Roots

blog

大好きな街・唐津には、先祖代々受け継がれている文化の薫りが今も色濃く残っています。
お手伝いしている「唐津文化遺産の日プロジェクト」の一環として、
文化都市・唐津の魅力を伝える総集編映像を作りました!

是非一度ご覧いただき、コロナが落ち着いた頃に唐津へお越し下さい!

(佐藤 直之)

今日はスタッフのひろし君と九州大学の伊都キャンパスへ。

かなり久しぶりの母校は、建物やお店ができていて
また様相が変わっていました。

大学の恩師との打合せは早々に終わって、
ブランチがてらお互いの近況を報告したり、
これからの理想を語ったり、のんびり良い時間。

先生がバーナードリーチやら柳宗悦やら民芸のことを話し出すから、
おやおやどうした?と思っていたら、
偶然にも同じ本を読んでいたのでびっくり。
千葉・我孫子の白樺派の拠点だったり、リーチの工房だったり、
益子焼のことだったり、日本民芸館だったり、色々と話は盛り上がりました。
原田マハさんの「リーチ先生」、とっても面白くて一気に
読んじゃいます、オススメです。

今日はポカポカの小春日和で、先生が自転車乗りにいくとか
いうもんだから、私も仕事を早々に切り上げて夕ランへ。

春になると、仕事的にも気分的にも、旅に出たくなる。
毎年恒例の海外研修旅行もコロナウイルスの影響で全く見通せず、
計画が立てられなくて困っています・・・

いつ収束するんだろうか。もう春はそこまで来ているのに。

(佐藤 直之)

先週末は長崎県の平戸へショートトリップ。

10年ぶりに来ましたが、美しいまち。
まちというか、平戸大橋から先は島ですね。

まちづくりのお手伝いをしている佐世保市江迎から
とても近い。こんなに美しくて素敵な平戸島なら、
江迎ともっと観光連携して行った方が良いなぁ。

束の間の癒しと来年度の江迎活性化に向けて
あれこれと思いを巡らせた週末でした。

(佐藤 直之)

先日は宮崎県高原町の観光まちづくり御池魅力向上推進協議会へ。
秋の「美と健康モニターツアー」、冬の「冬の野遊びモニターツアー」
の開催結果について報告した後、今後の商品化に向けた
展開イメージについても提案しました。
地元に精通する協議会メンバーから前向きで積極的なご意見もたくさん
いただくことができて、次に繋がる期待が持てました。

当日は最高の天気に恵まれ、協議会メンバーも会議の休憩中には
湖を眺めてぼーっとする場面もありました。
改めて御池の魅力を感じる機会となったのでは。

今年は登山にキャンプ、積極的に楽しみたいなと思います。

(佐藤 直之)

外国作品として初めてアカデミー賞作品賞を受賞した
韓国映画の「パラサイト」を観に行った。
とてもいい映画だった。

近年観た映画で印象に残っている映画に
「万引き家族」「わたしはダニエルブレイク」があるが、
「パラサイト」も含めると、全て家族やコミュニティを描く作品であり、
貧困をテーマにしている。

「パラサイト」は実の家族を描いているが、他の2作品は実の家族ではない。
偶然に出会う中で、1つ屋根の下で一緒に暮らし始め、お金がない中でも
笑い合い、希望を持って支え合い、心を通わせる“家族のような関係”を描いている。
家族の関係=コミュニティってなんなのか、考えさせられた。

この3つの映画を通して私なりに感じたことは、
人間としての尊厳を持ち、助け合い、生きていくことの大切さ。
(全ての映画に当てはまらないかもしれないけど)
ITが発達し、コミュニケーションがなくても生きていける便利な時代だからこそ、
失われていく大切なものを映画を通して伝えたかったのではないか。

それはきっと家族だけに限らず、もう少し広く捉えると、
同じ地域で生きていく近所=コミュニティにもあてはまる。

改めて、自分たちが関わっている九州の地方に目を向けてみる。
色々な地域、色々なプロジェクトに関わる中で、
“尊厳を持って、助け合っているコミュニティ”に何度も出会えた。

日本の地方には大切なコミュニティがまだ残っている。
その日本の宝を残していくために、私たちはどんな姿勢で
地域コミュニティを応援していったら良いのか、
映画から大切なことを学びました。

(佐藤 直之)

唐津市・7つの島

高原・御池モニターツアー

大村市・新幹線まちづくり

佐世保市・俵ヶ浦半島

東彼杵町・千綿地区

Copyrights