Roots

blog / trip

先週末は上天草市の釣り×観光プロジェクトの視察で、
北九州市へ。

釣りをフックに、遊漁船や宿泊、飲食に関するサービスを
ワンストップで提供する「北九州釣りいこか倶楽部」さんは
上天草市の取り組みの参考にしていて、実際にその魅力を
体感すべく関係者と一緒に行って参りました。

私都会で育ったこともありろくに釣りをした経験がないまま
九州にやってきて、キャンプや登山をはじめとする自然体験は
生活の楽しみとして謳歌しているものの、釣りってなんとなく
ハードルが高い、道具揃えないといけない、コアなファンの趣味と
どこか敬遠しているところがありました・・・

本格的な初の釣り体験が遊漁船。
早朝6時出港→15時帰港というハードなスケジュールを前に、
船に酔わないか、釣れるのか、無事に帰って来れるのだろうかという
不安がつきまとい、懇親会も早々に切り上げて早めに就寝。

念のために酔い止めを飲んでいたのが大正解でした。
さすがの玄界灘、遊漁船の船長は「今日は凪な方やわ」と言ってたけど、
出港するや否やグワングワンと波打ち、目的地までの乗船はまさに修行・・・
私は酔い止め薬のおかげで終日全く船酔いはありませんでしたが、
乗船客の数人はすっかりダウンしている人もいて。。。

目的地に着くとガイドさんが初心者の私に丁寧にレクチャーをしてくれて、
ドキドキするなか最初の一投。今回はタイラバでの釣りを体験しましたが、
底に落として、引き上げて、また落としてというルーティンを黙々と。
竿にビビッときたような気がしてあげると全く魚は釣れておらず、
そんなことを繰り返しているうちにやっと引っかかった!とあげると
フグそしてエソ・・・釣って食べるものではないらしくそのままリリース。

場所を変えてまたリスタート。
買ってきたおにぎり買ったり、飲み物飲んだり、各自休憩をとりながら、
でも基本的には黙々と釣りをする御一行様。
気がつけばあっという間に時間がたっているし、同じルーティンの作業に
無心で没頭している自分がいます。

そしてついに釣れました!レンコダイ。
その後にワンサイズ小さめのレンコダイが釣れて、
この日最大の大物であったイトヨリは直前で逃してしまい(涙)、
私の初の釣果は2匹でした。

この日は珍しく釣果があがらなかった日のようで、
船長さん色々と場所を変えてトライしてくれましたが、タイムアップ。
帰港したのは予定時間より1時間遅れての16時。
その後、釣ったお魚の半分を港の目の前の飲食店に預けて、
近所の温泉でしばしの休息。

ヘトヘトに疲れた私たちを迎えてくれたのは、見事な絶品料理でした。
釣った魚を見てその場でメニューを考え、わずか1時間半で料理として
提供してくれる。なんとも素敵なサービスだ。感動しました。

初の遊漁船体験は相当にハードでしたが、とっても充実した経験となりました。
そして宿泊→釣り→温泉→食事という、北九州釣りいこか倶楽部さんがコーディネート
するサービスを実際に体験して、その魅力を肌で感じることができました。

上天草市でも、9月・10月に釣り×観光の魅力を実際に体験してもらう
モニターツアーを開催していきます。

「永遠に幸せになりたかったら、釣りを覚えなさい」
中国の諺の意味が少しだけわかったような気がします。

(佐藤 直之)

2022.07.25 / trip

初・屋久島!

7月に入って、なんやかんやと慌ただしい日々。

今年度案件の打合せや出張、新規案件の相談・提案、
プロポーザル提案書の提出・プレゼンなどなど、
いろんなことが一気に重なって久々にバタバタと。

それもこれも、毎年恒例になってきている
「夏の思い出・島旅」に行くことになったから、
その皺寄せがきていたという方が正しいかもしれない。

今年は屋久島へ。私自身、初の屋久島です。
行く前は最悪の天気予報。
行っても何もできずに帰ってくるのかと絶望感漂う中で
向かいましたが、基本雨の中でもやむ時間帯があって、
海、沢登り体験、そして最大の目的であったトレッキング
やりたいことは全てコンプリートできました!!!

島の雰囲気やおもてなし、宿、体験コンテンツと、
今回の島旅も学べることがたくさんありました。
きちんとフィードバックしていきます!

