末の怒涛の報告書ラッシュも少し先が見えてきたと思いきや、
まだまだ気の抜けない状況が続いております・・・

先週末は俵ヶ浦半島へ。
半島キッチン ツッテホッテで今春から提供する
新商品の試食会とアンケート調査を実施してきました。

天気も良く、ちょうど佐世保の市営バスが無料ということもあって、
市内外のたくさんの観光客がお越しになっていました。

3種類のスープとおこわの評判は上々!
今後改善を重ねて売り出す予定です。

Copyrights