Roots

blog / thinking

地域活性化の仕事をしていると、常に「集客」のことが話題に上がる。
確かにお客さんに来てもらって、地域に足を運んでもらうことは
とっても大切なことだけど、でも「集客の質」ってあると思います。

誰でも来てもらうことが正しいとは思いません。
何かのきっかけでその地域のことが好きになったり、
他の地域よりも「あの地域が好き」って言える地域との
コミュニケーションが生まれることはとても素敵ですよね。

でも、何かを無料でもらえるとか、誰か芸能人に会えるとか
いわば「お得感」で来てもらうことは、果たして地域のために
なるんだろうかと常々疑問を抱いています。

その方が手っ取り早いというか、楽なんです。
一時的にはたくさんのお客さんが来てくれて、賑わって、
「おー、上手くいったね」って満足感は得られます。

でも、その「お得感」だけで来た人が果たしてその地域の
ファンになってくれるかというと甚だ疑問が残ります。

観光まちづくりの仕事をしていると、あまりプライベートで
行ったことが無かった地域とご縁が生まれて、
地域の方々とお話しする中で「お!」って気づかなかった
魅力を教えてもらうことが多々あります。

私たちの仕事は言わば地域のことを地域の人から教えてもらって、
一般的なメディアやSNSでは気づかないディープな地域の魅力を
教えてもらって、発掘して、それを具現化するお仕事なんです。

だから、私たちが知り得たそのディープな魅力を、
何かのきっかけで好きになってくれる人たちに伝えたいと思うんです。

少しずつその魅力が伝わることだったり、地域の人たちと触れ合うことで
好きになるきっかけが生まれたり。ゆっくりじっくり、それが本当の意味での
ファンづくりだと感じている一方で、「たくさんの人たちに来てほしい」と
いう「集客」に対する要望が地域から、行政から聞こえてきます。

何年もかけて地道に地元の人たちと話し合って、発掘してきたその価値が、
「集客」という魔法の声で、別の次元に移ってしまう。

もう一度言いますが、「お得感」を出せば楽なんです。
テレビで見たあの芸能人が来る!となると、それはその地域に魅力を感じて
ではなく、もう別の目的になってるんです。
そのイベントは集客的に成功なのかもしれないけど、それまでに積み上げた
地域の魅力の底上げには、また蓋をしてしまうことになります・・・

急がば回れ、そう思うんです。
これまで「集客の量」に惑わされた歯痒い経験のたびに、
とても悔しい思いをしています。

私たちは、決して「集客の量をもたらすプロ」ではありません。
ゆっくりじっくり、長い時間をかけてファンを作っていく地域と
観光まちづくりの仕事をしていきたいと思う今日この頃です。

(佐藤 直之)

あっという間に8月に突入です。

連日の暑さに参っておりますが、
夏は海や山、川の自然を満喫できる
旅にはうってつけの季節です。

子供が生まれてから、地方の自然を体験する
ことが旅の大きなテーマになりました。
車やレンタカー借りて、キャンプをしながら
旅をするスタイルが定着したのもその影響です。

「その旅先でどんな自然体験ができるか?」
ということが、旅の目的地を決める上でとても
重要な理由になっています。

コロナになってから、毎年恒例だった海外旅行が
できなくなり、国内の滅多に行くことがなかった
ローカルの自然体験旅を続けています。

北海道東、信州、四国、そして九州の津々浦々と、
その土地ならではの自然に身を投じ、一体となり、
自然アクティビィティを自ら体験してきました。

キャンプ、トレッキング、登山、カヌー、沢登り、
レールマウンテンバイクと、その自然を最大限に
味わうための魅力的なコンテンツに出会い、
九州各地の観光コンテンツ造成に向けてのヒントを
肌で感じて体得することができています。

私が実際に訪ねて、魅力的な自然体験コンテンツに
共通していると感じたことは以下の3つ。

・その土地ならではの自然の価値に最大権の敬意を払い、
 自然に負荷のかからない必要最小限の設備を使って
 楽しめるコンテンツになっている。

・自然の価値を自ら体感し、その自然に惚れ込んだ
 ネイチャーガイド(プレイヤー)がいること。
 そのガイドさんは話を聞くと移住者であることが多い。
 ガイドさんがいることで地域交流にもつながり、
 地域の魅力を教えてもらえる。

・商業主義に侵されていない、魅了する地域ブランドイメージ
 がしっかりあること。知床や阿寒湖、仁淀川、屋久島は、
 観光客は多いものの自然のイメージ=地域イメージがきちんと
 確立されていて(つまり、自然環境を守るための努力がなされている)
 実際に来訪した時の観光ギャップが全くない。
 それこそが、「聖地」としてコアなファンを魅了し続ける魅力であり、
 わざわざお金を払ってまで訪ねる来訪価値につながっている。

実際に体験してみて、体験料もしっかり設定されてますが、
「高い!」と感じることはほとんどありません。

まだまだ美しい日本はたくさんある!
もっとフットワーク軽く、いろんな自然を体験していきます!

