Roots

blog

ルッツェルンを後にした向かったのは、スイスに近接する
フランス・アルザス地方の中心都市のストラスブール 。

ストラスブールといえば、まちづくりの世界では
「トラムの導入によって都市が再生した」事例として非常に有名で、
いつか機会があれば訪れてみたいと思っていた街です。

スイスのルッツェルンからバーゼルで乗り換えて約2時間、
ストラスブールに到着。中央駅はクラシックな建物にモダンなガラス張りが
あしらわれていて、新旧融合したデザインになっています。

私達が滞在したのは中央駅から歩いて10分のところにあるキッチン付きのホテル。
Airbnbとそこまで料金が変わらず、しかもキッチンがついているのだから大助かり。
アパートを改修してホテルにしているようで、日本にもあれば良いのにと思います。

さて、ストラスブールのトラム、そこかしこ街を駆け巡っています。
印象的だったのが、ストラスブールのトラムはガラス面が大きく開放的で、
低床によるバリアフリーだということ。
中心部は歩いて回れる距離だったのであまり利用することはありませんでしたが・・・

ストラスブールの街巡りとしてまず向かったのは、petit franceという
レトロな建物が残っているエリア。google mapを頼りに向かっていると、
人気のない住宅地へと誘導され・・・観光客だと気付いた私達に地元のおじちゃんが
こっちじゃないよと教えてくれて助かりました(たまにgoogle表示間違っていますよね)。

お目当てのpetit france。日曜日とあって、運河沿いには日光浴やピクニックを楽しむ
たくさんの地元客がいました。セーヌ川といい、フランス人は水辺が好きですね。
地区の中に入るとまるでおとぎの国に来たような雰囲気で、レトロな観光列車も走っていました。

街の中心には、壮観なゴシック建築のストラスブール大聖堂がそびえ立っていて、
周辺には多くのカフェやおみやげ屋さんで賑わっています。
私達が訪れた時には、中心部の広場で蚤の市が開催されていて、
昔のレトロな広告ポスターや本を買いました。

恒例の旅ランでは、オランジュリー公園を目的地に早朝のストラスブールの空気を感じ、
その後欧州議会議事堂まで回ったコースを設定。
周辺の川沿いには、ヨーロッパ中のデザイナーの椅子が設置されていて、
緑もふんだんにあってとっても気持ち良いジョギングコースでした。
こうした旅ランができるのも、google mapさまさま。

そして、ストラスブールを拠点に日帰り旅行に行ったのが、
ストラスブールから1時間ほどで行けるコルマール。
petit franceのようなレトロな建物が密集しているエリアで、
エリア内の路地にはレストランやカフェ、チーズ屋、ワイン屋、お土産屋など、
たくさんのお店が立ち並んでいます。

私達の目に留まったのは、オイルサーディン専門店。
様々なデザインの缶詰がびっしり並べられたディスプレイに引き込まれて、お買い上げ。

あと、アルザス地方といえばワイン。
あまり事前情報は入手できていませんでしたが、調べていたワイン専門店に入り、
店員さんのオススメ・アルザスワインを購入。
今回は安いLCCを乗り継いできたので手荷物預かりの重量制限があって、
たくさんは買えなかったのが残念でした。

アルザス地方は初めてでしたが、景観も素晴らしく、ワインも食も美味しく
大満足でした。

(佐藤 直之)

新旧融合したストラスブール 中央駅。

トラムの導入で都市再生を果たしたストラスブール 。

トラムの拠点駅

おとぎ話の世界、プチ・フランス地区。

プチ・フランス地区に面した運河。

日曜日の運河沿いは、たくさんの地元客が各々の楽しみ方を。

ストラスブール 大聖堂。

ストラスブール中心部の広場では蚤の市が開催。

ストラスブール で旅ラン。

ストラスブール の欧州議会議事堂。

欧州議会議事堂側の川沿いには、ヨーロッパ各国のデザイナーによる椅子が展示。

コルマールの中心部の風景。

コルマールのオイルサーディン専門店。

コルマールの中心部では大道芸人が街を闊歩。

長らくブログの更新が滞っていました。

10連休は毎年恒例のまちづくり・観光視察研修のため、
ヨーロッパはスイスとアルザス地方へ。
そのツアーの一端を備忘録がてらご紹介したいと思います。

——————————————–

今回視察の拠点としてスイスを選んだのには大きな理由があります。
私が大学の学生時代、様々な専門家と一緒に福岡市都心部を流れる
那珂川・博多川の再生プランを検討し、その再生の核として
那珂川に木製歩道橋をかける提案をしました。

その歩道橋のモデルとなったのが、スイスのルッツェルンにかかる
カペル橋。写真ではずっと眺めていたものの、いつか実物を見てみたいと
願っていました。今回10連休前後のフライトを調べる中で、スイスを拠点
にするプランが最も安かったのでその夢が実現したのです。

スイスの始まりはチューリッヒ。
昨年のバルセロナで体験した「暮らすように旅する」スタイルを
今回も実践しようと、中心部に近い古いアパートをAirB&Bで借りて、
スーパーに通ったり、散歩しながら、暮らしを実感。
(私はとあるトラブルでわずか1日の滞在でしたが・・・)

5日ほど滞在した後に、次なる目的地のベッケンリードへ。
「スイスといえば、アルプスの絶景そして湖!」ということで、
スイスらしい暮らしを味わえるお家をAirbnbで手配。
お家のリビングからは「まさにスイス!」と言える絶景が借景に。
湖畔沿いの暮らしをしばし堪能しました!