そして今週は出張オンパレード。
対馬→上天草→佐世保と、九州を縦横無尽に駆け巡ります!

(佐藤 直之)

週末は登山で阿蘇へ。

久しぶりの草千里、やっぱり阿蘇は阿蘇だなー。
九州が誇る美しい景勝地です。

草千里が浜の周りをぐるっと登る、
低山の烏帽子岳は適度なアップダウンと
様々な角度から阿蘇の雄大な景色を楽しむことが
できてオススメです。
山頂で食べるラーメン、おにぎり、コーヒー、
これまた最高ですね。

阿蘇からの帰りに偶然通った米塚は、清々しいグリーンが綺麗で、
シルエットが札幌のモエレ沼公園のピラミッドとそっくり。
阿蘇はいつ行っても新たな発見があります。

梅雨が明けて、もう既に酷暑の毎日。
これだけ暑くなると、キャンプや登山もそろそろ厳しいかなー。

子どもたちが大きくなる前に、できるだけ九州・全国各地の
ローカルを訪ねて、美しい風景や自然・文化を共有したい。
日本の良いところを一緒に探して、体験したい。

地域の未来、日本のオリジナリティを支えるのは、今の子供たちだから。

(佐藤 直之)

大型連休も残りわずか。

毎年恒例のインプットツアーから無事に戻ってきました。
ハイライトをここにメモしておきます。

しっかりと充電できたので、連休明けからはしっかりと
アウトプットしていきます!!!

———————————————-
新門司港から名門大洋フェリーで大阪南港へ、
そこから車で向かったのは福井県立恐竜博物館。

さすが恐竜の街というだけあって、アプローチする道端には
恐竜のモニュメントやサインが。
博物館はGW外しただけまだマシでしたが、それでもすごい人手。
博物館自体の見応えはもちろんのこと、個人的にはオプションの
化石発掘ツアーがとても面白かった。

恐竜の化石発掘現場まで連れて行ってくれて、
そこで実際の研究員さんの指導のもと化石発掘体験ができるのは
ここ福井ならでは。

福井県立恐竜博物館・化石発掘ツアー

鑑賞・体験後は福井駅前に移動して、地元の居酒屋へ。
福井のお魚、地酒、やっぱり美味です。
本当はこのまま、金沢や富山、新潟の日本海ツアーに行きたかったのですが、
帰りのアクセスを考えると諦めるしかありませんでした・・・
次回は是非とも北陸の旅リベンジを。

福井の地酒は絶品でした。

福井の次に向かったのは岐阜の奥飛騨。
その途中、久しぶりの白川郷へ。
大学卒業後の新入社員時代に行ってからもうかれこれ20年ぶり。
そのころと雰囲気は全然変わってませんでしたが、窓が特徴的な
合掌造りのかわいい建物とその奥のアルプスの風景が
数年前に旅したスイスの風景と似ているなーと思っていたら、
民家園の展示にブルーノタウトさんが同じことを言っているコメントを発見。

20年ぶり?世界遺産の白川郷。

白川郷の後にして奥飛騨温泉郷へ。
温泉旅館で1泊し、翌日は気になる体験スポットへ。
地元の有志が取り組んでいるレールマウンテンバイクへ。
廃線になった列車の跡をマウンテンバイクで巡るという体験で、
渓谷コースとまちなかコースの2つありましたがまちなかコースを選択。
レールの上を走る臨場感は列車そのもので、風景と感動体験はかなり
満足度の高いものでした。これはとても参考になりました。

奥飛騨温泉駅

レールの上を走るレールマウンテンバイク、体験・風景ともにとても参考に。

レールマウンテンバイクの体験後は、奥飛騨温泉キャンプ場へ。
GWを外したためは私達以外に1組だけ、ほぼ貸切状態。
アルプスの景色、川のせせらぎ、新緑の鮮やかな緑と、
九州とはまた風情の異なるキャンプ場で大満足でした。

奥飛騨温泉郷キャンプ場。クラフトビール、絶景、温泉、最高でした。

キャンプの翌日、当初は上高地に軽くトレッキングに行くはずでしたが、
この日は大雨でなくなく断念、松本市街地へ向かいました。
夕方のニュースを見たら、ちょうど私達が行くはずの上高地のアクセス道路で
崖崩れが発生して大変なことになっていました・・・