(佐藤 直之)

知床トレッキング

阿寒湖カヌー

仁淀川ラフティング

奥飛騨レールマウンテンバイク

屋久島トレッキング

フォレストアドベンチャー糸島

現在進めているプロジェクトと並行して、
複数のプロポーザルの企画書づくりにバタバタして、
あっという間に7月中旬に。。。

先週は日本を震撼させる事件が起き、
そして昨日は日本の未来を占う選挙。
結果は、自民党の圧勝でしたね。。。

これからの日本はどうなっていくんだろう。
少子高齢化待ったなし、誇れる日本の未来を描き、
豊かな地方のあり方を本気で議論し、具現化していく
時期に来ていると思います。

ルーツはルーツなりの、
子供達が美しい日本を誇りに思い、守っていけるような
地域づくりに伴走していきます。

(佐藤 直之)


佐世保市江迎地域では、これから地域をどう維持していけるか、
週に1回夜な夜な議論をしています。

5月はカラッとしていて風が気持ちよく
過ごしやすい毎日ですね。

今年度のプロジェクトは色々な事情が重なって
例年よりもかなりスローペース。
こういう時は思い切って別のことをしたり、
新たな挑戦をしてみたり。。。

先日訪ねたミナ・ペルホネンの展示会。
とってもよかったです。
皆川さんの仕事に対する考え方、図案の生み出し方、
未来への眼差し、どれもとても参考になりました。

特に、図案のモチーフとなった自然に対する畏敬の念、
空想=想いの空間、手間をかけることは、
仕事観としてとても共感するものです。

長崎県立美術館の時もそうでしたが、
ミナさんの展示会は、展示の仕方がとても素晴らしい。
(建築家の田根さんが展示デザインを担当)

一見まちづくりの仕事と関係ないように見えて、
でも実はとても密接に関係していると個人的には思ってます。
特に私たちのような小さな小さな会社は、こうした独自の視点や
考え方、デザイン力を養っていかないと生き残ってはいけない。

新事業に関しても日々あれこれ空想しています。
そういう時間を作ってくれたのだとプラスに考えて、
毎日を大切に暮らしていきます。

(佐藤 直之)

これまで何冊も本を読み、講演会も聞き、個人的に感銘を
受けているのがアレックス・カーさん。
彼の新書「ニッポン巡礼」を一気に読了。

色々と考えさせられる一冊だった。
白州正子の「かくれ里」にインスパイアされて、
決して観光地化されていない人里離れた日本の地域の
魅力が描かれている。

一度唐津で彼の講演を聞いたことがあったが、
いかに観光を活性化するか、お客さんに来て喜んでもらうかという
ことを他のパネラーが話す中、彼はひたすらに日本の景観に対する
問題を話し続けていたことを思い出す。

この本に向けられている彼の眼差しはその時と全く変わらない。
インターネットが発達し、SNSが主流の世の中で、「インスタ映え」することが
もてはやされ、あっという間に観光地になる時代。
観光地になれば、やれ商売と自然を壊した道路や大型駐車場、お土産屋や飲食店が
乱立し、本来その場所が持っていた価値や景観が失われてしまう。

対馬の観光のあり方を議論する中で、オーバーツーリズムを回避し、
量よりも質を重視することを大切にした。
これからの対馬の観光コンテンツを作っていく中で、その礎となるのは
ずっと守られてきた地域固有の自然環境や歴史文化であって、
そこが観光客によって壊されるのでは本末転倒だ。
観光に訪れる人たちにも、その景観や環境を大切にしてもらう社会的責任を
持ってもらいたい。
思いを口にする若い事業者の声を聞き、対馬の未来は明るい、そう思った。

アレックス・カーさんも同様のことに警鐘を鳴らしている。
彼は素敵な景観に出会っても「良い風景だな」とは感じず、
「次に来る時は観光地化されて壊されてしまうんだろうな」と逆に不安を感じている。
経済発展のために、町の景色が短期間で変化してしまうのは、アジアそして日本の
特徴なんだと言っているのはまさに同感。

私も訪ねたことがある山口県の萩や奄美大島も記載されていて、
能登半島や三井寺、青ヶ島は読んで行ってみたいと思った。

でも、詳細な場所や地図情報やアクセスは書かれておらず、
追体験することを望んでいない。追体験してSNSで発信されて、観光地化されて
景観が壊されてしまっては元も子もないからだ。

地域の観光振興に携わる立場として、観光集客や消費という結果が求められる中で、
彼の言葉にはいつもハッとさせられる。
歴史も含めた、長い目線に立たないと、地域の暮らしや文化はあっという間に
経済という怪物に食べられてしまい、もう元には戻らない。
その両輪に立ってどう地域の観光を活性化していけば良いのか、
非常に悩ましいけど、地域の人達と一緒に考えて、汗をかいていかねばならない。
南会津の茅葺き教室はほんと素晴らしい取り組みだと思う。

日本にルーツを持たないのに、日本人よりも日本の文化や景観のことを勉強し、
それらを次世代に残していく必要性を訴えている。
日本人として生まれてきたのに、そこまで日本のことを学んでこなかった自分が
恥ずかしくなる。地域という生きた教材があるのだから、もっともっと日本のこと、
地域の文化や景観のことを学んでいこう。
日本にはまだまだ素敵なローカルがたくさん残っている。

この本を読んで、自分なりに伝えたい地域の魅力や旅のあり方が
ぼんやりと浮かび上がってきた。

とても共感できる本でした。
いつか彼と会って話してみたい。

(佐藤 直之)

Copyrights