Roots

blog

自粛期間から始めた毎朝のジョギングも習慣化され、
withコロナのライフスタイルも結構馴染んできました。

6月から九州内の県外移動が緩和されることが決まり、
いよいよプロジェクトも本格的なスタートが切れそうで、
来週からは地方に行く機会も増えてきます。

オンライン化を効果的に取り入れていくことは収穫になりましたが、
現地の調査や地元の人達と本質的な話をする時など、
地方に行くタイミング・必要性も改めて実感する機会となりました。

昨日は、島留学の推進に向けて唐津・小川島のキーパーソンの皆さんと
オンライン会議。地元の人達が普段していることや行事を集めてみると、
ここ小川島ならではの体験・教育ができるよねと盛り上がりました。

島外から子供を呼びからといって何か特別なことをするのではなく、
小川島の暮らしそのものを味わっていただく、島の温かさに触れて
いただく機会を作っていくことこそが、子供達にとっての原風景、
第2の故郷を作ることにつながっていきます!

写真は会議風景です。
真ん中の棚の上にちょこっと載っているパソコンから、
私達もオンラインで参加しました・・・
こうした車座の会議になると、全ての人達の声がしっかり聞こえませんね。
パソコン置く位置なのか、それともオンラインの限界なのか。

(佐藤 直之)

福岡県の緊急事態宣言がようやく解除され、
九州の感染者も1週間ゼロが続いていますね。
すこーしずつですが、通常の暮らしが戻りつつあります。

昨日は1ヶ月ぶり?の出張で福岡県内の嘉麻市へ。
昨年度ご縁をいただいた観光セミナーを、
今年度は具体的な観光集客へつなげていくための作戦会議。
やっぱりこうして、その土地の空気を吸って、
その土地の人達と顔を付き合わせて議論するのは楽しい。

そうは言っても県をまたぐ移動はまだまだ自粛なので、
オンライン会議を駆使しながらプロジェクトを進めています。

ゴールデンウィークに読んだ「13歳からのアート思考」。
私のこれまでのアートの常識が完全に覆されました。
アートの見方が180度変わりました。
そしてこの思考は、私の仕事や生き方にもとーっても参考になる
考え方だと学びの多い本でした。
いつか弊社が企画する講演会やサロンでお呼びしたい。

(佐藤 直之)

3年前からお手伝いしている唐津市7つの島における島留学の取り組み。

今年、7つの島の1つ小川島では島留学の学生寮を整備して、
家族で来れない場合でも、子供達を受け入れる環境を作ります。
その学生寮に常駐し、子供達のお世話だけに留まらず、
島の人達と一緒に「小川島ならではの教育の魅力」を高めて
くれるパートナー=指導員を募集することになりました。

地方や島での暮らしに興味がある。
子供達を豊かな自然の中で育てたい。
子供達や地元の人達とまちづくりをしてみたい。

指導員を募集するにあたっては、単に条件だけで来る人ではなく、
地方暮らしやまちづくりに積極的な方に来てもらいたい。
佐賀県、唐津市の担当者とオンラインで議論して辿り着いた結論です。

募集にあたっては、そんな積極的な関係人口の方々と地方を繋ぐ
マッチングサイトを運営しているSMOUTに掲載して募集を始めました。
(SMOUTへの掲載記事はこちら

すでにSMOUTの記事を見た方から15件の応募があっているようです。
すごい反響ですね、嬉しいです。
これまでは人材探しをするのが一苦労で、こうした募集をしてもなかなか人が集まらない
ことが多かったですが、少しずつ地方に対する見方が変わってきたのではと感じています。

ポストコロナ、いやWithコロナの時代においては、
これまで国が一生懸命に進めてきた「都市部にヒト・モノ・サービスを集中させる」
コンパクトシティは根本的に考え直さざるを得なくなるんではないかと思っています。