そして、このベッケンリードを拠点に、スイスアルプスの旅へ。
中継地点となるインターラーケンオスト駅まで初の海外ドライブを楽しみ、
滝の街ラウターブルンネンに寄り道。そこはまさにアルプスの少女ハイジの世界。
ウォーキング、ドライブに来ている観光客に混じってしばしピクニック。

そこからバスに乗り、ケーブルカーに乗って、標高3000mのシルトホルンへ。
世界中から多くの観光客が訪れていました。
何も余計なものは作らず、美しい景観や暮らしをありのまま楽しんでもらう、
それにお金を落としてもらう。スイスの観光に学ぶことは多いです。
(にしても物価が高すぎてびっくりしますが)

拠点となるベッケンリードに最も近い都市は、あのルッツェルン。
20年来、ずっとずっと見たかったあのカペル橋を計2日間楽しむことができました。
天気や時間によっても風景に変化をもたらすカペル橋はまさにルッツェルンの象徴。
これを見るだけでも来た甲斐がありました!(備忘録その2へ続く)

(佐藤 直之)

湖沿いのベッケンリードのAirbnb

ベッケンリードで旅ラン。気持ちの良い湖畔の街でした。

滝の街、ラウターブルンネンのメインストリート。

インターラーケンオスト駅。背後には雪山が。

バッハの滝の下でのんびりピクニック。

ケーブルカーに乗ってシルトホルン山頂へ。

シルトホルンの山頂。

カペル橋

カペル橋

カペル橋

カペル橋の近くでは蚤の市が開催。

昨年度1年間、食中酒・寒北斗酒造さんが新たに手がける
食ブランド「寒北斗・蔵の食」の立ち上げ準備を進めてきました。

そしてこの春から、寒北斗の酒粕を使った酒蔵あんぱんと酒粕パウダーが新たに加わり、
蔵の食ブランドの商品を満を持してお披露目・販売することとなりました。

昨日は立ち上げに関わってきたメンバーが一同に集まって、
今後の作戦会議を行いました。

この食ブランドへの挑戦を決めて動き出した寒北斗酒造の杉田社長、広報担当の
寺田さん(寺田さんは撮影者)、酒粕を使った食の戦略づくりと酒蔵あんぱんの
プロデュースを担当したLEE惣菜研究所の李さん、蔵の食のコンセプトづくりと
ツールのクリエイティブ全般を担当したアオバトの前崎さん。

本当に質の高いものが出来上がりました。
さてこれからが本当の意味でのスタートです。

少しずつですが、多くの人達に寒北斗の食に寄り添ったものづくりを知ってほしいです。

(佐藤 直之)

今年度のプロジェクトが緩やかにスタートしています。

昨日は、今年度の俵ヶ浦半島プロジェクトの作戦会議。
チーム俵の部長、サポートチームのメンバーと一緒に
昼から5時間半みっちりと議論しました。

半島の自立化、持続化に向けた最終年度の総仕上げとして、
何が必要か、どうアプローチしていくか喧々諤々。
こうした本気のぶつかり合いが、地道だけど確実に未来を
拓いていくんだと思っています。

ルーツとしても全体的な事業監修・コーディネートを引き続き
させていただきながら、地域づくりを続けていくための、
事業を地域に根付かせるための仕組みづくりをしっかり支援していきます。

夜は懇親会で久しぶりに佐世保に宿泊し、
朝は久しぶりのさせぼ街中ラン。

エネルギーを充電して、本日は快晴の東彼杵町へ!

(佐藤 直之)

年度があけても大忙しだった報告書づくりに
終わりの兆しが見えてきて、ようやく弊社にも春が到来。

新たなスタッフを迎えての春。
今年度はどんな出会いやチャレンジが待っているのかと思うと、
ワクワクする気持ちと不安が入り混じっていますが、
焦っていても仕方ありません。

ルーツとしてのミッションを今一度見つめ直して、
1つ1つのご縁をきちんと育んで、
豊かな日本=地方の根っこを磨いていきたいと思います。

待ちに待った春だから出遅れないようにと花見を1回くらいはしたいと
思っていますが、近所の大濠公園はひと・ひと・ひと・・・
今年は特に外国人観光客が増えていて、花を観賞するというよりは
わざわざ人ごみに混じりに行くようなもんで。。。

こんなときこそ、俵ヶ浦半島に行きたい。
花の森公園の桜はきっと最高なんだろうなぁ。
九十九島の景色をゆっくり見て、のんびり過ごしたい。
展海峰の菜の花といい、1年の中でもこの春が一番気持ち良い季節。

そうそう、俵ヶ浦半島のホームページも心機一転リニューアル。
自然豊かな地方、九十九島の絶景だけではなく、そこに息づく
暮らしや人々をもっと感じてもらえたら嬉しいです。
今年度も引き続きバージョンアップしていきます。
(ホームページはこちら → 俵ヶ浦半島ホームページ

来週からはいよいよ新年度の業務もスタートです。

(佐藤直之)

リニューアルした俵ヶ浦半島ホームページ

花の森公園の桜/photo Koichiro Fujimoto

花の森公園の桜/photo Koichiro Fujimoto

展海峰の菜の花/photo Koichiro Fujimoto

展海峰の菜の花/photo Koichiro Fujimoto

Copyrights