Roots

blog

あっという間に8月に突入です。

連日の暑さに参っておりますが、
夏は海や山、川の自然を満喫できる
旅にはうってつけの季節です。

子供が生まれてから、地方の自然を体験する
ことが旅の大きなテーマになりました。
車やレンタカー借りて、キャンプをしながら
旅をするスタイルが定着したのもその影響です。

「その旅先でどんな自然体験ができるか?」
ということが、旅の目的地を決める上でとても
重要な理由になっています。

コロナになってから、毎年恒例だった海外旅行が
できなくなり、国内の滅多に行くことがなかった
ローカルの自然体験旅を続けています。

北海道東、信州、四国、そして九州の津々浦々と、
その土地ならではの自然に身を投じ、一体となり、
自然アクティビィティを自ら体験してきました。

キャンプ、トレッキング、登山、カヌー、沢登り、
レールマウンテンバイクと、その自然を最大限に
味わうための魅力的なコンテンツに出会い、
九州各地の観光コンテンツ造成に向けてのヒントを
肌で感じて体得することができています。

私が実際に訪ねて、魅力的な自然体験コンテンツに
共通していると感じたことは以下の3つ。

・その土地ならではの自然の価値に最大権の敬意を払い、
 自然に負荷のかからない必要最小限の設備を使って
 楽しめるコンテンツになっている。

・自然の価値を自ら体感し、その自然に惚れ込んだ
 ネイチャーガイド(プレイヤー)がいること。
 そのガイドさんは話を聞くと移住者であることが多い。
 ガイドさんがいることで地域交流にもつながり、
 地域の魅力を教えてもらえる。

・商業主義に侵されていない、魅了する地域ブランドイメージ
 がしっかりあること。知床や阿寒湖、仁淀川、屋久島は、
 観光客は多いものの自然のイメージ=地域イメージがきちんと
 確立されていて(つまり、自然環境を守るための努力がなされている)
 実際に来訪した時の観光ギャップが全くない。
 それこそが、「聖地」としてコアなファンを魅了し続ける魅力であり、
 わざわざお金を払ってまで訪ねる来訪価値につながっている。

実際に体験してみて、体験料もしっかり設定されてますが、
「高い!」と感じることはほとんどありません。

まだまだ美しい日本はたくさんある!
もっとフットワーク軽く、いろんな自然を体験していきます!

(佐藤 直之)

知床トレッキング

阿寒湖カヌー

仁淀川ラフティング

奥飛騨レールマウンテンバイク

屋久島トレッキング

フォレストアドベンチャー糸島

2022.07.25 / trip

初・屋久島!

7月に入って、なんやかんやと慌ただしい日々。

今年度案件の打合せや出張、新規案件の相談・提案、
プロポーザル提案書の提出・プレゼンなどなど、
いろんなことが一気に重なって久々にバタバタと。

それもこれも、毎年恒例になってきている
「夏の思い出・島旅」に行くことになったから、
その皺寄せがきていたという方が正しいかもしれない。

今年は屋久島へ。私自身、初の屋久島です。
行く前は最悪の天気予報。
行っても何もできずに帰ってくるのかと絶望感漂う中で
向かいましたが、基本雨の中でもやむ時間帯があって、
海、沢登り体験、そして最大の目的であったトレッキング
やりたいことは全てコンプリートできました!!!

島の雰囲気やおもてなし、宿、体験コンテンツと、
今回の島旅も学べることがたくさんありました。
きちんとフィードバックしていきます!

そして今週は出張オンパレード。
対馬→上天草→佐世保と、九州を縦横無尽に駆け巡ります!

(佐藤 直之)

現在進めているプロジェクトと並行して、
複数のプロポーザルの企画書づくりにバタバタして、
あっという間に7月中旬に。。。

先週は日本を震撼させる事件が起き、
そして昨日は日本の未来を占う選挙。
結果は、自民党の圧勝でしたね。。。

これからの日本はどうなっていくんだろう。
少子高齢化待ったなし、誇れる日本の未来を描き、
豊かな地方のあり方を本気で議論し、具現化していく
時期に来ていると思います。

ルーツはルーツなりの、
子供達が美しい日本を誇りに思い、守っていけるような
地域づくりに伴走していきます。

(佐藤 直之)


佐世保市江迎地域では、これから地域をどう維持していけるか、
週に1回夜な夜な議論をしています。

週末は登山で阿蘇へ。

久しぶりの草千里、やっぱり阿蘇は阿蘇だなー。
九州が誇る美しい景勝地です。

草千里が浜の周りをぐるっと登る、
低山の烏帽子岳は適度なアップダウンと
様々な角度から阿蘇の雄大な景色を楽しむことが
できてオススメです。
山頂で食べるラーメン、おにぎり、コーヒー、
これまた最高ですね。

阿蘇からの帰りに偶然通った米塚は、清々しいグリーンが綺麗で、
シルエットが札幌のモエレ沼公園のピラミッドとそっくり。
阿蘇はいつ行っても新たな発見があります。

梅雨が明けて、もう既に酷暑の毎日。
これだけ暑くなると、キャンプや登山もそろそろ厳しいかなー。

子どもたちが大きくなる前に、できるだけ九州・全国各地の
ローカルを訪ねて、美しい風景や自然・文化を共有したい。
日本の良いところを一緒に探して、体験したい。

地域の未来、日本のオリジナリティを支えるのは、今の子供たちだから。

(佐藤 直之)

コロナ禍で影響を受けた会社の新たな事業展開を
サポートする事業再構築補助金制度。
ルーツもこれまでの経験や強みを活かした
新たな事業にチャレンジします!

前回2回はそれなりに考えを整理して申請した
つもりだったけど、結果は不採択。

3度目の正直となる今回は、商工会議所の
アドバイザーに第3者としての客観的かつ的確な
ご指摘を承り、事業計画書をバージョンアップ。

さて、結果はいかに!?

Copyrights