Roots

blog

大型連休も残りわずか。

毎年恒例のインプットツアーから無事に戻ってきました。
ハイライトをここにメモしておきます。

しっかりと充電できたので、連休明けからはしっかりと
アウトプットしていきます!!!

———————————————-
新門司港から名門大洋フェリーで大阪南港へ、
そこから車で向かったのは福井県立恐竜博物館。

さすが恐竜の街というだけあって、アプローチする道端には
恐竜のモニュメントやサインが。
博物館はGW外しただけまだマシでしたが、それでもすごい人手。
博物館自体の見応えはもちろんのこと、個人的にはオプションの
化石発掘ツアーがとても面白かった。

恐竜の化石発掘現場まで連れて行ってくれて、
そこで実際の研究員さんの指導のもと化石発掘体験ができるのは
ここ福井ならでは。

福井県立恐竜博物館・化石発掘ツアー

鑑賞・体験後は福井駅前に移動して、地元の居酒屋へ。
福井のお魚、地酒、やっぱり美味です。
本当はこのまま、金沢や富山、新潟の日本海ツアーに行きたかったのですが、
帰りのアクセスを考えると諦めるしかありませんでした・・・
次回は是非とも北陸の旅リベンジを。

福井の地酒は絶品でした。

福井の次に向かったのは岐阜の奥飛騨。
その途中、久しぶりの白川郷へ。
大学卒業後の新入社員時代に行ってからもうかれこれ20年ぶり。
そのころと雰囲気は全然変わってませんでしたが、窓が特徴的な
合掌造りのかわいい建物とその奥のアルプスの風景が
数年前に旅したスイスの風景と似ているなーと思っていたら、
民家園の展示にブルーノタウトさんが同じことを言っているコメントを発見。

20年ぶり?世界遺産の白川郷。

白川郷の後にして奥飛騨温泉郷へ。
温泉旅館で1泊し、翌日は気になる体験スポットへ。
地元の有志が取り組んでいるレールマウンテンバイクへ。
廃線になった列車の跡をマウンテンバイクで巡るという体験で、
渓谷コースとまちなかコースの2つありましたがまちなかコースを選択。
レールの上を走る臨場感は列車そのもので、風景と感動体験はかなり
満足度の高いものでした。これはとても参考になりました。

奥飛騨温泉駅

レールの上を走るレールマウンテンバイク、体験・風景ともにとても参考に。

レールマウンテンバイクの体験後は、奥飛騨温泉キャンプ場へ。
GWを外したためは私達以外に1組だけ、ほぼ貸切状態。
アルプスの景色、川のせせらぎ、新緑の鮮やかな緑と、
九州とはまた風情の異なるキャンプ場で大満足でした。

奥飛騨温泉郷キャンプ場。クラフトビール、絶景、温泉、最高でした。

キャンプの翌日、当初は上高地に軽くトレッキングに行くはずでしたが、
この日は大雨でなくなく断念、松本市街地へ向かいました。
夕方のニュースを見たら、ちょうど私達が行くはずの上高地のアクセス道路で
崖崩れが発生して大変なことになっていました・・・

松本は以前雑誌で特集を読んだ時からずっと行きたかった街の1つでした。
民芸や古いものが現代に溶け込んでいる、そんなイメージを持っていました。
松本に行ったことがある詳しい友人がいたので、色々と情報を入手して、
松本の市街地を街歩きしました。

まず向かったのは国宝・松本城。
白の姫路城、黒の松本城?と言いたくなるほどに、シックな外観と
お堀・新緑の緑がとってもかっこいい。見応えがあるおすすめのお城です。

友人おすすめの松本城は国宝ならではの見応え。

松本城の別アングル。

その後は、街中に点在する古道具屋さん、カフェ、文房具屋、老舗菓子店、ショップ
などをぶらぶら。レトロな建物を生かした拠点があちこちにあって、とても雰囲気がある
素敵な街です。ランチに立ち寄った信州そばのお店も絶品でした。