地方のあり方が見直され、より地方の魅力や価値を評価される時代に。
都市部集中型ではなく、地方部分散型のクラスターまちづくりが
これからの主流になるのではと個人的には願っています。

美しい景観や豊かな自然環境、広大な土地や空き地、空き家、
地方が持っている既存ストックをもっと活用できるチャンスがきっと生まれてきます。
これまでないモノねだりをしてきた地方が、足元にある資源やスローな暮らしを
都市部の人達に逆にないモノねだりされるでしょう。

もちろん経済の立て直しは待ったなしの状態ですが、
どうやって地方の経済を立て直していくか、まちづくりを再開していくか、
戦略的に進めていくことが今こそ大切ではないかと思います。

小川島のパートナーはまだまだ募集中ですので、
ご興味ある人は是非ともご応募ください!
お会いできる日を楽しみにしています。

(佐藤 直之)

 

こちらでも度々紹介してきた、佐世保市俵ヶ浦半島で地域住民と取り組んできたまちづくりプロジェクト。Rootsでは、半島の景観を生かしたトレイルコース・マップづくりを3年間、俵ヶ浦半島未来計画づくりに1年間、未来計画をもとにしたプロジェクトがスタートして3年間、計7年間サポートしてきました。

当初は地元にはまちづくりの土壌・機運はほとんどなかった状況でしたが、次第に仲間やサポーターが増え、若手が集まるようになり、地元で法人が立ち上がり事業を進めるまでに。
この7年間はもちろん順風満帆に進んだわけではなく、失敗したり、悩みつつ改善したりの連続でした。夜中まで議論することも何度も。

 

 

試行錯誤を繰り返しながらも前に進んできた俵ヶ浦半島の活性化プロジェクトですが、今回、この取り組みを1冊の記録としてまとめる機会をもらいました。佐世保市もこの俵ヶ浦半島の取り組みを、他地域のモデルとして広めていきたい考えがありました。

プロジェクトの整理にあたっては、これまでの過程をできるだけオープンにするよう努めました。表面的に上手くいったところだけをまとめるのではなく、最初の半島未来計画に込めた想い、計画通りに進められたポイント、上手くいかなかった原因、その反省をもとにした改善点など、結果よりもプロセスを重視しています。

ウォーキングイベントから飲食商品の開発、地域ブランドづくり、情報発信など、多岐にわたる取り組みを行ってきた俵ヶ浦半島ですが、そのひとつひとつを基本時系列に整理し、紹介しています。途中には、(株)カンバセーションズと共に行ったインタビュー企画も掲載。他地域の取り組みと俵ヶ浦半島の状況をインタビューを通して比較することで、よりリアルな側面が見えてきました。

 

 

俵ヶ浦半島のまちづくりはまだまだ始まったばかり。これからも悩んで、立ち止まり、議論を繰り返しながらも前に進んでいくのだと思います。その時にはこの記録を見ながら振り返りつつ、前に進んでいくきっかけになれば。また、これからまちづくりに取り組む地域の皆さんにも、この挑戦の記録が役に立てるなら幸いです。

(宮崎 大)

幸福度の高い組織を作るには。

3者3様のライフスタイルで仕事をする弊社にとっては
一見何の関係もないように感じていたけど、
冒頭の20分を見て心に響きました。

well-being。
私はどちらかというと、well-doingに重点を置いていたなぁと反省。
それぞれスタッフがモチベーションを持って、楽しく、幸せに働けるような
環境づくりってとても大切ですね。

1日の終わりに、何をしたかではなく、何が印象に残ったかを振り返る。
経験と評価は異なる。
信用ではなく信頼の関係を作っていく。

大切なメッセージをたくさんいただきました。

この考え方は、会社という組織だけに限らず、一緒に地域づくりを進めるための
プロジェクトチーム、クライアントや地域住民との関係性そしてポストコロナの
地域社会のあり方にとって有益だと思います。

Copyrights