Roots

blog

いよいよ今週末日曜日です。
天気が心配ですね・・・(涙)

今回のウォーキングは下船越町の水神山神トレイルコースを
歩く新コース。加えて、ご当地部で商品開発中の
「俵コロッケ」が初お披露目!

楽しみです。

今週は、東彼杵町のプロジェクトで、
地域キーパーソンへのヒアリング調査をしました。

千綿駅やソリッソリッソを中心として、少しずつ観光客や
移住者が増える中で、各地域とどう連携して、
千綿地区全体を活性化していくか。

まずは地域のキーパーソンを訪ねて、地域の現状や課題、
取り組み、想いについて伺うことからスタートです。

改めて、ヒアリングって大切だなと思います。
直接お会いして生の声を聞く、感情や想いを肌で感じる、
これからの活性化への想いを共有する。

そこには必ず新しい発見があるものです。
その肉付け、積み重ねこそが、地域づくりの醍醐味。

ヒアリングの道中に見た大村湾を望む夕景は絶景だったけど、
写真を撮る暇がなくて残念でした・・・
(写真は日中に撮影した千綿駅の風景)

一昨日は佐賀県地域づくり人材育成塾「リージョンサガ」の第1講で、
私は講座のファシリテーターを務めさせていただきました。

「地域づくりの主役は地域のみなさん」
受講者1人1人に自分の想いやスキルがあり、
地域づくりに対する動機があるはずです。

第1講のオープニングは、地域住民の1人として地域づくりに関わり、
現在はソリッソリッソをはじめとして千綿地区の活性化に尽力する
Re+PROJECTの代表である森一峻さんの講演からスタートしました。

いやぁ、森さんが最初で本当に良かった。
森さんの地域づくりの動機や行動力、実績にみなさんとても共感して、
質問が沢山飛び交い、ワークショップでは時間が足りなくなるほどに
盛り上がりました。

こうした1人1人の想いの集積が、地域を変えていく。
私も沢山得るものがありました。

俵ヶ浦半島のリアル・旬な情報をお届けする「俵ヶ浦半島TIMES」。
先日6号が発行されました。

6号の特集は「俵ヶ浦半島トレイル」。
これまで3年間で地元の方々と考え、汗をかいて作った
4町のトレイルコースをどどーんと中面で紹介しています。

今回からは地元向けの情報にとどまらず、俵ヶ浦半島に
来てもらうための情報も盛り込み、地域外へと発信していきます。
中面に掲載するトレイルの立寄ポイントやビューポイントは、
佐賀市在住のカメラマン・藤本幸一郎さんに素敵に撮影していただきました。

ぜひとも手にとってご覧いただき、秋風の気持ち良い半島を
歩きにお越しください。

本日は寒北斗酒造さんの「第1回 酒・食・器の会」が
飯塚市の笑心真家さんで開催。

寒北斗さんのお酒、秀山窯さんの器、
寒北斗さんの酒粕を使った多様な料理。

いろんな発見・交流・つながりが生まれた時間でした。
地道に着実に、寒北斗さんの未来を拓きます。

Copyrights