松本に点在する古道具・雑貨屋。

レトロな建築物のミナペルホネン。

信州そばはどこも絶品。

松本の街歩きを楽しんだ後は、長野南エリアへ。
伊那エリア周辺は信州キャンプの人気エリアで、人気キャンプ場の1つ
いなかの風キャンプ場へ。遮るもののないアルプスの風景、もう最高ですね。
こんなうっとりする景色なら、せかせかせずにゆっくり身を置きたいと連泊する
予定でしたが、翌日の予報が大雨だったので急遽連泊をキャンセル・・・
(実際、かなりの大雨だったのでキャンセルして大正解でした)

信州で人気のいなかの風キャンプ場。アルプスの借景は贅沢そのもの。

大雨の中向かったのは諏訪エリア。
諏訪湖の周りをぐるぐるドライブしていたのですが、
雨で視界が悪く諏訪湖は全く見えませんでした・・・
諏訪名物の釜飯と諏訪エリアで人気の古道具屋が楽しめたから
まぁ良しとしましょう。

諏訪名物の釜飯。

諏訪の古道具・リサイクルショップ。大雨にもかかわらずすごい人手でした。

長野・岐阜の南エリア、ずっと行ってみたかった場所がありました。
中山道の宿場町で街並みがきちんと保存されている、妻籠宿と馬籠宿。
近くには奈良井宿もあるので、まとめて3エリアの宿場町を訪問。

道幅や傾斜、背後の風景、並んでいるお店が違うためか、
それぞれの宿場町に特徴があって、街歩きがとても楽しかったです。

奈良井宿。

車窓のあちこちにアルプス。信州ならではの風景。

ヤマモモ街道。

妻籠宿。

馬籠宿。

信州をドライブしていると、あちこちにアルプスの風景が見えます。
このアルプスに囲まれている風景は信州ならでは。

アルプスの風景。

最後に旅の疲れを癒すべく、下呂温泉へ。
贅沢に温泉旅館で一泊し、地元の料理に舌鼓。

下呂温泉。

下呂温泉から福岡までは車で12時間近くかかるため、
中間地点の岡山市で1泊。
(帰りのフェリーはGW料金で行きの2倍以上!)

何気なく立ち寄った岡山市街地には、面白いショップや古道具屋、
そして美味しい飲食店がひしめきあっていて新たな発見!
またゆっくり遊びに行きたくなりました。

最後に立ち寄った岡山の古道具屋。

岡山を後にして、6時間かけて福岡に到着。
旅は無事に終了しました!

(佐藤 直之)

毎日とっても気持ち良い日和が続きますね。

今週末からは、信州に約10日間のインプットの旅に行って参ります。
慌ただしくアウトプットしていく日々の業務の質を高めていく
ためにも、この10日前後のインプット旅は独立以来の毎年恒例行事です。

時間・コスト的に多少無理をしてでも、自ら足を運んで、
実際に目で見て、地元を存分に味わい、地域の方と交流する時間が
「生きた提案」に繋がっていくと信じています。

令和になるまでは海外に行っておりましたが、
コロナ禍になってからは日本のローカルを中心に旅先を決めています。
昨年は四国・尾道と北海道東、今年は福井・岐阜・長野の信州旅。
(その次は是非東北に行ってみたい!)

この機会に、日本の魅力をもっと深掘りしてきます!

(佐藤 直之)

年度が明けてからゆっくりできるかと思いきや、
新年度のプロジェクトがスタートしたり、
プロポーザルに参加したりと、なんやかんやと慌ただしい毎日。

来週末からは毎年恒例の視察旅に行ってきます。
今回の舞台は信州。門司港からフェリーで大阪港へ、
そこから車で福井〜岐阜〜長野をぐるっと回ります。
信州の行きたかったスポットやグルメ、温泉、上高地、
民藝の街・松本、馬籠宿、キャンプやビジネスホテルを
拠点にしながら、たくさんインプットしてきたいと思います。

先日父親から単焦点レンズのカメラを譲ってもらって、
旅の楽しみもさらにパワーアップ。

先日は実家に帰省した際に、京都・奈良の建築ツアー・街歩きの
お供にこのカメラを使いました。
良い味わいが出るカメラでとても気に入ってます。

(佐藤 直之)