松本は以前雑誌で特集を読んだ時からずっと行きたかった街の1つでした。
民芸や古いものが現代に溶け込んでいる、そんなイメージを持っていました。
松本に行ったことがある詳しい友人がいたので、色々と情報を入手して、
松本の市街地を街歩きしました。

まず向かったのは国宝・松本城。
白の姫路城、黒の松本城?と言いたくなるほどに、シックな外観と
お堀・新緑の緑がとってもかっこいい。見応えがあるおすすめのお城です。

友人おすすめの松本城は国宝ならではの見応え。

松本城の別アングル。

その後は、街中に点在する古道具屋さん、カフェ、文房具屋、老舗菓子店、ショップ
などをぶらぶら。レトロな建物を生かした拠点があちこちにあって、とても雰囲気がある
素敵な街です。ランチに立ち寄った信州そばのお店も絶品でした。

松本に点在する古道具・雑貨屋。

レトロな建築物のミナペルホネン。

信州そばはどこも絶品。

松本の街歩きを楽しんだ後は、長野南エリアへ。
伊那エリア周辺は信州キャンプの人気エリアで、人気キャンプ場の1つ
いなかの風キャンプ場へ。遮るもののないアルプスの風景、もう最高ですね。
こんなうっとりする景色なら、せかせかせずにゆっくり身を置きたいと連泊する
予定でしたが、翌日の予報が大雨だったので急遽連泊をキャンセル・・・
(実際、かなりの大雨だったのでキャンセルして大正解でした)

信州で人気のいなかの風キャンプ場。アルプスの借景は贅沢そのもの。

大雨の中向かったのは諏訪エリア。
諏訪湖の周りをぐるぐるドライブしていたのですが、
雨で視界が悪く諏訪湖は全く見えませんでした・・・
諏訪名物の釜飯と諏訪エリアで人気の古道具屋が楽しめたから
まぁ良しとしましょう。

諏訪名物の釜飯。

諏訪の古道具・リサイクルショップ。大雨にもかかわらずすごい人手でした。

長野・岐阜の南エリア、ずっと行ってみたかった場所がありました。
中山道の宿場町で街並みがきちんと保存されている、妻籠宿と馬籠宿。
近くには奈良井宿もあるので、まとめて3エリアの宿場町を訪問。

道幅や傾斜、背後の風景、並んでいるお店が違うためか、
それぞれの宿場町に特徴があって、街歩きがとても楽しかったです。

奈良井宿。

車窓のあちこちにアルプス。信州ならではの風景。

ヤマモモ街道。

妻籠宿。

馬籠宿。

信州をドライブしていると、あちこちにアルプスの風景が見えます。
このアルプスに囲まれている風景は信州ならでは。

アルプスの風景。

最後に旅の疲れを癒すべく、下呂温泉へ。
贅沢に温泉旅館で一泊し、地元の料理に舌鼓。

下呂温泉。

下呂温泉から福岡までは車で12時間近くかかるため、
中間地点の岡山市で1泊。
(帰りのフェリーはGW料金で行きの2倍以上!)

何気なく立ち寄った岡山市街地には、面白いショップや古道具屋、
そして美味しい飲食店がひしめきあっていて新たな発見!
またゆっくり遊びに行きたくなりました。

最後に立ち寄った岡山の古道具屋。

岡山を後にして、6時間かけて福岡に到着。
旅は無事に終了しました!

(佐藤 直之)

毎日とっても気持ち良い日和が続きますね。

今週末からは、信州に約10日間のインプットの旅に行って参ります。
慌ただしくアウトプットしていく日々の業務の質を高めていく
ためにも、この10日前後のインプット旅は独立以来の毎年恒例行事です。

時間・コスト的に多少無理をしてでも、自ら足を運んで、
実際に目で見て、地元を存分に味わい、地域の方と交流する時間が
「生きた提案」に繋がっていくと信じています。

令和になるまでは海外に行っておりましたが、
コロナ禍になってからは日本のローカルを中心に旅先を決めています。
昨年は四国・尾道と北海道東、今年は福井・岐阜・長野の信州旅。
(その次は是非東北に行ってみたい!)

この機会に、日本の魅力をもっと深掘りしてきます!

(佐藤 直之)

Copyrights