京都国際会館

京都国際会館

京都マンガミュージアム

新風館

新風館サイン

ACEホテル京都

京都の風景

コフフン

今井町・伝統的建築物群保存地区

春日大社

春日大社

春日大社

2013年4月に個人事業主Rootsとして起業し、
本日から独立10年目がスタートしました。

佐賀県唐津市、長崎県佐世保市のご縁から起業初年度の
お仕事をいただき、それからは東彼杵町、大村市、対馬市、
嘉麻市、筑紫野市、直方市、高原町、嬉野市、佐賀市など、
様々な地域でのまちづくりプロジェクトや地域ブランディングに
関わらせていただくことができました。

その中でも、唐津市、佐世保市はテーマ・エリアは違えど
継続的に長くまちづくりに関わらせていただいており、
ルーツの真骨頂とも言える「地域伴走型」のスタイルを
構築することができました。

これまでを振り返ってみると、ご依頼のあった仕事は
基本的に断らず、ひたむきに突っ走ってきた9年間だったと
感じています。

私達が地域に関わるからといってすぐに結果が出るわけではなく、
やはり長い年月の中でまちづくりというものは醸成され、結果が
伴ってきます。

また、私達のような小さな会社ができること、関われる地域は
限られており、地域が、日本が目に見えてガラッと変わるわけでも
ありません。

起業した時と今を比べて、日本全体の中で地域がどう変わってきた
のかなとふと考える時があります。
地域が着目されて、様々なプレイヤーが現れて、地域ごとにユニークな
取り組みが生まれていることは素晴らしいことだなぁと思います。

でも、いまだに「経済至上主義」や「効率化」「流行」が優先される価値観が
変わっておらず、日本がこれまで培った建物や風景、文化、生業が
消失している光景を目にします。

たくさんの流行・商品・デザイン・情報に溢れ、何を手がかりに、
どうしていけば良いのかという日本の、地域としての「軸」が
見失われているようでなりません。

ものに溢れ、機能は充実し、ネットが発達して、とても快適に
過ごせることはとてもありがたい反面、何か大切なものが置き去りにされて、
気がつけば修復不能な状態になってしまわないかという危機感が
より一層強くなっています。

それが、コロナ禍になってさらに助長されたように思います。
人と人が交流して生まれる感動や地球という自然集合体の中で生きている
ことへの実感、地域の景観や文化を実体験するリアルな体験が
失われていくのではないか。
そんなことを日々感じています。

これからの10年を地域とどう向き合うか。
「ルーツ」という看板を掲げる弊社としては、
これまで培ってきた日本の、地域独自の歴史や文化、風景を残し、
活かしていくための取り組みをより深化させていきたいと思います。
昨年取得した国内旅行業務管理者の資格を活かして、
地域のルーツを生かすための事業を立ち上げようと構想中です。

それぞれに専門性を持つスタッフと共に、これからの10年を
「地域のルーツを生かす」事業に注力していきます。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

(佐藤 直之)

年度末も終盤戦。

今年度事業の報告書づくりや来年度に向けた準備やリサーチで
慌ただしい毎日を過ごしています。

さて、最近新聞を読んでいると、アウトドアブームがさらに加速化
していることを実感します。

私が住んでいる福岡市だけ見ても、
海の中道には「泊まれる公園」、かしいかえんの跡地には
気軽に楽しめる「アウトドア複合施設」がオープンするとのこと。

コロナになって、ライフスタイルや旅の形態が様変わりしましたが、
収束した後も完全には元のように戻らないんでしょうか。

地方にとってみれば、密を避けた自然豊かな環境が注目される、
日本の美しい景観が見直されるきっかけになると考えれば、
コロナが巻き起こした全てが悪いことではないのかもしれません。

手ぶらで気軽に楽しみたい人、アウトドアやキャンプを始めたい人、
不便を楽しみ本格的な自然体験をしたい人、自然と一体化して一人だけの
時間を作りたい人。

アウトドアと言っても、いろんなユーザーが想定されます。
だから、どこも同じような施設やアクティビィティを作るのではなく、
きちんと立ち位置を見極めて、地方の自然や景観を味わえる創意工夫が
必要になってくるのだと思います。

地方のルーツである地方の文化や自然、景観を守り生かしていくことを
モットーにしている弊社としても、公私混同しながら、
ユーザーとして、地域の伴走者として、アウトドアを通じた地方の可能性を
開拓していきます。

(佐藤 直之)

先日訪れた五箇山クロスベースの展望スペース

Copyrights